下野紘がシャチホコ姿でおなじみの台詞を披露で「鬼滅の刃」上映会も大盛り上がり!

7月18日、人気アニメ映画『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』Blu-ray&DVD完全生産限定版・早期予約キャンペーン舞台挨拶付上映会がミッドランドスクエア シネマ(名古屋市中村区)で行われ、我妻善逸(あがつま ぜんいつ)役の下野紘が登壇。同作のプロデューサーで司会進行を務める高橋祐馬とともに、参加したファンとのつかの間の交流を楽しんだ。

自ら開始前の影ナレも務め元気いっぱいに登場した我妻善逸役の下野紘「いまは本当にもう、喋りたくてたまらない」と嬉しさをにじませた

名古屋に来るのは3年ぶりという下野は「美味しいもの食べられたらなぁというところで言うと『ひつまぶし』個人的に鰻ってそんなに好きじゃなかったんですけど、名古屋で『ひつまぶし』を食べてから鰻の美味しさを実感するようになって、東京でも食べる機会が増えたので、鰻の味(美味しさ)を教えてくれたのは名古屋と言っても過言はない」とエピソードを披露。久々の映画館での舞台挨拶については「不思議な気持ちです。これだけ長い間、無限列車編を多くの方に楽しんでもらえたのかな?(今日も)たくさんの方に来ていただいてありがとうございます」と感謝の言葉を口にした。

 

「緊張を上回る楽しさを実感すると、緊張が和らいでいく。辛いとか大変って思うより前のめりな気持ちのほうがパフォーマンスはあがるので、楽しむ気持ちが大切」(下野)

ファンからの質問コーナーでは「劇場版収録現場等で緊張されることはありましたか?また、緊張をほぐす方法などありましたらご教授をお願いします」との質問が。

1年前に行われた劇場版の収録については「緊張感のすごい現場で、もちろん自分が出ているシーンもですけど、猗窩座(あかざ)と煉獄(れんごく)さんの対決シーンに関しては、かつて自分が新人の頃、先輩たちがお芝居している時に『物音ひとつたてちゃいけない』という初心の気持ちを思い出すぐらいの緊張感が流れていて、動いちゃいけない、邪魔しちゃいけないと、緊張していました」と明かすと

「今日もね緊張してるんですよ」との言葉に司会が「なう?」と聞き返し「なう!緊張は常にです。それこそアニメに出ていたりナレーションしたり楽しそうにお喋りしてると思うでしょ?緊張しているんですよ。その緊張とどういう風にうまくつきあっていくかっていう、緊張よりこういう風に楽しんでいきたいなと。緊張を上回る楽しさを実感すると、緊張が和らいでいく。逆に緊張をまったくしないというのは、本当に危うい。イベントとかで他の声優さんとご一緒したりもするんですけど、みなさん言いますよね。楽屋が盛り上がるとイベントがやばいっていう。本編より楽屋のほうがテンション上がりすぎちゃって『あれ?今日の俺なんかうまくいかないなあ』みたいなことが、チラホラでてきてしまうっていう。緊張を取り除きたいって思う方多いと思うんですけど、ある程度の緊張感がないとダメなんだなってことは実感してますよね」と語ると「基本的に辛いとか大変って思っていると声優に限らずパフォーマンスは絶対にあがらない。それよりも気持ち的に『これ楽しいな』とか『これ面白いな』とか『もっとこういう風にしたいな』っていう前のめりな気持ちのほうがパフォーマンスはあがってくるので、楽しむ気持ちは大切だと個人的には思います」とアドバイスを送った。

