6月25日(金)公開 映画『Arc アーク』石川慶監督インタビュー

 

 6月25日(金)公開 映画『Arc アーク』公開記念インタビュー

 

21世紀を代表する世界的作家ケン・リュウの傑作短編小説を日本の俊英・石川慶監督が実写映画化。

舞台は、そう遠くはない未来。17歳で人生に自由を求め、生まれたばかりの息子と別れ、放浪生活を送っていたリナは、19歳で師となるエマに出会い、彼女のもとで(ボディーワークス)を作るという新しい仕事につきます。エマは最愛の人を亡くした人々の依頼を受けて、遺体にプラスティネーションと呼ばれる施術をして故人のを在りし日の姿のまま永久に保存する(ボディーワークス)製作の一人者である。

 

 

 

 

エマの弟・天音は、このプラスティネーション技術を発展させて、遂にストップエイジングによる「不老不死」を完成させる。リナはその施術を受けた世界初の女性となり、30歳の体のまま永遠の人生を生きていくことになる。

 

 

 

近未来・不老不死が現実になった時、自分はどんな選択をするのだろうか。そして自分の家族は?社会は?

死への恐怖と永遠の若さを手に入れた人間が求める世界を、一人の女性の人生とともに擬似体験していきます。

 

 

 

 

 

「愚行録」「蜂蜜と遠雷」の石川慶監督が原作に惚れ込み、映画化。インタビューでは、ケン・リュウさんの原作との出会い、そして17歳から100歳以上のリナを演じた芳根京子さんについて、

そのほかのキャストの起用について、また独自の近未来の表現方法などお聞きしました。

 

 

映画「Arc アーク」

【STORY】舞台はそう遠くない未来。17 歳で人生に自由を求め、生まれたばかりの息子と別れて放浪生活を送っていたリナは、19 歳で師となるエマと出 会い、彼女の下で<ボディワークス>を作るという仕事に就く。それは最愛の存在を亡くした人々のために、遺体を生きていた姿のまま保存できるように施術 (プラスティネーション)する仕事であった。エマの弟・天音はこの技術を発展させ、遂にストップエイジングによる「不老不死」を完成させる。リナはその施術を 受けた世界初の女性となり、30 歳の身体のまま永遠の人生を生きていくことになるが・・・。

キャスト:芳根京子、寺島しのぶ、岡田将生、清水くるみ、井之脇海、中川翼、中村ゆり/倍賞千恵子/風吹ジュン、小林薫

原作:ケン・リュウ『円弧(アーク)』(ハヤカワ文庫刊 『もののあはれ ケン・リュウ短編傑作集2』より)

脚本:石川慶 澤井香織

音楽:世武裕子

監督・編集:石川慶

製作:2021映画『Arc』製作委員会 製作プロダクション:バンダイナムコアーツ

配給:ワーナー・ブラザース映画

https://wwws.warnerbros.co.jp/arc-movie/

(c)2021 映画『Arc』製作委員会
2021 年/日本/127 分/スコープサイズ/5.1ch

Twitter:@Arc_movie0625

#Arc アーク

 

アーカイブ

映画祭一覧

愛知県内の映画祭をご紹介!