大人の遠足

大人の遠足といってもエッチな想像はしないように。

オーバー35の男子1名女子5名が日曜日17:00にJR千種駅に待ち合わせ、
美味しい食材をいただくために特急電車に乗り、ジャンボタクシーをチャーターして
目的の店「柳家」へ。

天然ウナギや、山女魚など魚が多かった夏の「柳家」。
秋の「柳家」はどうなんでしょう。

秋から冬にかけてのジビエ料理は「熊」。そうです、あの熊さんです。
しかも北海道産のヒグマです!
熊の肉はクサイ、臭うなんて誰が言ったのよ。

大将曰く、仕留めた直後の猟師の仕事が、肉の味がまずくなるか、美味しくなるか左右させるそうです。そういえば、ションペーン監督の「イントゥ・ザ・ワイルド」も主人公が猟をしてしとめた動物の処理がおそくて腐ってたな。
P1010071.JPG
このようにして焼くと脂が落ちるので、食してもいやな脂の味は残りません。
脂身が美味しいと感じたのは初めて。
P1010080.JPG大将のファイヤータイムのあと、柔らかな熊肉のロースをいただきまし。
お父さんが3時間、火の番をしながら説明をしてくれます。

お父さん.jpg
そして、北海道発、エゾ鹿。

フランス料理ではこの時期にいただきますが、
ロースの脂がジューシー!お肉は箸できれるほど柔らかく・・・

素材がいいとソースとか雰囲気とか、な〜〜んも関係ないね。

素材の味だけで食す。

さすが、イタリアン、フレンチの巨匠たちが通いたくなる店ですわ。

あじめどじょうは「天然記念物」。申請すればこの地方は食べれるそうです。

塩加減がバツグン。
P1010066.JPG
大根は箸休め。
冬大根をスライスして、塩でたべるだけのシンプルな物。
お肉の味を楽しむために余分なものは一切なし。
P1010068.JPG
最後は「天然猪鍋」
きのこと野菜がたっぷりはいった味噌味。
ここんちの猪は煮込んでも柔らかい。
小野.jpg

シメはとろろ麦飯。
どろん、としたものでなくスープのようなとろろ飯。
サラサラ〜とお茶漬けのようにして・・ハイ。2杯ちょうだいいたしました。
P1010091.JPG
お土産のみかんを帰りの電車で食べながら、
「肉談義」。
舌に残る肉の弾力を思い出しながらの肉談義。
P1010093.JPG

冬はやっぱり、鴨ですよね〜
真鴨?そんなもの邪道だそうで、

足が灰色の鴨?名前はわすれたけど・・。

とにかく鴨づくしだそうです。

次回の大人の遠足はいつにする?!

アーカイブ

映画祭一覧

愛知県内の映画祭をご紹介!