続いて、禰󠄀豆子(ねずこ)ちゃんを助けにくる善逸のシーンをBlu-rayで100回ぐらい巻き戻してみた!というファンから「何度も巻き戻してみたいシーン」を問われると「100回!いやぁ、ありがとうございます。確かに、列車を雷の呼吸・霹靂一閃(へきれきいっせん)で駆け抜けた後の、あそこはカッコイイし、禰󠄀豆子ちゃんとの幸せな夢のシーンもいいなあと思うんですけれど…、個人的に勝手に背中が押されたのは、煉獄さんが昔お母さんに言われたあの言葉、お母さんの優しさと強さが両方兼ね備わっている、あの回想シーンがすごく印象に残っていて、あそこは何度見ても感動するし、自分の背中をも押してくれているような気持ちになって…鬼滅の刃って家族をテーマにしているじゃないですか、なんかこうあらためて母親の強さや偉大さみたいなものを感じたあのシーンが一番好きですね」と語った。

「僕なんて気づいたら、涙拭くのすらやめてました。拭いても拭いても流れるから、ビショビショに。普通のマスクなのに(涙で)潤いマスクになりましたから、替えのマスクが必要でした」(下野)

続いて、二人目の子を妊娠中の妊婦さんからのエピソードが、夫が楽しみにしていた娘を連れて行ってくれたといういい話なのだが、帰ってきたふたりに異変があったようで「目は赤く腫れ、手つかずのポップコーンとドリンクを手にしていたふたり『どうしたの?』と聞くと『目が離せなくてポップコーンどころかドリンクも飲んでる暇がなかったよ~』というのです。その時は思わず笑ってしまったのですが、一か月後、私もふたりとまったく同じことをしてしまい夫に『ほらみろ!』と笑われました。その手つかずのポップコーンを食べながらが無限列車編を語り合った時間いい思い出です」というもの。

これには下野さんも「確かに無理ですね」と共感。「僕自身も観てて思いましたから、みんなおんなじなんだなと。(最初から最後まで)ずっと集中してるからポップコーンやドリンクどころじゃないんですよ。僕なんて気づいたら、涙拭くのすらやめてましたから。えぇ、もう、どこまでも流れるんですよ。とくに後半に至っては、どうしようもないぐらいずっと流れるし、拭いても拭いても流れるから、ビショビショですもんね。しかも、あの時は、ハンカチとかじゃなくて、こういう状況下だったから、みんなマスクした状態で、替えのマスクが必要でした。普通のマスクなのに(涙で)潤いマスクになりますから、ビッショリしてしっとりした、確かに何かを食べたり飲んだりしている余裕はないですね」と大きく頷いていた。

ここで「本名OK・松岡禎丞(よしつぐ)さんから頂戴いたしました」との司会の紹介に、ただならぬ気を感じたのか「ちょっと待って下さい」と下野が反応。今回、東京、大阪、福岡、名古屋、北海道と5つの都市でトークイベントを行っているのだが、花江さんからスタートし、リレー形式で、日野さん、松岡さんと「お願いのバトン(お題)」が渡され、イベントで披露するというスタイル。ちなみに、福岡の日野さんは博多弁で煉獄さんの台詞を、大阪の松岡さんは関西弁で伊之助の台詞をグリコのポーズで言うものだった。

ここからは、みなさんも想像しながらお楽しみ下さい。

【松岡さんからのコメント】

松岡 下野さん、身体は大丈夫ですか?

下野 うん

松岡 元気ですか?

下野 元気です

松岡 ちゃんとご飯食べてますか?

下野 お前、こないだ事務所であったよね?先日会ったんですよ。

松岡 下野さん。ここからはいきますよ?

下野 なんだい

松岡 まずですね

下野 うん

松岡 シャチホコのポーズで

下野 えっ?

松岡 名古屋弁で、できれば…できればなんですけど

下野 うん

松岡 霹靂一閃(へきれきいっせん)・六連して、

下野 うん

松岡 さらにエビぞって(会場から笑いが…)、限界ギリギリの『イィヤァアアーーーッ!!」をいただきたいです(笑いをこらえるファンたち)

下野 待って?(困惑)名古屋弁???えっ?ごめんなさい!なんですって???まったく追いついてない…エビぞりとシャチホコは一緒にしてよいってことですよね?????

