エリコのフォトdeシネマ♪ Vol.80『L.A.コールドケース』⁣⁣⁣公開中!

90年代、世界を震撼させた未解決事件を映画化⁣

『L.A.コールドケース』⁣

1990年代、米国ヒップホップ・シーンは、「デス・ロウ・レコード」(西海岸)と、「バッド・ボーイ・レコード」(東海岸)が対立。⁣
その「東西抗争」はエスカレートして、96年9月にデス・ロウ所属の人気ラッパー、2パックが、翌97年3月にバッド・ボーイ所属の〝ノトーリアス・B.I.G.(通称ビギー)”が射殺された。⁣
90年代前半は映画に出演するラッパーが多くて⁣
ヒップホップに疎い私も『ジュース』(92)の2パックは知ってたし、殺されたと知って衝撃を受けたっけ。⁣

なぜ人気ラッパー2人が殺されたのか?⁣

犯人は誰なのか?⁣
事件は未解決のままだという。⁣
『L.A.コールドケース』は、作家ランドール・サリヴァンによるノンフィクション「LAbyrinth(原題)」を土台に、この事件の謎を追ったクライム・サスペンス。⁣

主人公はジョニー・デップ演じる実在の元刑事ラッセル・プール。⁣
ビギー暗殺事件の担当刑事で、18年経った後も事件を追い続けるプール。⁣
そんな彼の元をフォレスト・ウィテカー演じる記者ジャックが訪ね、2人のやり取りから隠された事実、ロス市警の闇が明かされていく。⁣

 

 

 

実力派俳優2人の名演技も手伝って、事件をめぐるサスペンスとしても、信念を貫く男の物語としても見応えのある作品になっている。⁣
ただし、複数の事件と人物が出てくるので要注意!⁣


 

 

 

 

事件の概要を説明してくれる部分もあるけれど⁣
情報の消化で手一杯になるのはもったいない。⁣
「デス・ロウ・レコード」設立者シュグ・ナイトをはじめ、事件にまつわる人名や団体名、そしてロス暴動のきっかけになった〝ロドニー・キング事件”や、ロス市警ランパート署の警官による汚職事件〝ランパート・スキャンダル”、さらに〝O.J.シンプソン事件”なんかも予習しておけば、混乱することなく、映画の魅力を堪能できます。⁣

今回のフォトdeシネマは?

さて今回のアイテムは、記者のジャックと食事した際にプールが頼むメキシカン肉料理の定番カルネアサダ。⁣
「サイドなしにするから、いい?」って遠慮がちなプールに対して、任せとけよって感じで注文するジャック。⁣
さりげないけど2人の関係がわかって、思わず頬が緩むいいシーンだった

2018年製作/112分/G/アメリカ・イギリス合作
原題:City of Lies
配給:キノフィルムズ

映画ライター 尾鍋栄里子(おなべえりこ)

映画館バイト雑誌映画担当映画ライターと、人生の半分を映画業界の片隅で生きる名古屋人。

朝日新聞、中日新聞、フリーペーパーなどで映画紹介記事を執筆中。

映画フリーペーパー C2【シーツー】web版ブログ〝オー!ナイス!不定期掲

 

アーカイブ

映画祭一覧

愛知県内の映画祭をご紹介!