6月2日薔薇の日に贈る 公開直前イベント『ブルーヘブンを君に』イベントレポート

「夜明けのスキャット」でデビューしてから2019年に50年を迎え、コンサートツアー、ひとり芝居など、今なお精力的に活動する由紀さおりの映画初主演となる本作は、不可能の代名詞といわれた「青いバラ」を品種改良により生み出した実在のバラ育種家の女性をモデルに、いくつになっても夢を諦めない人生の素晴らしさを描く感動作

共演に、BOYS AND MENのメンバーとして俳優業にバラエティにマルチな活躍をみせる小林豊と本田剛文、『ここは退屈迎えに来て』『無頼』『ゾッキ』など話題作への出演が続く柳ゆり菜。さらに、大和田獏、寺脇康文など実力派の豪華俳優陣が脇を固める。監督は、本作が映画監督3本目となる秦建日子。「アンフェア」シリーズや『サイレント・トーキョー』の原作などを手掛け、小説家としても活躍する秦自身が描くオリジナルストーリーで、誰もが共感し勇気をもらえる、まるで一輪のバラのような美しい作品です。

昨日6月2日は、6(ロ)ー2(ズ)ということで “ローズの日”“バラの日”とされ、バラをこよなく愛する人のための記念日。その記念日に合わせ【“バラの日”に贈る、公開直前イベント】を実施いたしました! 

 

芸歴50年を超える歌手で女優の由紀さおりが映画初主演を飾る『ブルーヘブンを君に』(6月11日公開)の公開直前イベントが6月2日“バラの日”に都内で行われ、主演の由紀さおり、共演の小林豊(BOYS AND MEN)、本田剛文(BOYS AND MEN)、柳ゆり菜、そして秦建日子監督が登壇した。

不可能の代名詞といわれた「青いバラ」を品種改良により生み出した実在のバラ育種家の女性をモデルに、いくつになっても夢を諦めない人生の素晴らしさを描く。映画初主演の由紀は「映画初主演と言われて、自分としては『そうなんだあ』というのんきな気持ちで、気負いもなく岐阜の土地の皆さんと暮らした一人の女性を演じるという思いがありました。現場に通うのも楽しく、エキストラの皆さんとの交流も心に残っています」とニッコリ。

 

 

 

 

 

 

兄弟役を演じた小林と本田は、由紀から「映画の中よりも今日の方がスマート」と指摘されると、小林は「撮影中は岐阜の美味しいものをいただき、岐阜色に染まっていたので太ったのかも」と照れ笑い。さらに由紀は柳について「撮影以来2年ぶりに会ったらほっそりとしている。撮影当時は今みたいに淑女のようではなくて力強かった。『何かあったの?』と聞いたら『それは言えません』と言われました。3人ともスマートになったので『あらまあ』と思いました」と久しぶりの再会に驚きもあったよう。スタッフ・キャスト共にロケ地・岐阜はお気に入りのようで、秦建日子監督は「撮影が終わるとみんな『今日は何を食べに行くか』などと話し合っていたし、撮影後に『岐阜から帰りたくない!』というスタッフもいたほどです」とにこやかに報告していた。

 

 

 

 

 

 

 

一方、柳は由紀について「周りの空気がゆっくりと動いているような方で、由紀さんのゾーンに入ると私も穏やかな気持ちになる。まるでバラのような雰囲気を持っている方で、尊敬する年上の女性に甘えるような感じ。素晴らしい女性で私も見習いたい」とリスペクト。それに由紀は「3人ともみんな可愛くて、距離感も感じず、役柄にすぐに溶け込んでいくような感じでした。お天気も良くて、気持ちのいいロケでした」と仲睦まじい様子をうかがわせた。

また「持ち続ける夢」を聞かれた由紀は「これからの私の人生がどれくらいあるのかはわからないけれど、私は会ったことのない自分に出会いたいと思って日々暮らしています。『夜明けのスキャット』からずいぶん経ちましたが、私は欲張りなので自分の知らない自分がまだいるのではないか?と思っています」と70歳を超えてもなお枯れぬ探求心を口に。小林は「ボイメンで紅白歌合戦に出場したい!叶えたいではなくて必ず叶える。叶える自信はある」と宣言。由紀から「やると決めたのならば、それは出来ると思うわよ」と背中を押されると、「由紀さんに言われると、さらに頑張る気持ちが高鳴ります!」と大興奮。柳は「野生のイルカと泳ぐのが幼少期からの夢」と明かし、秦建日子監督は「子供の頃から憧れていた由紀さおりさんの初主演映画を撮れたこと!」と感激していた。一方の本田は「名古屋に自社ビルを建てたい!そこにウチの事務所を入れて、一階は地元の美味しいお店を入れて、3階にはライブステージを作る。ほかの階にはテナントを入れて、そこでも収益も上げたい。企業の皆さん、名古屋に支社を出す時はぜひボイメンビルでお願いします!」とまるで実業家のような夢。それに由紀は「ライブ会場を作ったら、いつか私を出してちょうだいね。歌いたいわ~」と本田の夢に乗り気だった。

最後に主演の由紀は「公開が1年遅れたときはショックでしたが、この映画を通して私自身も夢を追いかけることの難しさ、素晴らしさを教えていただきました。とても綺麗な環境にある岐阜県で作られた心優しい映画。今の世の中でモヤモヤしている気持ちを払拭できるような作品になりました」とアピール。自身が歌う主題歌「愛は花、君はその種子」については「自分で言うのもなんですが…すごくいい感じです!」と照れながらも自信をのぞかせて語った

映画『ブルーヘブンを君に』 

■作品概要

不可能を可能にしてきた―園芸家・冬子、63歳。奇跡を信じて挑む、大空への壮大な「夢」とは――。

鷺坂冬子(由紀さおり)、63歳。誰にも作れないと言われた、世界初の青いバラ「ブルー・ヘブン」の生みの親として、園芸家としてはちょっとだけ有名だけれど、今は孫や家族に囲まれて暮らす普通のおばあちゃん。そんな冬子には、家族に言えない秘密があった。がんが再発して現在余命半年のステージ4と診断されたのだ。「治療に専念して余命を延ばそう。まだまだやり残したことがあるだろう!」主治医の川越(大和田獏)の叱咤激励に、冬子はある“やり残したこと”を思い出す。それは、ハンググライダーで空を飛ぶことだった。病気のことは内緒にしたまま、冬子は蒼太(小林豊)と正樹(本田剛文)の二人の孫とその友人で溶接工の夏芽(柳ゆり菜)を巻き込み、不可能と言われた夢にチャレンジしていく…。

 

 

 

《キャスト》

由紀さおり、小林豊(BOYS AND MEN)、柳ゆり菜、本田剛文(BOYS AND MEN)、おかやまはじめ、岩橋道子、

柊瑠美、鈴木信二、関口アナン、松嶋亮太、中田圭祐、小池里奈、田村侑久(BOYS AND MEN)(友情出演)、

寺泉憲、大和田獏、寺脇康文

 

《スタッフ》

原作『ブルーヘブンを君に』秦建日子

監督:秦建日子『キスできる餃子』『クハナ!』 脚本:秦建日子、小林昌

主題歌「愛は花、君はその種子」由紀さおり

2020年/93分/アメリカンビスタ

配給:ブロードメディア ©2020「ブルーヘブンを君に」製作委員会

https://blueheaven-movie.jp/

アーカイブ

映画祭一覧

愛知県内の映画祭をご紹介!