大ヒット上映中!新海誠監督最新作『すずめの戸締まり』よりウォールステッカーを3名様にプレゼント!

扉の向こうには、すべての時間があった
『君の名は。』『天気の子』の新海誠監督最新作!

国境や世代の垣根を超え、世界中を魅了し続けるアニメーション監督・新海誠の3年ぶりの最新作『すずめの戸締まり』。日本各地の廃墟を舞台にした本作では、災いの元となる”扉“を閉めていく少女・すずめの解放と成長の物語が描かれます。

ヒロインの声優キャストには、1700人を超えるオーディションにて新海誠監督自らが選出した、原菜乃華がアニメ声優に初挑戦。見たこともない景色や人々との出会いと別れ、驚きと困難の壁にぶつかりながらも前へ進むすずめを力強く演じます。

扉を閉める旅を続ける“閉じ師”の青年・草太役には、オーディションで、新海監督が「内面の豊かさ」を見出した松村北斗。椅子に姿を変えられてしまう青年という難役を真摯な姿勢で乗り越え、見事に演じ切ります。

そして二人を支える、すずめの叔母・環役に深津絵里、草太の祖父・羊朗役に松本白鸚。さらには染谷将太、伊藤沙莉、花瀬琴音、花澤香菜、神木隆之介という精鋭キャストが集結し、すずめの旅を鮮やかに彩ります。

音楽には、新海作品3度目のタッグとなるRADWIMPS。共作として日米の映画やアニメシリーズで活躍する映画音楽作曲家・陣内一真が参加し、本作でしか成しえない最強の布陣で、壮大かつ繊細な冒険映画の機微を表現します。また、主題歌「すずめ」を唄うのは次世代の逸材・十明。唯一無二の歌声で、物語の昂ぶりを奏でます。

次々と開き始める不思議な扉。見たこともない風景。人々との出会いと別れ。驚きと困難の数々。すずめの大冒険の先にあるものは?ぜひ、映画館で目撃して下さい。

『すずめの戸締まり』は、2022年11月11日(金)よりミッドランドスクエアシネマ他全国東宝系にてロードショー

 

【重要なお知らせ】なりすましアカウントに関する注意

↑ 応募してすぐ「DM」が来たり、締切前に「当選」メールが届いたら必ず確認すること!

『すずめの戸締まり』ウォールステッカーを3名様にプレゼント!

シネマピープルプレスでは『すずめの戸締まり』の大ヒットを記念して『すずめの戸締まり』ウォールステッカー(非売品)を3名様にプレゼント!

■ 応募方法
1. シネマピープルプレス公式Twitterアカウント@cinemarest1103)をフォローの上、対象の投稿をリツイート。

2. インスタのエントリー方法は https://www.instagram.com/cinema_people_press をフォローしていただき、コメントをお願いします。当選の方にはメッセージをおおくりします。

※ 応募の際に『すずめの戸締まり』感想を #すずめの戸締まり タグをつけてコメントをお寄せ下さい。一緒に作品を盛り上げていきましょう。
7日以内のRTで当選確率アップ!リプやコメントつき投稿の方はさらに当選確率をアップさせていただきます!素敵なコメントはRTで紹介させていただく場合がございます。

推奨タグ #シネピー #シネピー #すずめの戸締まり など

■ 抽選
当選者は、期間中にご応募いただいた方の中から、厳正な抽選により決定いたします。

■ 締切 12月11日(日)

■『すずめの戸締まり』は、2022年11月11日(金)よりミッドランドスクエアシネマ他全国東宝系にてロードショー

【動画】『すずめの戸締まり』予告【11月11日(金)公開】

11月11日(金)よりミッドランドスクエアシネマ他全国東宝系にてロードショー

 

作品紹介『すずめの戸締まり』

【ストーリー】九州の静かな町で暮らす17歳の少女・鈴芽(すずめ)は、「扉を探してるんだ」という旅の青年に出会う。彼の後を追うすずめが山中の廃墟で見つけたのは、まるで、そこだけが崩壊から取り残されたようにぽつんとたたずむ、古ぼけた扉。なにかに引き寄せられるように、すずめは扉に手を伸ばすが…
やがて、日本各地で次々に開き始める扉。
その向こう側からは災いが訪れてしまうため、開いた扉は閉めなければいけないのだという。
―――星と、夕陽と、朝の空と。
迷い込んだその場所には、
すべての時間が溶けあったような、空があった―――
不思議な扉に導かれ、すずめの“戸締まりの旅”がはじまる

 

 

作品名:『すずめの戸締まり』
原作・脚本・監督:新海誠
出演 :声の出演:原菜乃華、松村北斗 他
配給:東宝
公式サイト  suzume-tojimari-movie.jp
公式Twitter @suzume_tojimari
公式Instagram https://www.instagram.com/suzumenotojimari_official/
©2022「すずめの戸締まり」製作委員会

 

この記事もおすすめ