エリコのフォトdeシネマ♪ Vol.85『さかなのこ』⁣⁣⁣公開中!

ミー坊を取り巻くユーモラスで優しい世界に泣き笑い 『さかなのこ』

最高のコラボレーション「さかなのこ」

原作はさかなクンの自伝的エッセイ、主演はのん、監督・脚本は沖田修一。
このコラボレーションでハズレなワケがない!

さかなクン=主人公のミー坊は、子どもの頃から魚が大好き。
遠回りしたり、悩んだりしながら、お魚博士になる夢に向かって突き進み、周りの人にも幸せの波紋を広げていく。
愛すべきミー坊のキャラクターに加えて、ミー坊を受け入れ、リスペクトする周りの人たち全員がステキ!
なかでもミー坊の個性を全肯定して、のびのび育てる母の偉大さよ。
ミー坊が自分らしく生きられたのは、周りの愛と支えがあってこそ。

そんなミー坊と周りの人たちが織り成す優しい世界が、沖田監督らしい温かなユーモアで描かれて、泣いて笑って、また泣いた。

ミー坊役の“のん”

ミー坊役をのんが演じるってどうだろう?と思ってたけど、性別なんて関係ない。
のんはミー坊の唯一無二の才能と個性を体現。「あまちゃん」に匹敵するハマリ役をイキイキ好演している。

強く優しい母・井川遥をはじめ脇役陣もいい。
なかでも田舎のヤンキーを演じる柳楽優弥と磯村勇斗は可愛いすぎw

さて今回の写真のアイテムは、ミー坊が子どもの頃から大好きなタコ。
タコも魚もただ可愛い!と愛でるだけじゃなく、美味しく食すミー坊が好き。
ありとあらゆるタコ料理を食卓に並べる母、ミー坊が海で生捕ったタコを豪快にしばく父、どちらも最高でしたw

作品概要

さかなクンがさかなクンになるまでのすっギョいおはなし
お魚が大好きな小学生“ミー坊”は、寝ても覚めてもお魚のことばかり。お魚を、毎日見つめて、毎日描いて、毎日食べて。他の子供と少し違うことを心配する父親とは対照的に、母親はミー坊を信じて応援し、背中を押し続けるのだった。高校生になり相変わらずお魚に夢中のミー坊は、町の不良ともなぜか仲良し、まるで何かの主人公のようにいつの間にか中心にいる。やがて1人暮らしを始めたミー坊は、思いがけない出会いや再会の中で、たくさんの人に愛されながら、ミー坊だけが進むことのできるただ一つの道にまっすぐに飛び込んで行く——。


『さかなのこ』
監督・脚本:沖⽥修⼀ (『南極料理人』『横道世之介』)
主題歌:CHAI「夢のはなし」
原作:さかなクン「さかなクンの⼀⿂⼀会 〜まいにち夢中な⼈⽣!〜」(講談社刊)
出演:のん 柳楽優弥 夏帆
磯村勇⽃ 岡⼭天⾳ さかなクン 
三宅弘城 井川 遥
配給:東京テアトル
公式サイト: https://sakananoko.jp/
公式Twitter: @sakananoko_jp
©2022「さかなのこ」製作委員会

 

映画ライター 尾鍋栄里子(おなべえりこ)

映画館バイト雑誌映画担当映画ライターと、人生の半分を映画業界の片隅で生きる名古屋人。

朝日新聞、中日新聞、フリーペーパーなどで映画紹介記事を執筆中。

映画フリーペーパー C2【シーツー】web版ブログ〝オー!ナイス!不定期掲

アーカイブ

映画祭一覧

愛知県内の映画祭をご紹介!