「サウスバウンズ」取材

今日は「サウスバウンズ」
T川さんと森田監督のインタビューでした。Img_3544

監督とは、「間宮兄弟」ですっかり信頼していただけてます。
だからこそよけいに、何度も映画を見直し、入念に各シーンをチェック。 
今日も顔をみるなり、「おお、松岡さん!久しぶり会えて良かったよ」と声をかけてくださった。
地道に真面目に続けていてよかったと思う瞬間です(感涙)

「サウスバウンズ」は
国家に飼い慣らされていることを断固拒否する型破りな元過激派のオヤジとその一家を描いた作品。家族のズレ、時代のズレ、国家と国民のズレ、この映画は世の中の「ズレ」をおもしろ可笑しく映画いています。
森田監督の笑いは「間合い」が心地よいのです。
この独特のテンポはどうやって生まれるのでしょうか。

森田監督の新聞用の単独取材の前に、T川さんと子役の松本りなちゃんのTV 取材。部屋にinするなり「ちょっといい?」担当者に呼ばれる。

あのさ、昨日の地方取材でアホな質問が多くて、お二人とも呆れているんだよね。今日もまだ引きずっていて、T川さんちょっとご機嫌ナナメなんですよぉ・・・・・・

ま、またかぁ〜〜〜!!
S尻さんの事が蘇る私。

しかし、ここで何とかしていい質問をし、自分にも自信を付けなければ!と身を引き締めたわけです。
いい質問というのを改めて考えた。
俳優がきいて欲しいのは何か。

はへ〜緊張の15分。
まぁ、雑談にもっていけたので、大丈夫でしょ。
T川さんもよく話してくれたしね。
というか、回りが気にするほど彼はむつかしくないですから〜

その後の森田監督の取材はリラックスしてできました。
前半はほとんど、私の感想を監督に聞いてもらったようでしたが(汗)Img_3545

取材した記事は、まもなく中日新聞広告ページにのりますのでごらんくださいませ

Banner_04_2

アーカイブ

映画祭一覧

愛知県内の映画祭をご紹介!