エリコのフォトdeシネマ♪ Vol.65『クライ・マッチョ』⁣

円熟の極みに達したクリント・イーストウッドに酔いしれる⁣
『クライ・マッチョ』⁣

80歳を超えてもほぼ毎年映画を撮り続ける⁣
レジェンド、クリント・イーストウッドが監督・主演。⁣

年老いたロデオ界の元スターが、メキシコに暮らす元雇い主の息子を父親の元へと連れ戻すロードムービー。⁣

ストーリーはいたってシンプル。⁣
追手との掛けき引きはあるけれど、派手なアクションもドラマチックな展開もなし。⁣
けれど、イーストウッドが静かに佇み、歩くだけで映画になってしまう。⁣
役者としての生き様と役柄が重なって、一言のセリフに重みが増し、ふとした表情に人生が滲む。⁣
まさに円熟の極み。⁣


 

 

 

数多の悪党共を倒し、〝マッチョ“を体現してきたレジェンドが91歳で辿り着いた境地。⁣
イーストウッドだから成立する、⁣
今のイーストウッドにしか撮れない映画。⁣
91歳で監督・主演できるなんて、それだけで奇跡。⁣

『グラン・トリノ』的な展開を期待してしまった私はまだまだだなと実感。⁣

さて今回の写真はメキシコにちなんで、メキシコの国旗の色の食材を使ったスクランブルエッグ〝ウエボス・ア・ラ・メヒカーナ”を。⁣
メキシコは卵の消費量が世界一だそう。⁣

劇中に同じものは出てこないけど、主人公たちのオアシスとなる酒場の女主人も、卵料理らしきものを出してたしね。

 

 

 

 

 

 

【ストーリー】

誘拐した男と、さらわれた少年。

逃亡の果てに二人が見つけた“生きる”道とはー。

アメリカ、テキサス。ロデオ界のスターだったマイクは落馬事故以来、数々の試練を乗り越えながら、孤独な独り 暮らしをおくっていた。そんなある日、元雇い主から、別れた妻に引き取られている十代の息子ラフォをメキシコ から連れ戻してくれと依頼される。犯罪スレスレの誘拐の仕事。それでも、元雇い主に恩義があるマイクは引き 受けた。男遊びに夢中な母に愛想をつかし、闘鶏用のニワトリとストリートで生きていたラフォはマイクとともにア メリカへの旅を始める。そんな彼らに迫るメキシコ警察や、ラフォの母が放った追手。先に進むべきか、留まるべ きか? 今、マイクは少年とともに、人生の岐路に立たされる――。

誘拐から始まった少年との出会いが、二人の人生を大きく変えてゆく―

2021 年 アメリカ映画/2022 年

 日本公開作品/原題:CRY MACHO
上映時間:104 分/スコープサイズ/2D/5.1ch リニア PCM+ドルビーサラウンド 7.1(一部劇場にて) 

字幕:松浦美奈/映倫区分:G/配給:ワーナー・ブラザース映画
https://wwws.warnerbros.co.jp/crymacho-movie
[フォトdeシネマ]
映画ライター 尾鍋栄里子(おなべえりこ)
映画館バイト雑誌映画担当映画ライターと、人生の半分を映画業界の片隅で生きる名古屋人。
朝日新聞、中日新聞、フリーペーパーなどで映画紹介記事を執筆中。
映画フリーペーパー C2【シーツー】web版ブログ〝オー!ナイス!不定期掲

 

アーカイブ

映画祭一覧

愛知県内の映画祭をご紹介!