のん「好きを突き通すから人生が良いほうに向かっていく」『さかなのこ』完成報告上映会で

日本中の誰もが知る“さかなクン”の半生を、沖田修一監督がフィクションを交えユーモアたっぷりに描いた映画『さかなのこ』の完成報告上映会がTOHOシネマズ 六本木ヒルズで8月10日に行われ、さかなクンをモデルにした主人公・ミー坊を演じたのんさん、夏帆さん、磯村勇斗さん、さかなクン、沖田修一監督が登壇。多幸感あふれだす撮影を振り返りました。※以下敬称略でお届けします。

「さかなクンが現場にいると皆の目がピカピカに」(のん)⁣

本作は、子どもの頃からお魚に夢中のミー坊がその好きを貫きながら、たくさんの人たちとの出会いを経て、やがてさかなクンになるまでを描いた物語。「さかなクンをモデルにした主人公を演じる」というオファーを受けたのんは「最初はやっぱりびっくりして『私がやっていいの!?』と驚いたんですが、もしかして『のんが良いのかも…』となんだか腑に落ちてめちゃくちゃ嬉しかったですね」と明かし、さかなクンの印象については「さかなクンがいるとその場が幸せになって、後半の『頑張り時だぞ!』って撮影の時に、さかなクンが現場にいると皆の目がピカピカするような、そういうエネルギーを持った方だと思います」とコメント。

さかなクンを演じるのん「想像しただけでワクワクした」(沖田監督)⁣

キャスティング理由について問われた沖田監督も「想像しただけでワクワクしたし、僕も観てみたい、とても良いかもしれない、と思ってお願いしました。不思議と似ている気がしました」と話し、のんは続けて「好きなものにまっすぐ突き進んで、上手くいってない時でも『お魚が好き!』っていうことが揺らがなくて、突き通すから人生が良いほうに向かっていく、希望に満ち溢れたストーリーなのでとても楽しかったです。(共演した)キャストの皆さんが素敵だったのでご一緒出来て幸せでした。」と撮影を振り返りました。

「これは夢か幻かホンモノか…」(さかなクン)⁣

さかなクンは、自身の物語が映画化されること、そして主演がのんだと聞いたときのことを問われ「これは夢か幻かホンモノか…と!初めて沖田監督さまにお会いして映画化してくださると聞いたのが、もうギョ(5)年前!あっという間に月日が巡って早かったですね!そしてのんさん、ギョギョギョ!?!? サイコー!!と超憧れているので、元気いただいて!」とテンション最高潮で舞台上でぴょんぴょんと飛び跳ね興奮気味。沖田監督が「お母さまもとても喜ばれていたので『何も違和感はないんだ!』と思いました(笑)。素敵なお母さまです」と重ねると、さかなクンが「あの監督さま、お母さまは、わが母ですか…?ギョめんなさい!」とあまりに興奮して話についていけてない様子に、会場からの拍手と笑いに包まれました。

のんとの共演に「一緒にいる時間がすごく心地よくて楽しかった」(夏帆)⁣

沖田監督作品初出演となった夏帆は「念願の沖田組で、お声がけ頂いて本当に嬉しかったです。沖田さんの柔らかい人柄が現場にもふわっと拡がっていて、もっとこの現場にいたかったなと思いました。のんさんとも初めてご一緒して、たくさん言葉を交わしたわけではないと思うのですが、一緒にいる時間がすごく心地よくて楽しかったです。カメラが回っているときも、気を抜くとその瞳に引き込まれてしまうというか、目が離せなくなってしまうような、そんな吸引力のある方でした。素敵なシーンになったらいいなと思ってやっていました」と語ると、のんも「夏帆さんが演じるモモコとのシーンは、映画の中でもちょっと特別な雰囲気があって、すごく(気持ちを)交わしている感覚で、多幸感でした。タコだけに!」と茶目っ気たっぷりのユーモアで言葉を結ぶと、おさかなが沢山ちりばめられた衣装のなかでヒザにいるタコを指さしアピールしていました。

総長役の磯村が明かす火花バッチバチの「壮絶な現場」???⁣

総長役を演じた磯村は、現場を思い返し「今回は“かわいいおバカさんたち”という言葉が似あうような不良たちで、沖田さんの作品なので不良たちにもどこかクスっと笑えるところがある。同世代の俳優たちと、どうにか沖田さんに気に入られようと皆あれやこれやと自分の武器で勝負しているんです。だんだん尽きてくると、お互いに裏で、次はアレするか…これ沖田さんにハマるかな…とめちゃくちゃ話してて、大喜利大会のようなものがはじまってました(笑)。いいシーンにしたいプレッシャーもあったんですが、実は結構壮絶な現場になってました。ほんとにバカな会話が繰り広げられてました。でも最後に沖田さんが繰り出す一言がいちばんおもしろくて適わないんです」と裏話が飛び出すと、沖田監督は「いま初めて知りました!そんなことに!」と驚くも、のんは「私はその不良のみなさんの話し合いに気づいてたんです、私もがんばらなきゃ!と思って(笑)。普通のヤンキーにはしない演出を沖田監督がかけて、絶妙な“愛されヤンキー”を体現されている磯村さんは凄いなと思いました」と刺激を受けていたことを明かしました。

