ドリフトキング土屋圭市も「世界の車好きに喜んでもらえると思います!」と太鼓判!映画『ALIVEHOON アライブフーン』世界配給が決定!

映画『ALIVEHOON アライブフーン』アジア10か国での劇場公開が決定!

6月10日に公開を迎えた映画『ALIVEHOON アライブフーン』の公開を記念して、6月11日(土)ユナイテッド・シネマ アクアシティお台場で行われた公開記念舞台挨拶に主演の野村周平をはじめ、吉川愛、青柳翔、福山翔大、下山天監督、そして出演に加えて本作の監修も務めた土屋圭市が登壇。また挨拶の場で監督から、シンガポール、マレーシア、タイ、インドネシア、フィリピン、ブルネイ、カンボジア、ベトナム、ラオス、ミャンマーなど10か国で本作が公開されることが発表されると、登壇者らは突然のサプライズに驚きつつも喜びに包まれました。

いろんな方の助けがないとできなかった映画!何本のタイヤを消費したか…

本作は福島で撮影が行われ、自動車関連の会社や一流のプロドライバー、メカニックなど多くの人々の協力を得て制作されました。野村は「福島もそうですし、自動車メーカーにチューニングメーカー、いろんな人の方の助けがないとできない映画でした。何本のタイヤを消費したか…。こうして仲間と作り上げた作品が羽ばたいていくのは嬉しいです」と公開を迎えた感慨を口にしました。

サーキットの隣にサファリパークがある!大爆音の隣でキリンとかゾウさんが…

福島では公開に先立っての上映会なども行われたが、街の魅力を問われた野村は「言うと、良い街だと知られちゃうので言いたくな…(笑)。ひとり占めしたいんで…。飯もうまいし、温泉もあって、ドライブするコースもあるし、夏は湖も海もある。
東北サファリパークというのがサーキットの隣にあるんですけど、メチャクチャ面白い! なんでサーキットの隣にサファリパーク(笑)? 大爆音の隣でキリンとかゾウさんが見れます!」と“福島愛”を爆発させました。

吉川愛が「こんな世界があるんだ!」と目を輝かせる撮影現場

吉川は、D1 レディースリーグ 3 年連続シリーズチャンピオンの実績を誇る女性ドライバー・久保川澄花の指導を受けて本作に参加したが「私は無免許で、車に一切触ったことがなかったんですけど、一から丁寧に教えてくださりました。初めて澄花さんの隣に座らせていただいた時、難しいことを簡単にやってのけていて『こんな世界があるんだ!』とすごく感動しました」と目を輝かせる(※吉川の“無免許”発言にすかさず青柳が「撮影は私有地なので免許は要りません」、野村も「運転シーンも牽引しています」としっかりフォロー)。初めてにもかかわらず、恐怖はなかったそうで吉川は「ジェットコースターに乗るようなワクワクする感覚でした」とニッコリ。野村は「最初、興味本位で乗りたいという方は多いけど、乗り終えて『もういいや…』となる方が多いんです。でも、吉川ちゃんは、乗り終わった後も『すごい!また乗りたーい!』ってテンションで(笑)、心強かったです」と吉川の肝が据わった様子を称賛しました。

福山は、本作の撮影現場について「贅沢な現場でした」と述懐。「大河ドラマの撮影で、カメラが 4 台あったというのを見たことがあったけど、今回は二十数台…。そんな現場に入れることってなかなかないですし、本当に贅沢でした」と本作に出演できた喜びを口にしました。


青柳は、現場でトップドライバーたちがメカニックらスタッフと協力してチームとして戦う姿に感銘を受けたよう。「みなさん、技術が凄くて、(難しい技を)軽くやられるし、アクシデントがあった後も『全然大丈夫!』って感じで軽いんですね。ドライバーが自ら(壊れた車を)直してて、チームでドライバーが偉いわけじゃなく、みんなが協力してドリフト愛を盛り上げているのが伝わってきました」とふり返る。

青柳が現場でそんな思いを口にした言葉を、下山監督は劇中のセリフとして採用したということで、青柳は「セリフにしていただいてありがとうございました。チームで戦っている姿が素敵でした」と語り、特に並べられたペットボトルを正確に倒していくシーンが「カッコよかったです」と語る。

ドリキン太鼓判!ワイスピだったらCGで作っちゃう!ガチ撮影でペットボトルチャレンジ!

