エリコのフォトdeシネマ♪ Vol.39『孤狼の血 LEVEL2』

圧倒的熱量と激烈な暴力描写にシビレる!

『孤狼の血 LEVEL2』

 

広島の架空都市・呉原市を舞台に、警察とヤクザの攻防を激烈な暴力描写で描いた『孤狼の血』の続編。

舞台は前作から3年後。
マル暴のベテラン刑事・大上の遺志を継ぎ、ヤクザと渡り合いながら街の平和を守る刑事・日岡。そんな彼の前にとんでもない敵が現れる。

最凶最悪のヤクザ・上林。
仁義どころか血も涙もない。ヤクザというよりサイコキラーのような上林を、鈴木亮平が一直線に揃えたもみあげと、大きな背中に異様な気合いをみなぎらせて怪演!

怪物・役所広司が圧倒的存在感で演じた大上の不在は残念だけど、上林の登場で本作のレベルが上がったことは間違いない。
村上虹郎、西野七瀬ほか新キャストたちも、主演の松坂桃李、中村獅童、滝藤賢一ら前作からの続投組も、キャスト全員が凄まじい熱量を放出。

 

 

 

 

エグさも熱さも激しさもレベルアップして、前作を観ていなくても楽しめる、R15のエンタメになっている。

ただ前作からの因縁もあるので、個人的には1本目を観ていた方がより面白く、2回観るとさらに味わいが深まるんじゃないかと。
まあ、1回では理解しきれなかった力不足の私だけかもしれないけど。

ということで試写で2回鑑賞した私。
鈴木亮平演じる上林に圧倒され、より激しく派手になった漢たちの闘いにアドレナリンが出まくって、すごい!すごい!だけで終わってしまった1回目。

そして2回目でやっと、孤狼の血を受け継ごうとあがく日岡の葛藤と挫折をしっかり感じ取った。
1回でちゃんとわかれよって感じですが。
鈴木亮平にオイシイところを持っていかれても、やはり松坂桃李あっての孤狼なんだと改めて。

大上の代わりになろうと独りよがりな正義を振りかざし、周囲も自分も傷つけていく日岡。

一方で金儲けを優先して、ヤクザの気概を捨てた親分連中に楯突く上林のそれも、彼にとっては正義。完全に狂ってるけど。

己の正義のためなら手段は選ばない。
日岡と上林はコインの裏表。
上林にとっても日岡はただ目障りな邪魔者ではなく、だからこそ闘いを楽しんでいたのかなと。
そして日岡が倒すべき本当の敵は自分…?
クライマックスからのあのラストには、否定的な意見もあるけれど、そう考えるとやはり必然だったと思う。

これ以上書くとネタバレになるので、続きは最後に。

さて今回の写真は中村梅雀演じる
広島県警の刑事・瀬島が、日岡を自宅に招いた時に振る舞うタコ飯。
瀬戸内の郷土料理で広島県では三原市でよく食べられているそう。試しに家で作ってみたら簡単でめちゃくちゃ美味しかった!

 

 

 

 

 

ここから先はネタバレがあるので注意!

死闘の果てに上林を撃つ日岡。
チンタの恨みがあるとはいえ、刑事なのにそこまでやっちゃう!?と驚いたけど、日岡は上林を通して自分の正義を葬ったとも考えられ。

そしてあの絶滅したはずのニホンオオカミが現れるラスト。己の正義のために全てを失い、それでもまだ大上(=狼)の影を追い求める姿に、切なさが込み上げた。

 

フォトdeシネマ
映画ライター 尾鍋栄里子(おなべえりこ)
映画館バイト雑誌映画担当映画ライターと、人生の半分を映画業界の片隅で生きる名古屋人。
朝日新聞、中日新聞、フリーペーパーなどで映画紹介記事を執筆中。
映画フリーペーパー C2【シーツー】web版ブログ〝オー!ナイス!不定期掲載


 

 

 

 

シネピー!白石和彌監督インタビューページはコチラ

https://cinemarest.info/archives/8093

 

 

 

 

 

■原題・英題 孤狼の血 LEVEL2 

出演:松坂桃李  鈴木亮平  村上虹郎 西野七瀬 ・ 中村梅雀 ・ 斎藤 工 滝藤賢一  中村獅童  吉田鋼太郎 

監督:白石和彌  

原作:柚月裕子「孤狼の血」シリーズ(角川文庫/KADOKAWA刊)

  脚本:池上純哉 

 音楽:安川午朗  

企画協力:KADOKAWA   

製作:『孤狼の血 LEVEL2』製作委員会 

 配給:東映

 (C)2021「孤狼の血 LEVEL2」製作委員会

 ■公開日 2021年8月20日 

■公開情報 R15 

■公式サイト https://www.korou.jp/

 

アーカイブ

映画祭一覧

愛知県内の映画祭をご紹介!