『幕が下りたら会いましょう』公開記念!松井玲奈×前田聖来監督〜inセンチュリーシネマ

新鋭監督・前田聖来✖️映画単独初主演・松井玲奈。 筧美和子、しゅはまはるみなど、個性豊かなキャスト&スタッフが集結!

11月26日(金)より新宿武蔵野館で公開し、東海地区ではセンチュリーシネマ、ユナイテッド・シネマ豊橋18ほかで12月3日(金)より公開の映画『幕が下りたら会いましょう』。

名古屋地区での公開を前にセンチュリーシネマで11月28日(日)公開前記念舞台挨拶が行われ、主演の松井玲奈と前田聖来監督が作品の撮影裏話などを明かしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

〜センチュリーシネマ 舞台挨拶〜

 

【作品情報】

実家の美容室を手伝いつつ、なかずとばずな劇団「劇団 50%」を主催していた斎藤麻奈美(松井玲奈)はある日、 東京で働いていた妹・尚(筧美和子)が死亡したという知らせが入る。劇団員の結婚祝いで集まって馬鹿騒ぎを していた同じ夜、尚は資材置場で亡くなっていた。その日、麻奈美は尚からの着信があったにもかかわらず電話 に出なかったのである―。脚本家として成功するために頑張ってはいるが、過去に過ちから逃れたままで、本当の自分を見失ってしまっ ている麻奈美だったが、妹の死をきっかけに、過去と向き合う事になる。それは明るく天真爛漫に見えた妹の尚 が抱えていた孤独や、母が秘密にしてきた嘘などが明らかとなる…。

メガフォンをとったのは、元・役者であり現在は会社員として働きながら映画監督としての夢も果たした新進 気鋭の監督・前田聖来。どこか歪んだ今の時代に不器用にもまっすぐ生きる女性を描き出した。言葉に出来ない 主人公の心の機微を丁寧に表現し、静かな流れながら、過去や自分から逃げることなく強く生きる強さに心揺さ ぶられる力強い作品が誕生しました。過去と現実、様々な出会いと再会の”揺らぎ”の中で主人公の麻奈美が成長していく物語です。

 

 

 

 

 

 

前田聖来監督

作品情報

『幕が下りたら会いましょう』
監督:前田聖来 脚本:大野大輔、前田聖来
主題歌:「CRY~戻りたい夜を~」:JamFlavor 
出演:松井玲奈/筧美和子 しゅはまはるみ 日高七海/江野沢愛美 木口健太 大塚萌香(新人) 目次立樹 /安倍乙 亀田侑樹子 
山中志歩 田中爽一郎/hibiki(lol-エルオーエル-) 篠原悠伸 大高洋子 里内伽奈/濱田のり子 藤田秀世 出口亜梨沙/
丘みどり(友情出演) / 袴田吉彦
配給:SPOTTED PRODUCTIONS 上映時間:120分
公式サイト https://makuai-movie.com/
公式Twitter @makuai_movie
© 2021 劇場版「きのう何食べた?」製作委員会 © よしながふみ/講談社

アーカイブ

映画祭一覧

愛知県内の映画祭をご紹介!