監修に入った“ドリフトキング”土屋はこのペットボトルのシーンについて「あれはメチャクチャ難しい。普通の映画だったら…『ワイルドスピード』でも CG で作っちゃう」とあの世界的大ヒットシリーズでも CG で描くような難しいテクニックを本作ではリアルにカメラが捉えていると強調する。

下山監督は「あのシーンは、スケジュール表に(終了予定の)時間が書いてなくて、『(ペットボトルが)倒れるまでやる』ということで、50 回くらいはやったと思います。冬の福島の海沿いで、夜深くまで…。夜中に 5 本(全てを)倒した時は、クランクアップしたみたいな状態でしたね」とふり返る。

土屋は、本作の監修を務める上で「一流のドライバーを使う」、「劇車ではなく本物のレーシングカーを使ってやる」という条件をプロデューサーと下山監督に提示したと明かし、下山監督は土屋が要求するクオリティについて「もはや撮影じゃなかったですね。我々が仕込んで演出じゃなく、本物のレースをして、その車に俳優を乗せている感じでした」と明かし、一流のレーサーの走りによる映像でさえも、土屋から容赦なくダメ出しが飛んできたと苦笑交じりに告白する。

土屋は「下山さんから映像が送られてきて、『こんなのダサくて出せないよ!』と返すと、返事がなくなるんです(笑)」と監督とのやり取りを明かし「僕らの世界にコンプライアンスとかないんですよ!」と“問題発言”で登壇陣をざわつかせる。野村は「プロのレーサーの方に現場でお会いすると『今日、土屋さんいる?』って聞かれるんです。『今日はいないです』と言うと『よかった…』って(笑)」と土屋がいかにドリフト界で大きな存在であるかを熱く語っていた。

アジアから熱視線!日本から世界に羽ばたく『ALIVEHOON アライブフーン』

そして、この日は下山監督から「重大発表」として本作の「世界配給が決定しました」と語り、この夏にシンガポール、マレーシア、タイ、ブルネイ、フィリピン、カンボジア、インドネシア、ミャンマー、ベトナム、ラオスのアジア 10 か国で劇場公開されることが決まったことを発表し、さらに「秋公開に向けて、北米、ヨーロッパ、中東各国とも交渉に入っています」と明かし、会場からは拍手がわき起こった。

野村ら登壇陣も初めて耳にした情報で、一同驚いた様子。野村は「e スポーツもドリフトも日本発祥の文化なので、日本のカルチャーを世界に発信できるのは嬉しいです。また日本車人気が高まって、そうすると(値段が)高騰しちゃいますね…(笑)」と喜びを語りつつ「ここからアジアを制して、北米も――アメリカ人はドリフト大好きなので、そこで公開しないと『日本はちゃんとやってるぜ』というのを証明できない」とさらなる高みへの思いを語る。さらに「僕が海外に映像で飛んでいくということは、海外でのお仕事が増えたりするかも(笑)」と期待を口にしていた。

吉川もこの驚きの一報に「嬉しいです! まさか自分が出た作品が世界のスクリーンに…。嬉しいしありがたいです!」と喜びを語る。

青柳は「マイルは結構、溜まっているので、ホテル代だけ出していただければどこでも行くんでよろしくお願いします。“絶対王者”は必要ですよね?」と海外でのプロモーションにも参加する気満々!

