「2012」と「アバター」今年の年末話題作

世界の余命が三年!

みなさんはどーしますか?

ディザスタームービーの父、エメリッヒの最新作はインデペンデンスディよりスピーディー、デイアフタートゥモローより衝撃的。CG技術もはるかに進歩して思わず何度ものけぞってしまった。

タイムリミット物は、心臓に悪い。
物語はデイ〜のほうが私は好きかな。

そういえば、ニューヨークに行ったときにデイアフタートゥモローのクライマックス舞台になった市立図書館に立ち寄り、司書さんに「主人公たちが非難していた地下室を見せてください」と頼んだら、「あのね、あなた。あれはCGです、本物ではありません!」と言われた。

ですよねー、ですよねー、なぜか素人さんみたいな質問しちゃって恥ずかしかったのを思い出した。

2012は11月21日公開です!

そして、もう一本!

「アバター」のフッテージ映像と、20世紀FOXの日本代表のお話を聞いてきました。

こちらは、また2012とはまったく違う3DCG実写映画。

こちらは『タイタニック』のジェームズ・キャメロン監督が12年ぶりに発表した、最新の映像技術を駆使して作り上げた3DCGアドベンチャー大作。

飛び出す飛び出す!主人公が迷い込む森林地帯の映像は、草木が目の前にきておもわずてでおいはらっちゃうほどリアル。

奥行きのあるリアリティ溢れる映像に驚きました。

3DCGシアターでぜひ体感してみて!

え?紙のメガネがいやだって?!

あのですね、いまはとっても立派なメガネですよ(笑)

字幕も飛び出てみえるし、昔の3DCGのように字幕が読みにくいというのはありません。くっきりはっきりとにかく凄い!!

アバターオフィシャル予告編

アーカイブ

映画祭一覧

愛知県内の映画祭をご紹介!