10月23日(金)公開『リトル・サブカル・ウォーズ 〜ヴィレヴァン!の逆襲〜』主演の岡山天音さんインタビュー

「ヴィレッジヴァンガード」を舞台に笑って泣ける青春ドラマが劇場版で登場!

名古屋が⽣んだ、遊べる本屋「ヴィレ ッジヴァンガード」。その個性出し過ぎな、誰かの”好き“で溢れかえった本屋を舞台に、⾃称「空っぽ」の杉下とその仲間たちが過ごしたハチャメチャで刺激的な⻘春の⽇々を描いたドラマ「ヴィレヴァン︕」。

2019 年5 ⽉14 ⽇か ら6 ⽉25 ⽇にメ〜テレのテレビドラマで放送され、深夜にも関わらず、名古屋を中⼼としたサブカル戦⼠たちの熱いハートに⽕をつけ、カルト的⼈気を誇った本作。

すでにお伝えしてますように、この秋、第⼆弾となるドラマ「ヴィレヴァン︕2〜七⼈のお侍編〜」(2020年10月26日(月)より放送開始/全6 回)の放送が決定、そしてドラマに先駆け10 ⽉23 ⽇(⾦)からは、映画『リトル・サブカル・ウォーズ 〜ヴィレヴァン!の逆襲〜』が公開となります。

そこで今回は、本作の主人公・杉下を演じた岡山天音さんにお話を伺いました。岡山さんといえば、今やドラマや映画に引っ張りだこな若手個性派俳優。その出発点は…名古屋とのつながりもお話ししてくださいました。

Q ドラマが映画になると聞いた時はどんなお気持ちでしたか?

岡山 :ビックリしましたね。想像もしてなかったので、嬉しいよりも「ほんとですか?」という気持ちが先にきました。その時に、映画化も目指しているというお話を聞いて、本当にビックリでした。

Q 同じ役を長く演じる機会もそうそうないですよね?

岡山: 朝ドラ(NHK 連続テレビ小説)の「ひよっこ」という作品で、スペシャルドラマという形で帰ってきたことはありましたけど、短い時間での出演でしたし、人物としても、ある意味突出したキャラクター(マンガ家の卵、新田啓輔役)だったので、しおりを自分の中で挟んでおきやすかったんですけど、今回は、主演で出番も多いし、同じ「杉下啓三」をできるのかなあと思ってました。でも、再現ではなく、更新していけばいいんだって解釈を変えてからは、どんどん楽しみのほうが増しましたね。

(前回のSpecialイベントの写真)サブカルフェスタの記事はこちら!

 

Q 杉下自身も、ヴィレヴァンで働くうちにどんどん変化していくキャラクターですもんね?

岡山 :そうですね。月日を経て変化していく杉下って男にアプローチしていけばいいのかなと。

Q 撮影はイオンモール名古屋茶屋で行われたんですよね?第一章の撮影も名古屋で?

岡山 :前作も本店で二日間ぐらいは撮影があったんですけど、基本的には東京の店舗での撮影でした。

Q 名古屋ってどんな印象です?

岡山 :僕、事務所に入る前に出演させていただいた、最初のドラマが名古屋の NHKだったんですよ。

Q 中学生日記ですね?

岡山 :そうそう。それで名古屋は、自分にとって特別な場所なんですよね。今回は、いつも(名古屋に来ると)行っているようなお店には行けなかったんですけど、撮影現場に向かう途中で、あ~この感じ、この景色、っていうものを久々に見ることができて、名古屋の空気も吸えて心地よかったです。

Q 名古屋メシの印象は?

岡山 :(中学生日記の)監督が、名古屋の方だったので、あんかけパスタを教えてもらって食べたり、メ~テレで撮影がある時には、矢場とん(みそかつで有名なお店)に行ったりもしました。

Q 名古屋の人たちの印象は?

岡山 :空気感が柔らかい方が多いですよね。仕事でお会いするスタッフさんやメ~テレの方は、みなさん穏やかで。愛情深いまなざしで見守ってくれてる感じがします。

Q ヴィレヴァンの共演者も愛知出身の方が多いですけど、再会はいかがでしたか?

