欲望のバージニア

今、日本が禁酒法の時代だったら・・と思うと昨日のモエイベントもオクトーバーフェスもないんだ!
8月3日から公開の映画「欲望のバージニア」

アメリカ禁酒法時代に実際にあった復讐劇を映画化。1931年、密造酒ビジネスで名を馳せたボンディランド3兄弟。新しく町に着任した特別補佐官レイクスは高額の賄賂を要求するが、兄弟はこれを拒否。するとレイクスは、脅迫や暴力によって兄弟の愛する女性や仲間たちに危害を加えていく。


ということは華麗なるギャツビーのギャツビー様の家で繰り広げられるパーティーは禁酒法時代の話なので
フランクリンから仕入れていたのか?!といろんな想像をしてしまったわ。

禁酒法時代、バージニア州南部のフランクリンという場所は、世界の密造酒の首都とよばれていた土地。
現代もケンタッキー州など酒造りが盛んで、この物語でも自然に囲まれた牧歌的な風景の中で銃撃戦が繰り広げられます。
また、兄弟と補佐官達の抗争は銃だけじゃなく、ナイフやメリケンサックも登場して生々しい血の争いを見せていく。

次男のメリケンサックに殴られたらかなりいたいだろうな・・

肉体と肉体のぶつかりあいは、男っ気たっぷりの3兄弟の信念と復讐を強めていき、ひりひりするような野性味溢れる男達の魅力がラストに全開!
アメリカ映画ですが、ちょっとフランス映画風の映像も気に入ってます。撮影監督がフランスで修行した人だそうです。

憎たらしくて潔癖症の補佐官をガイ・ピアースが演じているのですが、これがもう、ほんとにむかつくんです。
さらに屈強な次男をトム・ハーディ。
彼は時期ジェームズボンドの候補にもなってましたね。
声がシブイ。
頑張り屋の三男はシャイアくん。トランスフォーマーでスピルバーグの秘蔵っ子となっただけあって
若いのに演技力は抜群です。
その恋人はアリスインワンダーランドのミアちゃん。
謎の女にはジェシカ・チャスティン
このキャスト陣すごいですよね〜

アーカイブ

映画祭一覧

愛知県内の映画祭をご紹介!