ヴィトルのびびっとくる映画Vol.44   歴史を変えた世紀のスキャンダルを描く実話ミステリー『最後の決闘裁判』

Ola-!
どうも!ヴィトルです。

 

毎週水曜日は東海ラジオ
『OH! MY CHANNEL!』に出演し
『OH! MY 情報局』のコーナーで最新の映画を紹介しています。

 

 

 

 

 

今回は歴史を変えた世紀のスキャンダルを描く実話ミステリー『最後の決闘裁判』を紹介しました。

【物語】
舞台は14世紀フランス。
騎士の妻マルグリットが夫の旧友に乱暴されたと訴えるが彼は無実を主張し、目撃者もいない。
真実の行方は、夫と被告による生死を賭けた”決闘裁判”に委ねられる。
それは神による絶対的な裁きであり、勝者は正義と栄光を手に入れ、敗者はたとえ決闘で命拾いしても罪人として死罪になる。
そして、もし夫が負ければマルグリットまでもが偽証の罪で火あぶりの刑を受ける事に‼️
果たして、裁かれるべきは誰なのか⁉️
あなたがこの裁判の証人となる。

中世ヨーロッパでは裁判で決着が付けられなかった時に訴えた者と訴えられた者同士が剣を持って決闘で決着を付ける”決闘裁判”が実際にあり、騎士の夫が戦争に行っている間に妻が乱暴さたたと訴えるが認めてもらえず、どっちの言い分が正しいか分からないから決闘で決着を付けたという裁判記録が実際にある。
ただし、男性達の記録しか残っていない。
でもこの映画は取り合いになった奥さんの立場からも描かれており、騎士の夫目線・訴えられた男性目線・訴えた女性目線の三者三様の3つの視点から物語が進んでいき後半に近付くに連れてそれぞれの心情を知っていく事になる。
同じ場所に居ても誰の視点で見るかで景色が変わる描き方がされていて面白かった‼️

それと同時に当時の時代性も再現されているので、女性の自立的な話にも繋がっていく‼️
『最後の決闘裁判』というタイトルですが今まで声を上げる事が出来なかった女性が歴史上初めて訴えた”最初の決闘裁判”でもある‼️

妻にとって決闘が意味するものを知った後に観るクライマックスの”決闘シーン”では思わず前のめりで観ざるを得ない迫力でした‼️
大画面のスクリーンでこそ観るべき作品です!

『最後の決闘裁判』は現在公開中です。

それでは。
また来週〜
チャオチャオ〜

公開中 「最後の決闘裁判」

2021年製作/153分/PG12/アメリカ
原題:The Last Duel
配給:ディズニー
(C)2021 20th Century Studios. All Rights Reserved.
https://www.20thcenturystudios.jp/movies/kettosaiban

ヴィトル

広告、雑誌、コマーシャルモデルとして東海地区を中心に活動をはじめ、2009年から中京テレビ『ラッキー!!』でテレビデビューし、タ レント、リポーター、また、映画好きが高じて日本の俳優、ジョニーデップ、クリスプラットなどハリウッドス ターなど映画インタビュアーとして活動の場を広げる。イベントは、バブルラン 、ウォーリーラン、ミニオンズランなどランフェ スのMCをきっかけにDJとしてもデビュー。昨年は「あいちトリエンナーレ」にも参加。

現在のレギュラーは、東海ラジオ 12:25-『OH! MY CHANNEL』内で毎週水曜日映画紹介を担当。

アーカイブ

映画祭一覧

愛知県内の映画祭をご紹介!