【動画】生きることの本質に触れる『くじらびと』石川梵監督にインタビュー

命を賭けモリ一本で巨大なマッコウクジラに挑む
インドネシア・ラマレラ村の人たちの魂の物語

東京から5000キロほど離れたインドネシアのレンバタ島にあるラマレラ村。人口1500人。インフラも十分ではなく、作物が育ちにくい環境のこの村では、鯨漁が村を支えている。村の誇りでもある銛(モリ)打ち漁師のラマファたちは、古来よりずっと受け継がれる手造りの舟と銛1本で、巨大なマッコウクジラに挑んでいく。その命の営みをダイナミックかつ臨場感たっぷりに活写したのが、写真家として30年近くこの島を見つめ村民と親交を深めてきた石川梵監督。400年に渡り行われてきた伝統の鯨漁との出会いから、撮影秘話までたっぷりとお話を伺ってきましたので、動画でお楽しみ下さい。

30歳で独立し、ナショナルジオグラフィックのような写真家になりたかったという石川監督。アジアを拠点に世界中をまわり珍しい民族や素晴らしい絶景を撮っている旅の途中、インドネシアで「銛1本で鯨をつく人たちがいる」と聞きラマレラ村を訪れたのが、村の人たちとの出会い。「銛1本で鯨をつく瞬間が撮りたい!」と、取材を始めたものの、鯨に出会えるまで4年の月日がかかったのだそう。ポスターにも使われているカットがその時の渾身の1枚。感情豊かな鯨の鳴き声に「海の中の鯨の物語もとらなきゃいけない」そう思ったという監督。ドローンなど機材の進化によって「銛に刺されて瀕死の鯨が、仲間が寄り添い励ますことで、息を吹き返す」という、今までなら撮れなかったような海の中で行われているドラマも、空からという新しい視点で撮れるようになったと言います。

そして、今回映画化に監督が踏み切った理由のひとつが、村の長老から「今まで撮ったテレビ番組や写真集を村の若い人たちに見せて欲しい。村がひとつになっていたあの頃の姿を見てもらいたいんだ」と言われたこと。将来、鯨漁がなくなったとしても、彼らのお父さんやおじいちゃんが、銛を持って鯨と闘っている姿を見せれば、彼らの心にアイデンティティーとして残すことができる。そう思った監督は、いつなくなるかわからない貴重な文化を、きちんと後世に残そうと思ったそうです。

完成した映画を最初に見せたのは、長年に渡り親交があり、本作の応援サポーターにもなっている山田洋次監督。「すぐ電話がかかってきて『すごいよ!』って言ってくれて、嬉しかったですね」と監督は嬉しそうに話してくれました。

最後に「鯨の巨大さと海の大きさと格闘の迫力っていうのを大音響大スクリーンで感じて欲しい。観た人たちから『この映画をIMAXや4DXで観たい!』という声もいただいているぐらい、リアルを体感できる映画になってます。ぜひ、映画館で観て下さい」とメッセージを寄せた石川梵監督。

30年という長い月日をかけ、村人たちと育んだ信頼関係。そして、時間をかけて、丁寧に撮影されたからこそ生まれる、鯨に体当たりされる舟の様子や、鯨たちが繰り広げる海のドラマ。くじらびとに憧れる少年とその家族。伝統と未来。生きることの「本質」を映し出した生命のドキュメンタリー。命の輝きと海で繰り広げられる大迫力の世界を、映画館でお楽しみ下さい。

『くじらびと』は9月3日(金)より、ミッドランドスクエアシネマ、伏見ミリオン座ほかで全国公開

【石川 梵 いしかわ ぼん 監督プロフィール】
ネパール地震を描いた「世界でいちばん美しい村」、インドネシアの生存捕鯨「くじらびと」を監督。クレイジージャーニー出演
写真集に「海人」「伊勢神宮 遷宮とその秘儀」「The Days After 東日本大震災の記憶」「くじらの子」著書は「鯨人」「祈りの大地」「伊勢神宮と祈り」他がある。
写真協
会新人賞、作家賞、講談社出版文化賞他を受賞。

作品紹介

【ストーリー】インドネシア・ラマレラ村。人口1500人の小さな村。住民は互いの和を最も大切なものとし、自然の恵みに感謝の祈りをささげ、言い伝えを守りながら生活をしている。中でもラマファと呼ばれるくじらのモリ打ち漁師たちは最も尊敬される存在だ。年間10頭獲れれば村人全員が暮らして村人を食べさせるために命を賭けて鯨に挑む男たちとそれを支える女たち。ラマファを夢見る少年エーメン。おとぎ話のような平和な村に、ある日大事件が起こった。
2018年、ラマファのひとり、ベンジャミンが漁の最中に命を落とした。家族も村民も深い悲しみに暮れた。

父で舟作りの名人・イグナシウスはバラバラになりそうな家族の結束の象徴として、息子のデモと伝統の鯨舟を作り直すことを決心。「鯨舟は生きている。だから釘は刺せない。設計図もスケールも使わない。魂と会話しながら造るのだ」1年後、彼らの新しい舟はまだ見ぬ鯨を目指し大海に漕ぎ出すー。

『くじらびと』
監督・プロデューサー・撮影:石川梵
エクゼクティブプロデューサー:広井王子
撮影:山本直洋 宮本麗
音楽:吉田大致 *はなおと* 歌:森麻季
配給:アンプラグド 配給協力:アスミック・エース 
上映時間:113分 
公式サイト https://lastwhaler.com/
公式SNS [Twitter]@kujira_bito
ハッシュタグ #くじらびと
©Bon Ishikawa

アーカイブ

映画祭一覧

愛知県内の映画祭をご紹介!