小手伸也が語る『コンフィデンスマンJP 英雄編』は「コンフィデンスマンJP 史上最高傑作!構造が複雑なのに話がわかりやすい」

コンフィデンスマン誕生の秘密が明らかに?
ザ・ラストコンゲームグランドフィナーレバトルロワイアル、いざ開幕!

長澤まさみ演じる美しきコンフィデンスウーマンのダー子、若きコンフィデンスマン・ボクちゃん(東出昌大)、百戦錬磨のコンフィデンスマン・リチャード((小日向文世)の3人が、コンフィデンスマン(信用詐欺師)に扮し、欲望にまみれた人たちを巧みに騙し大金をせしめる、痛快快エンターテインメントコメディ『コンフィデンスマンJP』シリーズ。2018年テレビドラマからスタートし、2019年には初の劇場版となる『ロマンス編』が、2020年には『プリンセス編』が公開され、大ヒットを記録したのも記憶に新しい人気作が、さらにパワーアップし『コンフィデンスマンJP 英雄編』(1月14日公開)としてスクリーンに舞い戻ります。

舞台となるのは、街全体が“世界遺産”という地中海に浮かぶ美しい島マルタの首都・ヴァレッタ!世界中からセレブが集まる街でダー子、ボクちゃん、リチャードが、それぞれの思惑を胸にコンフィデンスマンNo.1を決めるため、バッチバチに火花を飛ばす真剣勝負を繰り広げます。彼らのオサカナは、莫大な財を成した元マフィアが所有するお宝。四代目ツチノコを名乗る詐欺師に、日本の警察、ついにはインターポールまで動き出し、騙し合いバトルは最高潮に…。コンゲームの行方は?というストーリー。

そこで『コンフィデンスマンJP 英雄編』の魅力を探るべく、神出鬼没のコンフィデンスマン・五十嵐を演じた小手伸也さんにインタビュー。五十嵐にとっての英雄でエンジェルなダー子さんへの想いから、演じる長澤まさみさんについて、さらには瀬戸康史さん演じるオッドアイが印象的なインターポールの捜査官・マルセル真梨邑が作品にもたらしたものや、初心に立ち返ることができるホームグラウンドとしての『コンフィデンスマンJP』の現場裏話など、たくさん語っていただいていますので、ぜひ動画もあわせてお楽しみ下さい。

【動画インタビュー】ゲスト 小手伸也さん

ダー子ちゃんと五十嵐のバディ感が楽しめる作品

前作『プリンセス編』では、蚊帳の外すぎてダー子ちゃんが作戦の内容すら教えてくれなくって、結局何も知らないままエンディングを迎えてしまったのでそれに対するリベンジじゃないですけど『英雄編』では、ダー子ちゃんの右腕として活躍していて、常にダー子ちゃんのそばにいる、そのバディ感みたいなのが面白いんじゃないかなあと思いました。

ふたりで一緒にいる時間が多かったので、コーヒーを奢ったり、奢られたりしながら(笑)一緒に演技することに集中して撮影に臨んでました。

ドラマ版「コンフィデンスマンJP」からの正当続編にして『コンフィデンスマンJP』史上最高傑作

台本を読んだ時に一番に感じたのは、ドラマ版「コンフィデンスマンJP」からの正当続編がついに出てきたって感覚はすごいありました。『ロマンス編』も『プリンセス編』も、それぞれ素敵な作品であることは間違いないんですけれども、コンゲームとはまた別に、『ロマンス編』にはロマンスというテーマが、『プリンセス編』では家族の物語が主軸にあって、3人(ダー子、ボクちゃん、リチャード)が、どう関わるのかという見せ方であったのに対し、今作はこの3人が「誰が優秀なコンフィデンスマンか?」を競い合うというところに主眼がおかれた物語になっているので、ドラマから3人の関係を追ってきてるイチファンとしても、それはすごく気になってたことだし、絶対的な見どころだなぁあと思いながら、それでいて今回の作品は3人が競い合うということで、ひとつの事象に対して3人の目線を描いたりするんですよね。ダー子ちゃんから見たこのシーンとか、ボクちゃんから見たこのシーンみたいな、そういった形でひとつのシーンに対して視点が3つあるのと、そのぶん時系列も三者三様にあるっていう、説明する限りでは少し難しい話の展開になっているなぁって思ったんですけど、そこはさすが(脚本の)古沢さんの設計図が素晴らしいのか、それを実現化する田中監督が素晴らしいのか、最終的には僕らが素晴らしいのか(笑)完成した作品を観た時は、その複雑さみたいなものは一切感じられず、逆にあの時あ~だったんだというのが逐一復習できるので、すごくストーリーが追いやすくなってたんですよね。構造が複雑なのに話はすごくわかりやすいという。一見、不可能なことをさらりとやってのけているこの作品は『コンフィデンスマンJP』史上最高傑作と言っても過言ではないのではと僕は思ってます。