同級生・鈴木拓のサプライズに「拓!? え!メールしてよー!」⁣

イベントも中盤に差し掛かり最近誕生日を迎えたさかなクンへのサプライズが!スタッフがプレゼントを…と思いきや、なんとバースデーソングを高らかに歌いながら現れたのは、さかなクンと実生活でも中学高校の同級生で、本作にも出演を果たしたドランクドラゴンの鈴木拓!登壇キャストたちも、もちろんさかなクンも知らなかったサプライズゲストの登場に会場が沸くなか、さかなクンから「拓!? え!メールしてよー!」とサプライズゲストにあるまじきお願いが放たれ鈴木から「しないよ!」と切り返しが入ったり、イベント前に他登壇者たちがメッセージを書き込んだ特製横断幕が手渡され、会場中が笑顔いっぱいのお祝いムードに!!


↑ さかなクン サプライズ激励お手製横断幕でギョ!ギョ!ギョ!のお返しサプライズかな?

「もう嬉しい~!!ありがとうギョざいます!!こんなサプライズがあったとは!ギョギョギョギョ~~~気絶しそう~~~~」と舞台上で倒れ込んでしまうさかなクンに、鈴木からはすかさず「うわ出たよ!嬉しいのかなんかよくわかんないんだよお前のは!みんな書いてくれたんだよ!」とツッコミとお祝いのダブルパンチ!

メッセージをひとつひとつじっくりと読みあげ「感激です…!いやあ、こんなに嬉しいことが。さかなクンやってきてよかった~」と喜びをにじませると鈴木から「“さかなクン”をやってるって感覚なの?(笑)」とツッコミが入れられ、さかなクンからの「先生役は絶対に拓がいいですよ!って監督さまにアピールして、その場で電話をかけたら、うんいいよ~ってすぐに」と電話一本で即出演が決定したという秘蔵エピソードを聞いていた鈴木が「皆さん感じていると思いますが、この人は俺がここにいるのに一人二役ですぐ落語みたいなことを始めるんですよね」と苦笑い。鈴木の奥さんも同級生ということで名前を言いそうになるさかなクンに「個人情報!言わなくていい!やめろばか!」とバシバシと、同級生らしい息ぴったりのやりとりが何度も繰り広げられました。ちなみに、ドランクドラゴンの鈴木拓が演じる先生の苗字は鈴木先生で、鈴木の担任でもあり、さかなクンにとっては部の顧問(カブトガニの飼育&孵化成功は実話)でもある実在の先生なのです。


最後にのんが「観ていただいた皆様の希望になるような作品になっているので、ぜひ楽しんでください」と締めくくると、会場の観客らをバックに、のんの「レッツギョー!」の掛け声とともに登壇者全員で記念のセルフィ―を撮影して会場も大盛り上がり。皆気づけば笑顔、劇中の雰囲気まんまの舞台挨拶で、会場は多幸感にあふれてましたよ。さすがタコ(笑)!

【動画】映画『さかなのこ』完成報告上映会 舞台挨拶

映画『さかなのこ』は、9月1日(木)より、ミッドランドスクエア シネマほか全国ロードショー

作品紹介

さかなクンがさかなクンになるまでのすっギョいおはなし
お魚が大好きな小学生“ミー坊”は、寝ても覚めてもお魚のことばかり。お魚を、毎日見つめて、毎日描いて、毎日食べて。他の子供と少し違うことを心配する父親とは対照的に、母親はミー坊を信じて応援し、背中を押し続けるのだった。高校生になり相変わらずお魚に夢中のミー坊は、町の不良ともなぜか仲良し、まるで何かの主人公のようにいつの間にか中心にいる。やがて1人暮らしを始めたミー坊は、思いがけない出会いや再会の中で、たくさんの人に愛されながら、ミー坊だけが進むことのできるただ一つの道にまっすぐに飛び込んで行く——。

『さかなのこ』
監督・脚本:沖⽥修⼀ (『南極料理人』『横道世之介』)
主題歌:CHAI「夢のはなし」
原作:さかなクン「さかなクンの⼀⿂⼀会 〜まいにち夢中な⼈⽣!〜」(講談社刊)
出演:のん 柳楽優弥 夏帆
磯村勇⽃ 岡⼭天⾳ さかなクン 
三宅弘城 井川 遥
配給:東京テアトル
公式サイト: https://sakananoko.jp/
公式Twitter: @sakananoko_jp
©2022「さかなのこ」製作委員会

関連記事

アーカイブ

映画祭一覧

愛知県内の映画祭をご紹介!