竹中直人監督×山田孝之監督×齊藤工監督 共同制作 『音楽』大橋裕之の幻の原作を奇跡の実写映画化!「ゾッキ」

ミニシアターの公開ながら4万人動員の異例の大ヒットを産んだ『音楽』の作者であり、その独特な表現力が唯一無二の作家と称される天才漫画家大橋裕之の幻の初期作集「ゾッキA」「ゾッキB」を原作に、

日本を代表する俳優であり、クリエイターとしても異能示す竹中直人・山田孝之・齊藤 工の三人が映画監督として共同制作をした、奇跡の実写映画化である『ゾッキ』が、

3月20日(土)より蒲郡市にて先行公開、3月26日(金)より愛知県先行公開(※一部劇場を除く)、4月2日(金)より全国公開いたします。

 

映画監督として、8作目となるベテランの竹中、3作目の齊藤、映画作品初監督となる山田。キャリアの異なる3人ですが、共通して俳優として第一線で作品至上主義を徹底してきました。その上で枠にとらわれず、映画監督、プロデューサー、クリエイターとしても表現している3人が一丸となり、『ゾッキ』が生まれた原点である、大橋氏の生まれ故郷・愛知県蒲郡市でロケを敢行し、多彩なキャスト、Charaが音楽監督を務めるなど、それぞれのこだわりや人脈を集結させて制作!大橋裕之氏の初期短編集「ゾッキA」「ゾッキB」は、およそ30編の傑作短編作品が収録されており、本作はその中から多数エピソードを織り交ぜて構成し、脚本を舞台演出家・劇作家の倉持裕が書き上げた、ありふれた日常に巻き起こる、不思議な笑い包まれた、なんだかわからないけど、きっと明日を楽しくする、唯一無二のヒューマンコメディです。

物語の舞台であり撮影場所の愛知県蒲郡市の先行公開にあわせて、3月 20日(土) に東京都のスターライズタワー スタジオアースにてイベントが行われました。

【登壇者】鈴木福、九条ジョー(コウテイ)、松井玲奈、竹中直人監督、山田孝之監督、齊藤工監督、大橋裕之(原作者)

 

鈴木福さん、九条ジョーさん(コウテイ)、松井玲奈さんら出演キャストに加え、竹中直人監督、山田孝之監督、齊藤工監督が勢揃い。さらに、原作者・大橋裕之氏も駆けつけ、本作のキャチコピー<明日がちょっと、楽しくなる>をテーマに、撮影当時のちょっと楽しかったエピソードや今楽しみにしているちょっとしたことについて、エピソードを披露!大盛りあがりのイベントとなりました。

唯一無二の作家と称される漫画家・大橋裕之による幻の初期作集『ゾッキA』『ゾッキB』を、竹中直人、山田孝之、齊藤工の三人が映画監督として共同制作。

レンタルビデオ屋で退屈なアルバイトに従事する伊藤役の鈴木は「今までにないような役だったので、戸惑いながらも、楽しく撮影ができました。

アルバイト経験がないので、実際にアルバイトをするとこんな感じなのかな?と楽しく演じることができました」と回想。

それに対し竹中監督は「キャスティングの決め手は、声色と一言。以前、一緒に朗読劇を演じたことがあるのですが、その時からいいなと思っていました。キャスティングの段階でもう役はできているので何も言うことはありませんでしたね」と鈴木のなりきりぶりを絶賛していた。

特殊メイクで白塗り&スキンヘッドといういで立ちで幽霊のような女役を演じた松井は「私は何かにつけて幽霊を演じることが多くて、今回も『こんなに素晴らしい幽霊のような役は二度とできない!』と、すぐにお返事をしました」と抜擢に大喜び。これにも竹中監督は「抜擢理由は声色。」と答え、続けて「そして振り向いた時の姿と首の線。この役はもう松井さんしかいない!と思った」と太鼓判を押していた。

会ったことのないクラスメイトのお姉ちゃんに恋をしてしまう伴くん役の九条は、齊藤監督直々にバリカンを入れて、坊主頭姿で熱演した。「坊主への抵抗感はありましたが、工監督は『行くぞ!』と頭の真ん中から刈られた。これはやられるわあ…と思った」と笑わせつつも「自分の姿を鏡で見たら、伴君がそこにいたんです!さすが工監督!」と自画自賛。