福山は、舞台挨拶序盤で照明の熱さと緊張からか「汗が止まらない」と語っていたが、この知らせを聞いて「驚きで汗が引きました(笑)。すごいですね!相撲とかと同じように、日本の文化として(ドリフトが)広がっていく感じがありますね!」と笑顔を見せた。

土屋は「世界で絶対に見てくれると信じて、リアルにこだわりました。世界の車好きに喜んでもらえると思います!」と自信を口にした。

 

野村周平が改名を検討?『世界のノムラ』になる日も近い???

最後の挨拶で下山監督は改めて「この映画は、福島を元気にしたいという思いを込めて作っています」と強調。「福島から世界に発信できる映画になればと思いますし、みなさんに応援していただきたいと思います」と呼びかけた。野村は「見ていただいてわかったと思うけど、車好きの人であれば今すぐ台場から走りに行こうかなってテンションになれる映画だし、全く車のことを知らない方でも、アトラクションみたいに楽しめる映画だと思います。リアルに走っているプロのレーサーの方々のおかげであり、あの場を貸してくださった福島の方々のおかげでもあり、誰ひとり欠けても出来なかった映画であり、その主役をやらせていただいたことを誇りに思います」と改めて感謝の思いを口にする。

さらに「世界に行けるってことなので、そろそろ世界用に名前を変えようかなって思います。野村周平だと堅苦しいので、ポップな感じの名前に…ちょっと考えときます(笑)!『世界のノムラ』として見られる日が近づいていると思うので、今後とも応援よろしくお願いします!」とノリノリで語り、温かい拍手と笑いの中で舞台挨拶は幕を閉じました。

映画『ALIVE HOON アライブフーン』は6月10日(金)よりミッドランドスクエアシネマほかにて全国公開中

【動画】世界のトップレーサーが実走出演!CGゼロのドリフトエンターテイメント
映画『ALIVE HOON アライブフーン』予告

『ALIVE HOON アライブフーン』舞台挨拶&イベント情報

名古屋舞台挨拶
日時:6月12日(日) 15:40の回の上映後 ← 終了しました
会場:ミッドランドスクエアシネマ2
登壇: 野村周平、下山監督、(予定)※敬称略

月イチシネマトークライブ“松岡ひとみのシネマコネクション”
日時:6月19日(日) 15:50の回の上映後 ← 終了しました
会場:ミッドランドスクエアシネマ2
料金:1,900円均一
※プレミアムシートは別途800円頂戴します。
※ムビチケ・各種引換券・各種クーポンはご利用できません。
※株主優待券・各種招待券はご使用いただけます。
登壇:下山天監督、横井昌志選手(小林総一郎(青柳翔)レースカー実走)
※登壇者は予告なく変更になる場合がございますのでご了承ください

作品紹介

解散の危機に瀕するドリフトチームがスカウトしたのは、内向的な性格から人付き合いが苦手だが、ゲームにだけは驚異的な才能を放つゲーマー・大羽紘一。
実車でもその力を発揮する紘一だったが、彼の前に生死をかけてレースに挑む者たちが立ちはだかる。
今、紘一の覚醒したテクニック・情熱・勇気、そしてチームワークは、バーチャルとリアルの壁をブチ破り、新たな極致へー。

『ALIVE HOON アライブフーン』
監督・編集:下山天
主題歌:「Hunter or Prey」(NOISEMAKER)
出演:野村周平 吉川 愛 青柳 翔 福山翔大
モロ師岡 土屋アンナ/本田博太郎
にわつとむ 勝又智也 平塚真介 柴田常吉
渡里安衣 中村直樹 久保川澄花 横井昌志
北岡裕輔 齋藤太吾 川畑真人
織戸学(特別出演)
土屋圭市(友情出演)
陣内孝則
配給:イオンエンターテイメント
公式サイト https://alivehoon.com/
公式Twitter @alivehoon_movie
©2022「アライブフーン」製作委員会

 

関連記事

アーカイブ

映画祭一覧

愛知県内の映画祭をご紹介!