2月26日(金)本日公開!「あのこは貴族」岨手由貴子監督インタビュー

 

門脇麦×水原希子×岨出由貴子×原作・山内マリコ

今もっと旬なキャスト、監督、原作者のアンサンブルが都会を舞台に織りなすシスターフッドムービー。

「アズミ・ハルコは行方不明」「ここは退屈迎えに来て」の山内マリコさんの原作の映画化。

東京の上流家庭に生まれ育った「箱入り娘」華子と、猛勉強して富山から名門大学に入るが、家庭の事情で仕送りを切られなくなく中退した「上京組の美紀、この異なる環境を生きる二人の女性はやがてすこしだけ人生を交差させ、それぞれお人生を切り開いていきます、 出身地、学校、会社、など選別され続けることによる生きづらさをしっかり抑えつつ、その中で自分自身を見つけていくという小さな希望を教えてくれます。

山内マリコさんの文体そのものの雰囲気、そして台詞回しも印象的。

裕福な家庭に育った主人公の榛原華子を演じるのは、門脇麦。もう1人のヒロイン時岡美紀には、モデル・デザイナーなどマルチに活躍する水原希子。同世代を代表するほとんど真逆とも言える2人の個性溢れるわずかな共演シーンは本作の大きな見どころ。

2人を結びつけることになる若き弁護士に高良健吾。華子の親友で自立した世界感を持つヴァイオリニスト逸子に石橋静河、美紀と同じ地方出身者の平田里英に山下リオと実力派ぞろい。

監督は初のオリジナル長篇「グッド・ストライプス」で新藤兼人賞金賞を受賞した、若き俊英岨手由貴子。アドリブを生かした抜群の演出センスで女性達の葛藤と成長を生き生きと描く。

公開前に岨手由貴子監督の独占インタビューをさせていただきました。映画監督になるまでの軌跡をちょっぴりお聞きしています。

 

あのこは貴族

2月26日(金)全国ロードショウ 「あのこは貴族」

配給:東京テアトル バンダイナムコアーツ

(C)山内マリコ/集英社・「あのこは貴族」製作委員会

アーカイブ

映画祭一覧

愛知県内の映画祭をご紹介!