ジブリパークに誕生する「ハウルの城」の建築模型を初披露!7月17日からの「ジブリの大博覧会」で

ジブリパークプレイベント「ジブリの大博覧会 ~ジブリパーク、開園まであと1年。~」
初公開の「ハウルの城」の建築模型ほか新展示「ネコバスアトリエ」も登場

「魔女の谷のエリア」に整備される「ハウルの城」のCGパース ※これはイメージです。実際に展示される模型とは異なります。 © Studio Ghibli

来年秋のジブリパーク開園に向け、スタジオジブリ誕生から約35年の歩みを懐かしのポスターやグッズ、貴重な未公開原画など豊富な資料で振り返る「ジブリの大博覧会~ジブリパーク、開園まであと1年。~」が、いよいよ7月17日(土)より愛知県美術館(名古屋市)で開催される。

今回、明らかになったのは、ジブリパーク内に2023年度オープン予定の「魔女の谷エリア」に誕生する「ハウルの城」の建築模型。宮崎吾朗監督が二次元のアニメーションから三次元の「ハウルの城」を造りあげていく様子が、うかがい知れる展示になっており、ひと足早くジブリパークの雰囲気を垣間見ることができる。

また、新展示として「ネコバスアトリエ」も登場! 映画「となりのトトロ」に登場する「ネコバス」をモチーフに、NHK E テレ「デザインあ」の総合指導、21_21 DESIGN SIGHT 館長も務めるグラフィックデザイナー・佐藤卓氏が企画監修を手掛け、「ネコバス」を「ネコ+バス」で捉えることを出発点に、ものへの新たな見方から、さまざまなアイデアのヒントを探る企画となっている。

さらに7月1日(木)10:00より、8月入場分のチケットを、チケット販売サイト「Boo―Wooチケット」などで販売開始。料金は、一般 1900円、高校・大学生 1500円、小・中学生 1000円。入場は、新型コロナウイルスの感染対策のため、日時指定予約制となっている。また、平日の来場者に先着で本展限定デザインのミニクリアファイル(非売品)を開幕記念でプレゼント。なお、愛知県美術館では入場券の販売はしないのでご注意を。

会場内特設ショップでは「ジブリの大博覧会」のオリジナルグッズもたくさん揃う。注目は、大博覧会“初登場”となる、世界で唯一ジブリのキャラクターを使った洋菓子を製造するスタジオジブリ公認のお店「白髭のシュークリーム工房」(東京都)の「トトロのクッキーBOX」。ほか、愛知ならではの金のシャチホコと小トトロのピンズや、ミニトートバック、ウォールライトなど、手に入れたいアイテムがいっぱい。また、感染対策も兼ねて、来場者のみ利用できる便利なオンラインショップも開設。鑑賞したあと、スマートフォンやPC などでゆっくり買い物を楽しめるのも嬉しい。

会期は2021年7月17日(土)~9月23日(木・祝)の64日間

展示内容の紹介

スタジオジブリ空とぶ機械達展 【愛知初登場】

スタジオジブリの空とぶ機械達が集結 © Studio Ghibli

「天空の城ラピュタ」のオープニングシーンに登場する「空飛ぶ巨大な船」を表現した動く大型模型。プロペラを回しながら悠然と頭上を浮遊する姿はなかなかの迫力。ほか、「紅の豚」や「風立ちぬ」に登場する飛行機や空飛ぶ機械も一堂に会します。

ジブリパークコーナー【大博覧会初登場】

「魔女の谷エリア」に整備される「ハウルの城」CG パース ※これはイメージです。実際に展示される模型とは異なります。 ⓒ Studio Ghibli

ジブリパークに2023年度オープン予定の「魔女の谷エリア」に誕生する「ハウルの城」の建築模型を本展初公開。宮崎吾朗氏がどのように二次元のアニメーションから三次元の「ハウルの城」を造りあげていくのか、その過程を通して一足先にジブリパークの雰囲気を感じれる展示になっている。

