浅野いにお原作・待望の映画化!「うみべの女の子」ウエダアツシ監督、主演の石川瑠華さんインタビュー

公開中「うみべの女の子」

ウエダアツシ監督、主演の石川瑠華さんシネピー単独インタビュー!

 

弱冠17歳でデビューし、「素晴らしい世界」「ひかりのまち」「おやすみプンプン」など、一見ありふれた日常の表と裏を斬新な手法で描いてきた漫画家・浅野いにお。 現在連載中の「デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション」が第66回小学館漫画賞を受賞するなど、今なおカリスマ的人気を誇る浅野が、2009年に発表したのが「うみべの女の子」だ。「思春期」「恋」「性」といったセンシティブな題材に真正面から挑んだ作品として、ファンの間でも高い人気を誇る同作は、このほど『ソラニン』(11)以来11年ぶりに実写映画化されました。

  W主演となる石川瑠華と青木柚は、原作者である浅野も審査員として参加したオーディションを経て、小梅と磯辺の役を勝ち取った。2017年から演技のレッスンを始めた石川は、『イソップの思うツボ』(19)で主演に抜擢されると、『猿楽町で会いましょう』(21)でもヒロインをつとめ頭角を現した逸材。

 

 

 

 

 

 

子役から活動をスタートした青木柚は、『14の夜』(16)『アイスと雨音』(18)『サクリファイス』(20)などの話題作でキャリアを重ね、主演作『暁闇』(18)では『MOOSIC LAB 2018』男優賞を受賞。ともにハードな性愛表現とデリケートな心情描写に臨み、悩みもがく少女少年のリアルなキャラクターに命を吹き込んでいます。

 

 

 

 

そのほか、今後の邦画界を牽引するであろうネクストブレイクの若手俳優達が勢揃い!

監督のウエダアツシは、長編初監督作『リュウグウノツカイ』(14)が「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2014」で北海道知事賞を受賞し、『桜ノ雨』(16)『天使のいる図書館』(17)『富美子の足』(18)と場数を踏んできた気鋭の映像ディレクター。自身もファンである浅野いにおの世界観を忠実に受け継ぎ、田舎町の閉塞感と「14歳」という年齢のエモーショナルな感覚が伝わる抒情的な映像と演出で描き出しています。

 

初日舞台挨拶前の貴重那時間をいただきお二人にインタビュー♪

『ウエダアツシ監督』
1977年奈良県生まれ
長編映画初監督作品「リュウグウノツカイ」(2014)がゆうばり国際ファンタスティック映画祭にて北海道知事賞を受賞。その後、「桜ノ雨」「天使のいる図書館」「TANIZAKI TRAIBUTE 富美子の足」など監督。未来の日本映画界を担うクリエ0ター発掘プログラム「TSUTAYA CREATORS PROGRAME FILM2017」では映画企画「モータープール」が準グランプリ(Filmarks賞)を受賞
『俳優 石川瑠華』
Ruka Ishikawa
1997年3月22日生まれ、埼玉県出身。
17年から女優としての活動を開始。2018年に公開された『きらきら眼鏡』(犬童一利監督)でスクリーンデビュー。その後、『希望のゆくえ』(19/貝田祐介監督作)、映画『イソップの思うツボ』(19/上田慎一郎、浅沼直也、中泉裕矢監督作)と続けて主演を務める。また、同年に主演した短編映画『ビート・パー・MIZU』(19/富田未来監督作)では、「MOOSIC LAB2019」短編部門の最優秀女優賞を受賞。近年の主な出演作に『左様なら』(19/石橋夕帆監督)、第41回モスクワ国際映画祭参加作品『Shell and joint』(20/平林勇監督)、『stay』(21/藤田直哉監督)、『猿楽町で会いましょう』(21年6月4日公開/児山隆監督)などがある。

 

 

 

 

 

 

『あらすじ』

海辺の小さな街で暮らす中学生の小梅は、憧れの三崎先輩に手ひどくフラられたショックから、かつて自分のことを好きだと言ってくれた内向的な同級生・磯辺と関係を持ってしまう。やがて小梅は、徐々に磯辺への想いを募らせ、一方、小梅に恋焦がれていたはずの磯辺は、その関係を断ち切ろうとしてしまう。2人の気持ちはすれ違ったまま、磯辺は過去にイジメを苦に自殺した兄への贖罪から、ある行動に出る――。

出演:石川瑠華 青木柚  前田旺志郎 中田青渚 倉悠貴  宮﨑優 髙橋里恩 平井亜門 円井わん 西洋亮 / 高崎かなみ いまおかしんじ 村上淳

『うみべの女の子』製作委員会 (スタイルジャム、クロックワークス、TCエンタテインメント、キュリオスコープ、グラスゴー15、ポニーキャニオン、カラーバード、コンテンツ・ポテンシャル) 

制作プロダクション:スタイルジャム 

制作協力:コギトワークス 

配給:スタイルジャム 107分/DCP/シネマスコープ/5.1ch/カラー/日本 R15+  

 (C)2021『うみべの女の子』製作委員会    

http://umibe-girl.jp

アーカイブ

映画祭一覧

愛知県内の映画祭をご紹介!