アカデミー賞決定・・私の予想は?!

今日は友人達とアカデミー賞鑑賞会。
毎年、この日を楽しみにしているのだ。
ピザとチキンスナックで気分はアメリカ〜〜ン。さて、わたくしの予想は
半分当たり。
助演女優賞は意外でした。
ケイト・ブランシェットにあげたかったにな・・

エディット・ピアフの主演マリオンが主演女優賞を獲得したときはうれしくて涙が出てきた。
ほんとに彼女はよく演じました。おめでとう!
白いドレスも素敵でしたわ。

作品&監督そして、水牛男ハビエル・バルデムの助演賞と脚色賞
堂々の主要4部門受賞は「ノーカントリー」。
コーエン兄弟の勝利は予想通りですね。
役のハビエル・バルデムは水牛男ですが、実際はスパニッシュ濃い顔で私好み。ウフ。あそこまでおそろしい殺人鬼になりきるとはスゴイ。

ジョージ・クルーニ様は、ガールフレンドとレッドカーペット
コダックシアター内でも彼女と一番前の席に。
もう、ジョージなんてし〜らない。

すでに私は次なるターゲットをみつけたもんね〜。
「つぐない」のジェームズ・マカヴォイ クン
いや、ペネロピのジェームズ・マカヴォイ のほうが好き。
今回授賞式でチラリと移っていましたわん。左の男の子。S001

てなわけで一年でもっとも楽しみにしている映画の祭典が終わっちゃいました。さみしいわぁ
あとは女優が着ていたドレスのメーカーチェック!
早くファッション誌が読みたいです。

*今夜は「ジャンパー」の試写会。
いつでもどこでも好きな場所に瞬間移動できるテレポーター「ジャンパー」。
NYのペントハウスに住み、朝起きたらすぐに瞬間移動でパリのカフェでカフェオレを飲み、お昼はスフィンクスの上でランチ、午後はフィジーでサーフィン[m:80]わたしも夢のような能力がほしいぃ!
ジャンパー役のスターウォーズシリーズのアナキンでお馴染み、ヘイデン・クリステンセンと対決するのはサミュエル・L・ジャクソン。アクションシーンは瞬間移動しまくりでスピードについていけないっ!けどオモシロ一。
・・・ライフセーバーは登場しませんのであしからず。
監督はMr&Mrsスミスのダグ・リーマン
『ボーン・アイデンティティー』の監督さん。

ボーンの次は『Mr.&Mrs. スミス』。激しい夫婦喧嘩の映画でしたね。『ジャンパー』脚本のサイモン・キンバーグは、『Mr.&Mrs. スミス』がデビュー作です。スミスは大学院の課題で書いたらしい。

脚本で思い出した!
今回「JUNO」でアカデミー脚本賞に輝いたのは元ストリッパーの脚本家として、一躍注目を浴びているディアブロ・コディ。なかなかの美人さんです。N0013000

右腕のタトゥーをあらわにしたヒョウ柄のドレス姿が型破りでいいね。次回作は“Jennifer’s Body”。ヒロインは『トランスフォーマー』のミーガン・フォックス。穏やかな町に住んで申し分のない人生をおくるチアリーダーのヒロインが、何かに取り憑かれるようになって自分を求める若い男たちを殺し始め、彼女の生活はめちゃくちゃになってしまう、といったストーリー。おもしろそう!

アーカイブ

映画祭一覧

愛知県内の映画祭をご紹介!