岡山 :フルメンバー揃って「ヴィレヴァン」の撮影ができるのは、本当に運に恵まれているというか、同じ作品を、またみんなで一緒に作り上げるのは稀なので、再会High!になっちゃって、初日にみんなと再会した時はすごくお喋りしちゃいました。みんな楽しくて、優しい人たちばかりなので、現場も変わらずでした。

(前回のSpecialイベントの写真)右:本多力さん

Q 山本昌男役の本多さんとも楽しそうでした!

岡山: 本多さんのルーツは演劇で、キャリアも全然上なんですけど、本当に壁を作らない方なんですよ。なんか無茶ぶりをしてしまいたくなってしまうような、(現場では)スタッフさんからもいじられて愛されている、僕には絶対マネできない、すごくレアな才能だなあと思います。現場には、尊敬できる方がたくさんいるので、盗めるところは盗みたいなという姿勢で臨んでいるんですけど、本多さんのあれはマネできない。お芝居もオリジナルなものですし、毎クールどこかしらのドラマに出演されてて、愛される方だなあと思います。現場では一番近い存在のお兄さんで、スケジュールがハードな中で、精神的に支えられましたし、大好きになりました。

Q ヴィレヴァンとかにはもともと通っていたりしたのですか?

岡山 :通っていましたね。地元にもあったので。サブカル大好きでしたし、大好きな場所でした。

Q ヴィレヴァンってお店の中を見ているだけでも楽しいですよね?

岡山: 目的がなくても入りたくなるお店って他にないんじゃないかなーって思うぐらい唯一無二。誰しもが、一度は行ったことがあるんじゃないかってぐらいに、サブカルに興味がないひとでも楽しめる。そういうお店作りはすごいなと思います。

Q ポップをみるだけで楽しいですよね!

岡山 :ポップは店舗ごとに店員さんが手書きで書かれていますが、すごいなあと思います。

Q 演じた杉下じゃないですけど、岡山さん自身ヴィレヴァンや商品についても詳しくなりましたか?

岡山: 撮影の空き時間に店内を見て回って、どこに何があるかは一通り把握していました。その時欲しいもの見つけたら「あとで絶対これ買おう!」って決めておいて、閉店間際の隙間時間を見つけてレジにもっていったりして…、楽しかったです。ヴィレヴァンって(圧倒的に)物量が多いので、お客さんとしてお店に立ち寄るだけだと、見逃してしまうような面白いものがたくさんあるんです。最近、いろんなことで合理化が進んでいますが、寄り道しないと得られない発想もあると思うので、そういう時間って大切だなあと。

Q 劇場版は杉下が愛するサブカルが有害とされてしまう世界のお話です。

岡山 :予想外の展開でしたけど、監督からは「ヴィレヴァン!」を映画でやるからには、ドラマの延長の世界観でやるよりも、ふりきりたいと。

Q 同時にドラマも撮影していた?

岡山 :厳密にいうと、ドラマと映画が入り混じっての撮影だったんですけど、基本的には、映画の撮影が一通り終わってからドラマの撮影に入るっていう流れでした。映画の撮影は時系列通りではなかったし、ちょこちょこドラマのシーンも入ってきたので、少しカオスな感じではありました。

Q 雰囲気としては、ドラマシーン〇〇です!次は劇場版のシーンです!みたいな感じで?

岡山:そうですね。

Q 劇場版では、同じ場面が繰り返されるシーンもあります。

岡山: そういったシーンにも、監督はサブカル映画のオマージュをいれてるらしくて。僕は把握しきれてないんですけど、観る人によっては一味も二味も違う楽しみ方ができるんじゃないかな。変わったお話ですよね。ほんとに。

Q 本が消えるとかビートルズがなくなる世界はありましたけど、まさかサブカルがなくなる世界が映画になるとは思いませんでした。

岡山 :ここまでバカバカしさに振り切った映画はないと思います。

Q 印象に残っているシーンは?