瀬戸康史さん演じるオッドアイが印象的なインターポールの捜査官・マルセル真梨邑について「このキャラクターは今までにないヒリついた感じとサスペンスタッチな部分を背負って下さってて瀬戸くんとして見てもこういう役は見たことないので新鮮でした。彼の登場で物語が少しダークなものになっているので、そのひりひり感を観てもらいたいです」

「コンフィデンスマンJP」の現場はホームグラウンド、キャストとの関係は相変わらずでで初心に立ち返れる場所です。


 

■小手伸也
1973年12月25日生まれ、神奈川県出身。劇団innerchildを主宰し、全作品で作、演出、出演を務める。PFFスカラシップ作品映画『不灯港』では主演を務め、海外でも高い評価を受けている。NHK大河ドラマ「真田丸」の塙団右衛門役で注目を集め、「コンフィデンスマンJP]の五十嵐役、「SUITS/スーツ」の蟹江役で印象を残し、「シンデレラおじさん」としてブレイク。旬なおじさん俳優としてバラエティー番組でも幅広く活躍する。2022年1月17日に放送がスタートするテレビドラマ『ドクターホワイト』が控える。
小手伸也Twitter @KOTEshinya

 
 
 

『コンフィデンスマンJP 英雄編』は1月14日(金)よりミッドランドスクエアシネマ他、全国東宝系にてロードショー

TVドラマ&SPドラマ運勢編 再放送スケジュール(東海テレビ)

2022/1/7 金 26:15~27:10
2022/1/10 月 26:25~27:25
2022/1/11 火 26:01~27:02
2022/1/14 金 26:10~27:05
2022/1/15 土 14:00~16:00 ※SPドラマ運勢編
2022/1/15 土 21:00~23:40『コンフィデンスマンJP プリンセス編』
2022/1/17 月 26:10~27:10
2022/1/18 火 26:01~27:02
2022/1/20 木 26:12~26:44 ※公開記念特番
2022/1/24 月 25:55~26:55
2022/1/25 火 26:32~27:32
2022/1/28 金 26:10~27:05
2022/1/29 土 26:45~27:45
2022/1/31 月 25:55~26:55

他エリアの詳細は▶ https://confidenceman-movie.com/media/index.html

作品紹介

“英雄”と謳われた詐欺師〈3代目ツチノコ〉が死んだ。その元で腕を磨いた過去を持つダー子、ボクちゃん、リチャード。〈ツチノコ〉の称号をかけ、3人の真剣勝負がはじまる。舞台は、世界中からセレブが集まる世界遺産都市<マルタ島・ヴァレッタ〉。狙うは、莫大な財を成し引退したスペイン人の元マフィアが所有する、史上最高のお宝〈踊るビーナス〉。それぞれの方法でオサカナに近づく3人だったが、そこには日本の警察、さらにはインターポールの捜査の手が…。果たして最後に笑うのは誰なのか!?まったく先の読めない史上最大の騙し合いが始まる!!

『コンフィデンスマンJP 英雄編』
監督:田中亮 脚本:古沢良太
主題歌:Official髭男dism「Anarchy」
出演:長澤まさみ 東出昌大 小手伸也/小日向文世
松重豊 瀬戸康史 城田優 生田絵梨花
広末涼子 織田梨沙 関水渚 赤ペン瀧川
石黒賢 梶原善 徳永えり 髙嶋政宏 生瀬勝久
真木よう子 角野卓造 江口洋介
配給:東宝 上映時間:128分
公式サイト http://confidenceman-movie.com
公式Twitter @confidencemanJP
公式Instagram confidenceman_jp
©2022「コンフィデンスマンJP」製作委員会

アーカイブ

映画祭一覧

愛知県内の映画祭をご紹介!