外事警察 渡部篤郎さん

NHKドラマ 外事警察が映画化に。

主演はドラマから続投の渡部篤郎さん、尾野真千子、遠藤憲一 石橋陵などに加え
真木よう子とキム・ガンウが参戦。
巧妙に仕掛けられた数々の罠と一秒も気を抜けないスピーディーな展開で緊張感たっぷりで楽しめる第一級のサスペンスエンタテインメントです。
渡部さんは住本という警察内部からも魔物とよばれている男で
一体何を考えているのか素顔がわからない。
この役は渡部さんにしか演じることの出来ない難役だと思います。
住本に騙されないよう、伏線も丁寧に見逃さずに観賞してくださいね。
ただ、映画では意外にも他者を信じているように思えたのです。
住本の人間性が垣間見えてくるのです。
しかし、外事警察なんてしらなかったな。
トップシークレットな存在で、他国の諜報部員との接触は常にあるというじゃないですか。
ほんとに映画のようなホントの話。
手持ちカメラでNGなくカメラを回し続けるという撮影手法がよりリアリティを醸し出しています。
そんな渡部さんにインタビュー。
実は緊張。なぜならな昔インタビューしたとき恐かったから。
今回は、歳を重ねたせいかまるくなっていて
よく話をしてくださいましたので安心したのか
最後の質問・・というより告白?!をしてしまいました。
「以前、渡部さんにお会いした時すごく恐かったんですよ」と。
そしたら「俺、名古屋で舞台挨拶やってないですよ」
「人違いだよ」と笑いながらいいつつも、考え直して
「静かな生活?」
「あれだったら俺も恐かったよ〜」
「今日はやさしくてよかったです」
と話したあとの写真撮影なのでかなり渡部さんは、素の顔になってますw
渡部篤郎.jpg
この模様は中京テレビラッキーブランチ!などで放送される予定です。

アーカイブ

映画祭一覧

愛知県内の映画祭をご紹介!