岡山 :予告にも使われているんですけど、クライマックスで、(敵対する)ヒール役の萩原さんと安達さんとサブカル警察の面々と、ヴィレッジの店員たちが向き合うシーンがあるんですけど、あそこはすごく不思議な感覚がありました。本番が始まるまでに、意図的に自分で感情や思いを積み上げてスタートさせるってことよりも、シーズン1をみんなで一緒に走り切った(という気持ちが)のがあって、みんなが後ろにいて、森川葵ちゃん演じる小松さんが横にいてくれて、あの場に立っているだけで、台本を読んでいる段階では想像しなかった感覚、感情みたいなものがにじんでくる感触があったんです。それって続編という形ならではだなあと思いましたし、ただただ続編であればそういう不思議な現象がおこるのかっていうとそうではなく、なんかヴィレヴァンパワーなのかなあって思ってしまいました。本当に青春みたいな感じで楽しくて、まぶしくて、そういう特別な時間を共有した人たちと、目の前(にたちはだかる)の壁みたいなものと対峙したときに、自分でも予期しなかった感情が自然と沸き上がってくる感触があって、背中を支えられて。そこは面白かったですね。こんなことがあるんだなあっていう。

Q 杉下がレジェンド店員になるまで続くといいですね。

岡山 :ドラゴンボールみたいに主役が変わっていくというストーリーも面白そうですね。世代交代していきたいですね。そうなると、もうなんのドラマだって感じですけど 笑

Q この映画をご覧になる方へのメッセージを!

岡山:仮に誰とも共有できずとも、自分の中で確かにある好きなものとか、自分がこうしたいものに素直に耳を傾けられるきっかけになる作品だと思います。ポジティブでポップで深く考えずに楽しめる作品だと思うので、元気がなくなった時にも、劇場に足を運んで楽しんでいただきたいです。

(インタビュアー:松岡ひとみ 文:にしおあおい)

【プロフィール】

岡山天音 おかやま あまね

1994 年東京都生まれ。2009 年に NHK 名古屋制作のドラマ『中学生日記』で俳優デビュー。2017 年、NHK 連続テレビ小説『ひよっこ』では売れない漫画家役を好演。同年公開の『ポエトリーエンジェル』で第 32 回高崎映画祭最優秀新進男優賞を受賞。2018 年公開の『愛の病』では第 15 回アジアン・フェスティバル・ボローニャで最優秀男優賞を受賞した。近作に『新聞記者』『王様になれ』『そして、生きる』『ワンダーウォール 劇場版』『青くて痛くて脆い』『テロルンとルンルン』がある。ほか『ホテルローヤル』『おらおらでひとりいぐも』の公開を控えている。

 

 

 

 

【作品詳細】
映画『リトル・サブカル・ウォーズ 〜ヴィレヴァン!の逆襲〜』 10 ⽉23 ⽇(⾦)公開
公式サイト https://www.nagoyatv.com/vv_movie/
メ〜テレドラマ「ヴィレヴァン︕2 〜七⼈のお侍編〜 」 2020年10月26日(月)より放送開始
公式サイト https://www.nagoyatv.com/vv2/
<Story>
⾃称「空っぽ」の⼤学⽣・杉下啓三は、ヴィレッジヴァンガードで儲け度外視で集められたガラクタや、
常識 からかけ離れた変⼈バイトたちに囲まれはちゃめちゃで刺激的な⽇々を送っていた。
そんな、刺激にも慣れ始 め早1 年、平和だが、何かが⾜りていないことに気づく。
この世から“サブカル”がなくなっていたのだ︕サブ カルを、カルチャーそのものを取り戻すべく、
杉下の壮絶なバトルがいよいよ幕を開ける!
出演:岡⼭天⾳、森川葵、最上もが、本多⼒、柏⽊ひなた(私⽴恵⽐寿中学)、
⽔橋研⼆、落合福嗣、⼩林豊 (BOY SAND MEN)、⼤場美奈(SKE48)/
萩原聖⼈、安達祐実/平⽥満・滝藤賢⼀

監督:後藤庸介 脚本:いながききよたか
制作:コギトワークス 配給:イオンエンターテイメント (c)2020 メ〜テレ

アーカイブ

映画祭一覧

愛知県内の映画祭をご紹介!