祝!大ヒット「狐狼の血LEVEL2」白石和彌監督インタビュー。役者陣のキレッキレの演技に迫る!

自らの正義を信じるヤクザと警察のアツイ生き様を描き、コンプライアンス重視の世の中に風穴を開け、日本中の映画ファンを熱狂させた『孤狼の血』から3年。

 

「仁義なき戦い」や、「実録もの」とか・・最近ではめっきりこの手のジャンルは映画ではあまり作られなくなりました。なんというかパンチの効いた刺激的な映画を欲するのは映画ファンだけではなさそうです。お仕事でよくお会する俳優や監督達に「次回作はなにがしたいか?」とお聞きすると半数以上の方が「ヤクザ映画」に出たい、製作したいと言われます。それだけとても演じる側、作り手にとっては憧れのようなジャンルなのでしょうか。

そんな中「狐狼の血」続編への出演は、売れっ子俳優達がまってましたとばかりにご自身でPRされたと、今回の監督インタビューでお聞きしました。

あの人もこの人も!?  インタビューの後半でお話しされています。

本作は原作小説シリーズでは描かれていない映画独自の物語が展開します。主人公は前作で役所広司演じたマル暴刑事大上のかわりに裏社会を闊歩するようになった日岡(松坂桃李さん)。ヤクザ同士の争いが激化しそれを止めようとして巻き込まれ殺されてしまった上司である大上の遺志を継いでいたのです。

ルックスもとても優等生だった田岡ですが、ダーティーでハングリーな狐狼になっているので1を見ている方は驚いたのでは?!

その日岡の前に立ちはだかるのが上林組の組長上林は鈴木亮平さん!

NHK「西郷どん」、日曜劇場の「TOKYO MER〜走る緊急救命室〜」、この狐狼の血LEVEL2ではまったく別人。役柄によってのそのカメレオンぶりは凄いです!

 

物語は、前作で役所広司さん演じた大上にかわりまして、裏社会を闊歩するようになった日岡。そんな彼の前に、狂気を帯びたヤクザ 、上林が現れたことから新たな抗争が始まります。警察内部にも裏切り者がいたりとか、日岡のSエス。つまりスパイが組の内部を探るのですが、勘のいい極悪非道な鈴木亮平さん演じる大林がスパイに感づいたときのもう、おそろしさったら!

大林は刑務所に入っているときに自分の親である組長が殺されてその仇をとる事だけを考えていたのですが、いざ出所すると世間のかぜあたりも強く(昭和の終わり)企業やくざになっていた自分の組の親たちを許せない。残虐なことをするのだけど、正義を貫くという矛盾はしていますが、ある意味真っ直ぐな男。これが今までの悪人とは違うところなのです。前作から引き続き登場するキャラクターとの“バトル”も見逃せません。

それでは白石和彌監督のインタビューでお楽しみください。

今回は、タイトルへの想いも語ってくださいました。

*白石和彌監督

1974年生まれ。北海道出身。「ロストインパラダイス・イン・トーキョー」で長編映画デビュー。代表作は「凶悪」、「ひとよ」「凪待ち」など。2018年の日本映画界に衝撃を与えた役所広司主演松坂桃李さん共演の「狐狼の血」。そのクオリティとインパクトは映画ファンはもとより、多くの関係者も大いに唸らせて、第42回日本アカデミー賞で最優秀賞4部門を含む12部門の優秀賞など受賞。

 

また、インタビューでも登場する名古屋出身の俳優、滝藤賢一さんが先日来名しました。

◆愛知県警察本部にて「一日広報課長」に就任

広島県警本部・捜査一課管理官 嵯峨大輔役のどころにちなみ、愛知県警察本部を訪れ、「一日広報課長」として委嘱を受けた滝藤さん。「毎日広報課長」である広報課長から委嘱状とタスキを受け取ると、暴力団の根絶・壊滅を最重要課題のひとつとする同本部署員らに「暴力団が恐れているのは、何よりも暴力団を恐れないあなたの勇気です!」と活動へのエールを送っています。

 

 

 

 

 

 

◆地元・名古屋の舞台挨拶は完売!

その後、名古屋駅前にある「ミッドランドスクエアシネマ」でトークイベント付き先行上映会にゲスト登壇した。

 

■原題・英題
孤狼の血 LEVEL2

出演:松坂桃李  鈴木亮平  村上虹郎 西野七瀬 ・ 中村梅雀 ・ 斎藤 工 滝藤賢一  中村獅童  吉田鋼太郎

監督:白石和彌 
原作:柚月裕子「孤狼の血」シリーズ(角川文庫/KADOKAWA刊) 
脚本:池上純哉 
音楽:安川午朗 
企画協力:KADOKAWA  
製作:『孤狼の血 LEVEL2』製作委員会 
配給:東映 

(C)2021「孤狼の血 LEVEL2」製作委員会

■公開日
2021年8月20日

■公開情報
R15

■公式サイト
https://www.korou.jp/

<ストーリー>
3年前に暴力組織の抗争に巻き込まれ殺害されたマル暴の刑事・大上の後を継ぎ、広島の裏社会を治める刑事・日岡(松坂桃李)。しかし、刑務所から出所した“ある男”の登場によって、その危うい秩序が崩れていく・・・。やくざの抗争、警察組織の闇、マスコミによるリーク、身内に迫る魔の手、そして圧倒的“悪魔”=上林(鈴木亮平)の存在によって、日岡は絶体絶命の窮地に追い込まれる・・・!

アーカイブ

映画祭一覧

愛知県内の映画祭をご紹介!