One Frame Theater Vol.6『太陽は動かない』

3月の「One Frame Theater」は、心拍数あがりっぱなしのノンストップ・サスペンス『太陽は動かない』を紹介します。

原作は「怒り」「悪人」などヒット作を生み出し続ける吉田修一のサスペンス巨編。藤原竜也と竹内涼真が、心臓に爆弾を埋め込まれた秘密組織AN通信のエージェント鷹野一彦と田岡亮一に扮し、次世代エネルギーの極秘情報を巡る攻防戦に命がけで挑んでいくストーリーです。

太陽は動かないでバディを組んだ藤原竜也と竹内涼真

藤原竜也と竹内涼真が情報を売買する秘密組織の精鋭エージェントに

東欧ブルガリアで約1か月のロケを敢行した本作。市街地の道路を完全封鎖して撮影されたカーアクションや走行する列車内での激しいアクションを『海猿』『MOZU』シリーズも手掛けた羽住英一郎監督が、壮大なスケールで撮りあげています。しかも、そのほとんどが俳優陣によるもの。バイクで引きずられたり、陸橋からダイブしたり、ドキドキがとまりません。

猛スピードで走る列車内から身を乗り出すアクションもスタントなしで演じている

あとは24時間ごとに死の危険が迫るドキドキ感。ふたりの心臓には小型爆弾が埋め込まれており、24時間ごとに組織に定期連絡しないと爆発してしまうのです。心臓が爆発する恐怖を抱えながらミッションに身を投じる鷹野と田岡、極限まで追い詰められる中で繰り広げられる激しい情報の争奪戦から目が離せません。その情報の争奪戦に参戦するのが、韓国の人気女優ハン・ヒョジュと韓国の演技派ピョン・ヨハン。敵対するふたりとの頭脳戦やアクションにも注目です。

心臓に爆弾が埋め込まれ24時間ごとに死の危険が迫る

ちなみに日本各地でもロケが行われていて、愛知県芸術文化センターや名古屋東急ホテル、三重県の答志島でも撮影が行われているんですよ。滞在中は、地元飯も楽しんだそう。観終わったあとロケ地巡りをして楽しむのもいいですね。シネピーでもロケ地紹介をするのでお楽しみに。

©吉田修一/幻冬舎 ©2020「太陽は動かない」製作委員会

予告編

 

太陽は動かない(2021年3月5日公開)
監督:羽住英一郎 原作:吉田修一 脚本:林民夫 音楽:菅野祐悟 主題歌:King Gnu「泡」(ソニー・ミュージックレーベルズ)
出演:藤原竜也 竹内涼真 ハン・ヒョジュ ピョン・ヨハン 市原隼人 佐藤浩市
上映時間:110分
配給:ワーナー・ブラザース映画
公式サイト https://wwws.warnerbros.co.jp/taiyomovie/

企画・構成 にしおあおい イラスト のらくら

アーカイブ

映画祭一覧

愛知県内の映画祭をご紹介!