春日井の夏は伝統芸能“家元に生まれて” 7月1日(金)開催!日本舞踊西川流四世家元 西川千雅さん×フリーアナウンサー深谷里奈さん

トークイベント「自分史を聴こう」

 

「書く」というイメージが強い自分史ですが、まずは「聴く」ことから触れてみませんか?
誰かの人生の物語、それを編む人々を招いて、トークイベントを行います。


vol.02

春日井の夏は伝統芸能 “家元に生まれて” 西川千雅(かずまさ)さんのファミリーヒストリー

第二回目
ゲスト:日本舞踊西川流四世家元・西川千雅さん×フリーアナウンサー・深谷里奈さん
2022年7月1日(金) 19:00~20:30

春日井ではコロナ禍、毎年夏の恒例だった「歌舞伎公演」が実施できませんでしたが、今夏、舞踊公演としてカムバックすることとなりました。そこで“春日井の夏は伝統芸能”と題し、ご当地で活躍する西川千雅さんのファミリーヒストリーをお聴きしましょう。「生まれる家を選べない」のは誰しもですが、家元を継承する家系に生まれ、自身の生き方を模索されてきた西川さん。そんな彼のトークのお相手は、西川さんと旧知のアナウンサー・深谷里奈さんです。

●西川千雅

 

 

 

 

 

1969年三世家元・西川右近の長男として名古屋に生まれ、6歳で初舞台、15歳で名取となる。92年にNYの美大を卒業。帰国後、日本舞踊家として活動開始。2014年より西川流四世家元を継承。 70年以上続く「名古屋をどり」を主宰、全国で芸妓・舞踊家の指導にあたる。

●深谷里奈

1973年多治見市生まれ。名古屋芸術大学音楽学部声楽科卒。化粧品会社勤務後、96年東海ラジオ放送に入局し、20年間にわたりアナウンサーとして活躍。2017年契約満了をもって退社。引き続きフリーアナウンサーとして出演中。著書に「エコヂカラ!」(桜山社)がある。


[申込]

ws1@kasugai-bunka.jp
または、電話0568-85-6868

 

会場

  • 文化フォーラム春日井2階・会議室

開催日

  • 【vol.01】2022年5月11日(水) 19:00~20:30
    【vol.02】2022年7月1日(金) 19:00~20:30

入場料

  • 要申込、¥500 ※オンライン配信も予定(無料)

条件

  • 「施設利用ガイドライン」による感染防止対策を行っています
    ■新型コロナウイルス感染予防のため、会場内では人との間隔を空けてください。
    ■会場内の混雑状況により、入場制限を行う場合があります。
    ■発熱やせき等の症状が認められる場合は、入場をお断りする場合があります。ご来場前の検温にご協力ください。
    ■常時マスクを着用してください。
    ■新型コロナウイルスの感染状況によっては、中止または延期となる場合があります

主催・問合せ

  • かすがい市民文化財団 0568-85-6868

 

自分史とは
自分史とは、歴史家の色川大吉氏が「無名の庶民、無名の個人が、昭和という歴史の中でどのように生きてきたか」という趣旨でまとめた『ある昭和史―自分史の試み』(1975年刊)で体系化された用語です。自叙伝とは異なり“一般市民”に焦点をあてたことで、世間に知られるようになりました。
1999年、春日井市は新しい文化施設をオープンするにあたって、「市民が主体となった文化芸術活動」を推進しようと、自治体として初の「日本自分史センター」を開設。かすがい市民文化財団が運営する当センターには、全国から約8,000冊の自分史が集まり、無料で閲覧・貸出を行っています。また、自分史相談や文章講座、サークル活動支援、掌編自分史全国公募などの事業を展開しています。

自分史を聴く
自ら歩んできた人生を綴る“自分史”。文章を書く印象が強く、ためらう方も多い自分史ですが、かすがい市民文化財団は、市民とともに一人ひとりのかけがえのない人生を共有し、明日への希望につなげることを模索しています。
その一つとして、気軽に参加できる“自分史を聴く”トークイベントを始めてみます。文化財団で行う様々なイベントを“自分史”で切り取り、そこに関わる人たちに違う光をあててみようと思います。

アーカイブ

映画祭一覧

愛知県内の映画祭をご紹介!