演技初挑戦の九条の自信に齊藤監督は「伴君がそこにいたって自分で言えるのは凄い」とニヤリとしていた。

山田監督は、愛知県蒲郡市でのロケを振り返り「蒲郡の方々の全面バックアップのお陰で苦労なく撮影できました」と全面的な協力に感謝し、同地出身の大橋は映画の完成度に「自分の原作漫画よりも面白い。演じた皆さんもバッチリでした」と胸を張って送り出していた。

本作のキャチコピー<明日がちょっと、楽しくなる>にちなんで、“ちょっとだけ楽しかった撮影エピソード”を発表するトークの流れで鈴木は「自分の中で発したことのない言葉や書いたことのない言葉を書いたりして…。自分の殻を破ったというか、今までにない色々な経験をさせていただきました」と新境地開拓を宣言。今作のオファーをドッキリだと思っていたという九条は「工監督の指示を仰いで演技をする。そういったやり取りを密に取ることができたのが楽しかった」と齊藤監督との充実した時間を紹介した。

松井は「夜の移動車の中で自分の姿がバックミラーに写ると本当に幽霊みたいに見えたので、心霊写真を偽造するかのうように撮影をしていました。それがちょっと楽しかった。映画が公開してしばらく経ったらその写真をSNSにシレっと載せたい」と予告していた。

竹中監督は「撮影の準備中に学校の体育館の裏にタバコを吸いに行ったことがちょっと楽しかった」と不良気分を味わったよう。ドレスコーズの志磨遼平さんも一緒だったとかで、大の大人二人がこっそり行った撮影合間のエピソードを披露していた。

齊藤監督は「親友役の九条さんと森優作さんが本当に仲良くなって、大浴場でセリフ合わせをしている姿を見るのが楽しかった。撮影では、二人のその空気感を撮るだけで良かった」と自身が演出を手掛けた役者陣への信頼を明かしている。

一方の山田監督は「僕は誰とでも仲良くなれるタイプだけれど、苦手な人が5,000人くらいいる。そんな人の家の近くに毎晩行って、10センチくらいの深さの落とし穴を掘るのがちょっとした楽しみです」と謎の大喜利コメントで笑いを誘っていた。

会見終盤には、本日65歳の誕生日を迎えた竹中監督にサプライズで、愛知県蒲郡市の特産品として知られるみかんをデコレーションした『ゾッキ』特製のバースデーケーキをプレゼント。登壇者全員で65回目の竹中監督の誕生日を祝福した。気色満面の竹中監督は「2018年5月に原作漫画を読んで映画にしたいと思い、タイミングよくそれが実現。蒲郡に深く関われたことは最高の時間でしたし、再び蒲郡で映画を撮りたいと思います。全国公開までドキドキですが、本気で思えば夢は叶います!」とポジティブなメッセージでイベントを締めくくった。

 3月20日(土)は原作者・大橋氏の出身地であり、本作の撮影を行った“愛知県蒲郡市”とコラボレーションした「ゾッキの日」イベントを予定していたものの、新型コロナウィルス感染拡大による緊急事態宣言の延長により、悔しくも実施延期に。

本イベントは、蒲郡市での先行公開記念、そして全国・愛知での公開を直前に控えたタイミングということで、TikTokでその模様を全国に生配信で中継した。イベント中に発生した宮城県沖の地震は会場でも震度3を記録。一時、安全を優先して生配信も中断となったが、揺れを感じる中、登壇者である齊藤工監督や竹中監督らが場内に集まっているスタッフやマスコミを気遣う一幕もみられ、無事にイベントは幕を閉じました。

映画「ゾッキ」

出演:吉岡里帆 鈴木福 満島真之介 柳ゆり菜 南沙良 安藤政信 ピエール瀧 森優作 九条ジョー(コウテイ) 木竜麻生

倖田來未 竹原ピストル 潤浩 松井玲奈 渡辺佑太朗 / 石坂浩二(特別出演)/ 松田龍平 / 國村隼

 

監督:竹中直人 山田孝之 齊藤 工

原作:大橋裕之「ゾッキA」「ゾッキB」(カンゼン刊) 脚本:倉持裕 音楽監督:Chara 主題歌:「私を離さないで」Chara feat. HIMI

 

 

 

宣伝:ガイエ 配給:イオンエンターテイメント ©️ 2020「ゾッキ」製作委員会

公式サイト:zokki.jp 公式Twitter・Facebook・インスタグラム:@zokki_movie

4/2(金)全国公開・3/26(金)愛知県先行公開※一部劇場除く

 

 

 

アーカイブ

映画祭一覧

愛知県内の映画祭をご紹介!