【ジブリパーク】11月1日に開園!鈴木敏夫プロデューサーも「ぜひ期待をして下さい」太鼓判

2022年1月27日午後、愛知県長久手市にある愛・地球博記念公園で「ジブリパーク」のメディア向け発表会が行われ、2022年11月1日(火)に開園することなどが愛知県の大村知事より発表されました。公園の随所にスタジオジブリの世界観が散りばめられ、実際に現場を見学したスタジオジブリ鈴木敏夫プロデューサーも「僕も本物を見るまでは…って思ってましたけど “百聞は一見に如かず” 僕は今その手応えを感じている。この仕事をやって本当に良かった」と笑顔を見せると「ぜひ期待をして下さい」と太鼓判を押した。

© 2022 Studio Ghibli

スタジオジブリ作品の世界が楽しめる公園施設

「ジブリパーク」は愛・地球博記念公園に新たに開園するスタジオジブリ作品の世界が楽しめる公園施設。11月1日にオープンするのは『耳をすませば』の地球屋や『猫の恩返し』に登場する猫の事務所(ネコサイズ)などがある「青春の丘」、温水プールをリノベーションし、これまでジブリで制作した造形物や貴重な資料を保管、展示する「ジブリの大倉庫」、『となりのトトロ』でサツキとメイが暮らすサツキとメイの家を中心に映画の世界を体感するような散歩道や遊具整備する「どんどこ森」の3つのエリア。残りの「もののけの里」や「魔女の谷」も開園1年後のオープンを目指し、建設が進められている。

パークの陣頭指揮をとるのは宮崎吾朗監督

パークの陣頭指揮をとるのは「サツキとメイの家」や「三鷹の森ジブリ美術館」などを手掛け『劇場版 アーヤと魔女』の監督も務める宮崎吾朗監督。この日は、実際に建設工事中である施設の一部が報道陣にお披露目され、監督自らが建設の進捗やパークの魅力について説明を行いました。鈴木敏夫プロデューサーからパーク建設の打診を受けた宮崎監督は「『スタジオジブリの作品を将来にちゃんと手渡ししたい』という思いがあった中で、このお話をいただきました。せっかくなら、みなさんが思い浮かべるテーマパークとは違った形にしたほうが面白いんじゃないかと」公園を活かしたテーマパークにしたことを明かしました。

劇中を完全再現?『耳をすませば』の地球屋に登場するあのからくり時計も?

地球屋のイメージ図 © Studio Ghibli

「青春の丘」エリアの目玉『耳をすませば』に登場する地球屋は、現在急ピッチで工事が進められており、内装の左官が始まったところ。これから、仕上げの左官塗に入ってイラストのようなオレンジ色に染め上げられるという。もちろん、建物内は「サツキとメイの家」同様、劇中を完全再現する予定。主人公の雫と地球屋の店主が出会った時に登場するからくり時計も原寸かつ映画と同じような形で製作中なのだとか。「サツキとメイの家」では、引き出しを開けたら、サツキが使っている文房具がしまってあるなど、その息遣いまで感じるような空間だっただけに、地球屋も見てるだけでワクワクしそうな空間が広がりそうです。「このエリアには、鈴木さん家もあるので見つけて下さい」と監督。雫が地球屋に行く途中に登場する鈴木さん家。これはテンションあがるし、楽しみも膨らんでいくばかり。

青春の丘からは『天空の城ラピュタ』や『ハウルの動く城』の世界が目の前に現れるようなエレベーターを見ることができる。公園北入口の玄関口として、ジブリ気分を高めてくれそう © Studio Ghibli

「ジブリの大倉庫」のイメージ図 「手前のカフェテリアスペースは飛行機の翼(片翼)をイメージしている」と宮崎監督は明かす © Studio Ghibli

「ガラクタもあればお宝もある」魅惑のエリア「ジブリの大倉庫」

続いて「ジブリの大倉庫」を見学。建物に入ると塗りたてのペンキの香りに包まれ、初公開となる内部の断片が明らかに。ちょうど上図で泉のあたりに案内され、そこから見る形。左手には、鳥かごのような螺旋階段が見え、その後ろには、目玉が印象的なオレンジとピンクの建物が。監督曰く「ガラクタもあればお宝もある」というイメージの展示室は、美術やセット、造形物など玉石混淆の展示物が格納、展示される予定。とはいえ、ジブリ好きにとってはきっとお宝だらけの空間になりそうな予感。そして、奥の時計台の下あたりに170席を有する映像展示室も設置。宮崎監督によると「かなり本格仕様のシアターになる」とのことです。 右手は、ほぼベールに隠れていますが『となりのトトロ』の世界観の中で子どもたちが遊べるエリアになってます。ネコバスだけでなく、ちっちゃい「サツキとメイの家」など、子どもたちが楽しめる仕掛けがたくさんあるお部屋になりそう。惜しむのは、筆者は大人であるということ。このエリアの話を聞いて「うわぁああ子どもに戻りた~い」と思うのは、私だけじゃないはず。ほか『天空のラピュタ』に登場する廃墟となったラピュタの庭園である天空の庭や『借りぐらしのアリエッティ』の家や庭のセットも、オープンが楽しみです。

サツキとメイの家がある「どんどこ森」でトトロの体内に???

今回、残念ながら見学はかなわなかった、サツキとメイの家がある「どんどこ森」エリアは、映画の世界観にどっぷり浸れそうな森林散策エリアになりそう。実際の、どんどこ堂(トトロの形の遊具)も、写真のイメージにかなり近い形の仕上がりになっているというから、子どもたちの人気スポットになりそうです。

今回、レポートしたのはほんの一部。紹介し足りないほど、楽しい時間が送れそうな「ジブリパーク」気になる料金は、まだ決定していないものの、大村知事曰く「お手頃価格」を想定しているそう。チケットは、日時指定制となる予定。夏頃チケットの発売開始の予定だとか。そして、夏(7月16日)には、長野県立美術館を皮切りに「ジブリパークとジブリ展」も行われる。こちらもパークオープン前には、名古屋でも開催されるとのこと。

来月 2月1日12:00に「ジブリパーク」の公式サイト もオープン。新たなキービジュアルや、新着情報も随時こちらのサイトから発表されるそうなので、お楽しみに。

もちろんシネピーでも、引き続き注目して新情報などお伝えしていきたいと思います。

ジブリパーク 開園情報

名称:ジブリパーク
開園日:2022年11月1日(火)
場所:愛・地球博記念公園
住所:愛知県長久手市茨ケ廻間乙1533-1
営業時間:平日10:00~17:00 土日祝 9:00~17:00
休園日:毎週火曜日(火曜日が祝日の場合は翌平日)
    ※学校の長期休暇期間は営業
    年末年始及びメンテナンスなどの指定日
入場券:日時指定予約制
料金:
ジブリの大倉庫 
平日 大人2000円 子ども1000円
土日祝 大人2500円 子ども1250円
青春の丘 大人1000円 子ども500円
どんどこ森 大人1000円 子ども500円
※日時指定予約制(入場時間のみ指定・退場時間の制限はなし)
※別途、発券にあたりシステム利用料(1枚につき110円)が必要になります
購入方法:Boo-Wooチケット などで販売
発売日:8月販売開始予定
公式サイト:https://ghibli-park.jp/
スタジオジブリ公式Twitter:@JP_GHIBLI
問い合わせ先:株式会社ジブリパーク 0570-089-154(平日午前10時~午後5時)
© 2022 Studio Ghibli

アーカイブ

映画祭一覧

愛知県内の映画祭をご紹介!