ヴィトルのびびっとくる映画vol.41『プロミシング・ヤングウーマン』

Ola-!
どうも!ヴィトルです。

毎週水曜日は東海ラジオ
『OH! MY CHANNEL!』に出演し
『OH! MY 情報局』のコーナーで最新の映画情報をお届けしています。

 

 

 

 

今回は将来有望だったはずが人生が一変‼️
スリリングな復讐を繰り返す復讐エンターテイメント‼️
『プロミシング・ヤング・ウーマン』を紹介しました。

物語
医大で優秀な成績を残していた30歳を目前にしたキャシーが主人公です。
彼女はある事件によって医大を中退し、今やカフェの店員として平凡な毎日を送っています。
その一方で夜な夜なバーやクラブで泥酔したフリをしてお持ち帰りオトコたちに裁きを下していました。
そんなある日、現在は小児科医となった大学時代のクラスメイトがカフェを訪れこの偶然の再会こそがキャシーに恋ごころを目覚めさせ、同時に地獄のような悪夢へと連れ戻すことになる…。

第93回 アカデミー賞の脚本賞を受賞しただけであって、最後まで何が起こるのか分からない展開が面白すぎました!
主人公が夜な夜な酔い潰れたフリをする。
1人ではとても帰れる状態では無いのを見て、優しく振る舞うオトコ共が近付き介護をしてくれてそのまま2人で帰っていく。
酔っているのを良い事に手を出した瞬間‼️
『ちょっと‼️今何しようとしてたの?』とシラフに戻り制裁を下す‼️

怖い‼️怖すぎる‼️笑

 

 

 

サイコスリラーの要素と暗く無いポップな復讐劇のお陰でエンタメと社会性のバランスがものすごく良い‼️
ストーリーの軸も2つあり、主人公が周辺のオトコ共に行う復習と優しい同級生との恋愛。
この2つの軸が影響し合いながらクライマックスにどう推進させていくのかが予想が付かなさすぎて面白かった‼️
そして主人公の心情に合ったBGMが流れるお陰で恋している時の気持ち、スカッとする復讐といろんな気持ちが楽しめる映画になっています。

しかも”性”に対するメッセージが強い作品なのにあえてエロいシーンを見せない‼️
見せないからこそクライマックスが衝撃でした‼️
いろんな年代が楽しめる作品ですが、個人的にはこれからお酒を飲み始める年頃がより観るべき作品だと思いました‼️
『お酒を飲んでも飲まれるな』と言う言葉がしっくり来る映画。

酔っ払った女性には気を付けようと勉強になった2021年の夏でした。笑

 

 

それでは。
また来週‼️
チャオチャオ〜

(C)2020 Focus Features, LLC.

2020年製作/113分/PG12/アメリカ
原題:Promising Young Woman
配給:パルコ

アーカイブ

映画祭一覧

愛知県内の映画祭をご紹介!