困惑する下野、「お気持ちが整いましたら」と冷静に事を進める司会、笑いをこらえるのに必死な会場のファン

しばらくして「まいります!」と意を決して、ミッションに挑む下野

霹靂一閃 六連

霹靂一閃 六連!

禰󠄀豆子ちゃんは俺が守ったるがや たるがや たるが たる たるが たるがや たっ

イィヤァアアアーーーッ!

可愛くフィニッシュ!

霹靂一閃 六連から始まり、名古屋弁もクリア、最後はシャチホコの姿で「イィヤァアアアーーーッ!」でフィニッシュ。やりきった下野に会場からは今日イチの大きな拍手が送られ、司会も「これができるのは、ただひとり下野さんだけです」と称賛していた。ちなみにエビぞりですが、実はイベント中にナチュラルにやってました。爆笑しながら。

さて、来週末には北海道で同イベントが行われ禰󠄀豆子役の鬼頭さんが登壇するということで、最後のバトンは鬼頭さんに。そこで、リクエストを聞かれた下野は「やっぱり北海道のみなさんに楽しんでいただきたいので、北海道弁で禰󠄀豆子ちゃんの台詞を言ってもらえたら嬉しいよな、北海道弁で禰󠄀豆子ちゃんの台詞を言う時にはメロンの気持ち…メロンの気持ち。まあ、それだけだとちょっと物足りないなっていうのがあるので最終的には、血鬼術 爆血(ばっけつ)をヒグマの気持ちで…ヒグマの気持ちで…ポージング一応つけときますね」と言うと

ポージングはこれでお願いします。これは何のポーズかというと登別のクマ牧場のクマがやってるポーズです(下野)

最後に「鬼滅の映画を愛して下さって、無限列車編を楽しんでくれて本当にありがとうございます。そして、今日も私ひとりではありますけれども、こんなにたくさんの方が来て下さって、トークだけではなく私の元気な姿も見てもらえて、きっと楽しんでもらえたと思います。無限列車編も間もなく終了ということですけど、そのあとには遊郭編も待っておりますし、こちらもスタッフキャストが心血注いで無限列車編に負けないぐらいの決意と覚悟を持って演じさせていただいています。なので、これからも『鬼滅の刃』を応援してもらえたら大変ありがたいと思ってます。本日はありがとうございました!」と締めくくり、大充実のトークイベントに集まったファンも楽しんでいる様子だった。

去り際に「ありがとうございました!また名古屋でお会いしましょう~!」と言い残していった下野。名古屋のファンはいつでもお待ちしていますよ!

『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』は7月22日(祝・木)~29日(木)の期間限定で、全国383館にて最終上映することが決定! 入場者特典として『煉󠄁獄杏寿郎 誕生日記念入場者プレゼントufotable描き下ろしA5バースデーカード』が配布される。また、7月20日(火)正午より、7月13日 (火)に放送された特別番組『鬼滅テレビ 新情報発表スペシャル』が各配信サイトにて順次配信開始。 ▼配信サイトは kimetsu.com/anime/news/?id

作品紹介

「鬼滅の刃」は家族を鬼に殺された竈門炭治郎(かまどたんじろう)が、鬼に変異した妹・禰豆子(ねずこ)を元に戻すために旅立つという物語。蝶屋敷での修業を終えた炭治郎たちは、次なる任務の地、《無限列車》に到着する。そこでは、短期間のうちに四十人以上もの人が行方不明になっているという。禰豆子を連れた炭治郎と善逸、伊之助の一行は、鬼殺隊最強の剣士である《柱》のひとり、炎柱の煉獄杏寿郎と合流し、闇を往く《無限列車》の中で、鬼と立ち向かうのだった。

『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』
監督:外崎春雄
声の出演:花江夏樹 鬼頭明里 下野紘 松岡禎丞 日野聡 平川大輔
配給:東宝・アニプレックス
公式サイト https://kimetsu.com/anime/
公式SNS [Twitter] @kimetsu_off     
©吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable

アーカイブ

映画祭一覧

愛知県内の映画祭をご紹介!