10月21日酒井家のしあわせプレミア試写会

すでに一週間がたってしまいましたが、ご報告。

三重県の伊賀上野が舞台となるハートウォーミングな家族ドラマ「酒井家のしあわせ」のプレミア試写会が行われました。
私の写真がないのは司会だからです・・ぐす。
Img_0556

本作の脚本は
伊賀上野出身のオ・ミポ監督のオリジナルでサンダンスNHK国際映像作家賞を受賞。
シノイプスやテーマの良さが評価されたのだ。

この脚本に目をつけたのは
製作会社ビーワイルド社長。なぜなら彼も伊賀上野出身なのです。
そして友人の椎名桔平さんをプロデューサーに声をかけ映画が作られたのです。
*ビーワイルドは「風花」「血と骨」「雪に願うこと」「天使の卵」など製作。

キャストは天才子役の森田直幸、友近、ユースケサンタマリア。
斬新なくみあわせでしょ!
ユースケさんのおとぼけ父ちゃんぶりは他ではなかなか見られません。
変幻自在のキャラ姉さん 友近さんのお母さんぶりは
とても自然でどこにでもいそうな田舎のしっかり者のおかちゃんに扮している。

森田君は文句なし。血と骨の演技でその実力派実証済み。
Img_0549_1

さて、舞台挨拶も記者会見も和気藹々と楽しい雰囲気。
ユースケさんのテンションはこの日もかなり高め。

時間の都合上、色々つっこんでしまってすんません!

オ・美保監督はあいかわらず背はちっこい。でも一年前にくらべるときれいになっていた。目標を一つクリアしたからかな。きらきらしていました。

伊賀上野では11月18日から公開。
ご当地だけじゃなく、全国的にヒットして欲しい。
14歳の男の子が両親の関係、家族の関係にもがく様を
笑いと涙で描いていく。
仲良し家族だったのに突然義父が家を出て行く。その理由が可笑しくて
シリアスな場面なのに笑っちゃう。あのときの森田君の顔。うまかった!
ま、みてくださいよ。ほのぼのした気分になれるよ。

http://www.sakaike.jp/

389_1

 

血と骨 通常版

血と骨

交渉人 真下正義 スタンダード・エディション 交渉人 真下正義
日本のこわい夜~特別篇 本当にあった史上最恐ベスト10 日本のこわい夜~特別篇 本当にあった史上最恐ベスト10

 

アーカイブ

映画祭一覧

愛知県内の映画祭をご紹介!