エリコのフォトdeシネマ♪ Vol.73『冬薔薇』(ふゆそうび)⁣⁣公開中!

『冬薔薇』⁣

しばらく活動休止していた伊藤健太郎の復帰作。⁣
現実にも他人にも自分にすら向き合えない、何をやっても中途半端な男を描く。⁣
晴れそうで晴れない曇り空のような人間ドラマ。⁣

阪本順治監督は伊藤健太郎から話を聞き、感じた匂いや気配、佇まいなどを反映して主人公を当て書きしたらしいけど、こんなダメなキャラクターを作った阪本監督も、受け入れて演じた伊藤健太郎もすごい。⁣

どうしようもない男でありながら、侘し気な雰囲気を感じさせる伊藤健太郎の演技はお見事。⁣

 

 

 

そんな彼を支える永山絢斗、毎熊克哉、河合優実などの若手実力派の好演と、小林薫、余貴美子、眞木蔵人、伊武雅刀、石橋蓮司らベテラン勢の陰影に富んだ演技もいい。⁣

特に味わい深いのはガット船の乗組員、石橋蓮司や伊武雅刀が、小林薫が作ったまかないを食べながら、ああだこうだ言うシーン。⁣

ということで今回の写真のアイテムは⁣、小林薫が作るまかないの焼きそば。⁣
もちろん海老は入ってませんw⁣

[フォトdeシネマ]
映画ライター 尾鍋栄里子(おなべえりこ)
映画館バイト雑誌映画担当映画ライターと、人生の半分を映画業界の片隅で生きる名古屋人。
朝日新聞、中日新聞、フリーペーパーなどで映画紹介記事を執筆中。
映画フリーペーパー C2【シーツー】web版ブログ〝オー!ナイス!不定期掲

 

 

 

 

 

 

 

「冬薔薇」非売品プレスシートプレゼントは6月12日締め切りです!

伊藤健太郎主演作『冬薔薇(ふゆそうび)』非売品プレスシートを2名様に!

作品紹介

家族、友人、そして自分自身とも向き合えずにいた。
心の欠損を抱えた「寄る辺なき者たち」が織り成す人間ドラマ。

ある港町。専門学校にも行かず、半端な不良仲間とつるみ、友人や女から金をせびってはダラダラと生きる渡口淳(伊藤健太郎)。“ロクデナシ”という言葉がよく似合う中途半端な男だ。両親の義一(小林薫)と道子(余貴美子)は埋立て用の土砂をガット船と呼ばれる船で運ぶ海運業を営むが、時代とともに仕事も減り、後継者不足に頭を悩ましながらもなんとか日々をやり過ごしていた。淳はそんな両親の仕事に興味も示さず、親子の会話もほとんどない。そんな折、淳の仲間が何者かに襲われる事件が起きる。そこに浮かび上がった犯人像は思いも寄らぬ人物のものだった……。

『冬薔薇(ふゆそうび)』PG-12
監督・脚本:阪本順治
音楽:安川午朗 音楽プロデューサー:津島玄一
撮影:笠松則通 照明:渡邊孝一 美術:原田満生、我妻弘之
出演:伊藤健太郎 小林薫 余 貴美子 眞木蔵人 
永山絢斗 毎熊克哉 坂東龍汰 河合優実 佐久本宝
和田光沙 笠松伴助 伊武雅刀 石橋蓮司
配給:キノフィルムズ 上映時間:109分
公式サイト https://www.fuyusoubi.jp/
公式Twitter @FUYUSOUBI_jp
©2022「冬薔薇(ふゆそうび)」FILM PARTNERS

アーカイブ

映画祭一覧

愛知県内の映画祭をご紹介!