ネコバスアトリエ【大博覧会初登場】

映画『となりのトトロ』に登場する「ネコバス」をモチーフにした愛知県初登場の新展示企画。NHK E テレ「デザインあ」の総合指導、21_21 DESIGN SIGHT 館長も務める、グラフィックデザイナー・佐藤卓氏が企画監修をしています。動物の「ネコ」と乗り物の「バス」が合体した「ネコバス」をヒントに、全く関係がない 2 つのものを合体させてしまうという「アイデア」を展示。すでに世の中にあるけれども気づいていない合体した実例や、愛知県美術館収蔵作品を中心に、新たに制作した作品も含め、古今東西から集めた美術品・工芸品を、ここでしか見られない空間で見られますよ。

風の谷のナウシカ 王蟲の世界【愛知初登場】

ⓒ 1984 Studio Ghibli・H

「風の谷のナウシカ」に登場する王蟲や蟲達が住む“腐海の世界”を緻密な造形と圧倒的な迫力で立体化して表現。2019 年の福岡会場で公開され、大きな反響を呼んだ展示企画が今夏のためにリニューアルして登場します。

ジブリの幻燈楼 【愛知初登場】

ⓒ Studio Ghibli

2018 年に富山会場限定で公開されたガラス作品「ジブリの幻燈楼」。ジブリ作品をモチーフにしたガラスのオブジェが光によって周囲に色とりどりのイメージを映し出し、幻想的な空間を演出します。スタジオジブリと富山ガラス工房、富山ガラス造形研究所が共同制作したオリジナル作品をお楽しみください。

スタジオジブリへようこそ!

スタジオジブリへようこそ!

トトロが出迎えてくれる © Studio Ghibli

スタジオジブリ内にある打ち合わせスペースを再現した「トトロ・バー」では、大きなトトロのぬいぐるみが来場者をお出迎え。気分は一気にジブリの世界へ。

ポスタールーム

ポスタールーム

歴代ジブリ作品のポスターがズラリ © Studio Ghibli

スタジオジブリ作品の映画のポスターが一堂に飾られる「ポスタールーム」キャッチコピーのメモなど一般に公開されなかった貴重な資料や原画でスタジオジブリ35年の歩みが振り返れます。

ジブリの倉庫

ジブリの倉庫

膨大な展示物にワクワク © Studio Ghibli

歴代作品の公開当時に作られた貴重なグッズやジブリ関連書籍が集まるスペース。膨大な展示物で埋め尽くされた空間は圧巻!

ネコバス

みんな大好き「ネコバス」 © Studio Ghibli

「となりのトトロ」でおなじみ、子どもから大人まで大人気の「ネコバス」も登場!このモフモフ感をみただけでテンションも爆あがりです。

「ジブリパーク」について

ジブリパーク「青春の丘エリア」デザイン画 © Studio Ghibli

2022年秋、愛・地球博記念公園(愛知県長久手市)内に開園するスタジオジブリの世界観を表現した公園施設。「青春の丘エリア」「ジブリの大倉庫エリア」「どんどこ森エリア」が22年秋に先行オープン。約1年後、「もののけの里エリア」「魔女の谷エリア」がオープンします。
開催概要

1988 Studio Ghibli

ジブリの大博覧会 ~ジブリパーク、開園まであと1年。~
会期:2021年7月17日(土)~9月23日(木・祝) 
開催時間:10:00~18:00 金曜は20:00(入館は閉館30分前まで)
休館日:7月19日(月)、8月2日(月)、16日(月)、9月6日(月)・21日(火)
会場:愛知県美術館 [愛知芸術文化センター10 階]
入場券:日時指定予約制 
料金:一般 1900円 / 高校・大学生 1500円 / 小・中学生 1000円 / 障害者 各券種の半額
※ 7月入場分は6月1日よりチケット販売サイト「Boo―Wooチケット」などで販売
問い合わせ先:ハローダイヤル 050-5542-8600 (9:00~20:00)
主催:愛知県美術館、中日新聞社
特設サイト: https://www.ghibliexpo-aichi.com/
公式SNS   [Twitter] @ghibliexpo2021

アーカイブ

映画祭一覧

愛知県内の映画祭をご紹介!