剣岳点の記 舞台挨拶雑記

やっほ〜

土曜日はベイシティで満員御礼

東映の坂上社長もいらっしゃいましたよ。大阪の支社長はんも。
さすが、名作映画の映像の魔術師 木村大作監督。
初監督にして、事実上は巨匠ですからね。

坂上社長から、松田くんがシャイであまりしゃべらないから、どんどん突っ込んで。といわれました。
龍平さんは何度もおあいしていますが、たしかにいつもインタビュアー泣かせですね。

浅野さんは、もう通算15回はお会いしているので、何を聞いて欲しいかわかっているつもり。
監督はほっとけば1時間でも話すしね。

監督からは「今日は役者のファンがいるからオレはあまり話さないから」とわれたんです。

ぶっきらぼうに指示をだす監督ですが、そんな心遣いが素敵です。
本番での
龍平くんは、一生懸命はなしてくれましたよ。ゆっくりゆっくりだけど、そこがなんだか、もちあじっていうか。

浅野さんは、10年前から変わらぬ、自然体。最近は笑いを誘う話のテクニックを覚えた?!(笑)
土曜日はベイシティのプレミアルームが楽屋でしたが、着替え室は別にあるのに
そこでお二人が上半身あらわにしてお着替え。
目のやり場に困りましたが、この映画を経験したせいなのか、どこでも着替えれるようになったとか。

気にしなくてはいけないことのポイントが変わったみたいです。

楽屋で浅野さんは、1人で座り、龍平君や、ヘアメイさん達がワイワイやっているのを
遠巻きにみてニコニコしているパターンが多い。
その隙に話しかけたりするんですけど・・
みなさんの反応が見たく、キャンペーンに回るのはすきなんだって。

ザ・仕事人、ザ・俳優ならではのお言葉です。

今度はいつ会えるのかな??

では日曜日 2日目舞台挨拶に続く。

(クドイ?)

アーカイブ

映画祭一覧

愛知県内の映画祭をご紹介!