引き出しの中のラブレター

思いを伝えることの大切さ。
男女関係だけじゃなく、友だち、家族。
伝えたいのに伝えられないことってありませんか?

映画・引き出しの中のラブレターは「思いを伝えることの大切さ」をテーマにしたオムニバス形式のヒューマンドラマ。
ラジオのパーソナリティ・マイが自ら企画した番組で、全国のリスナーに温かいメッセージを届けることで、それぞれの生活が変化していく様子を描いていきます。
334175_01_01_03.jpg

(C)2009「引き出しの中のラブレター」製作委員会

登場人物が多いので、誰かにきっと共感するはず。
わたしは、常盤貴子演じるラジオパーソナリティのマイだな。

父ともっと話がしたかった。もっと自分のことを理解して欲しかった。
話そうと思ったときにはもう、父はいない。

マイと父の関係にまず、ぐっときてしまった。
そして、ラジオのパーソナリティという立場もよくにています。

しゃべる仕事は、言葉が敵となり味方となる。
美しい言葉をならべているだけじゃ、なにも心にのこりゃしない。

その昔、中学生の悩み相談室という番組をAM深夜でやっていましたが、
真剣に悩める中学生に対して面白可笑しく回答していた。今思うと申し訳ない気持ちでいっぱいです。

いまは、「映画」を通じてメッセージを発するという
ちょっと特異な伝え方ですけど、紹介した映画をみたら、嫌なことを忘れた。落ち込んでいたけど元気になった。等、はがきやメールでもらうのはとても嬉しいです。

とかなんとかかっこいいこといってますけど、まだまだ勉強中です(笑)

今日は、そんな素敵な作品、引き出しの中のラブレターの記者会見の司会でした。
引き出しひとみ.jpg常磐貴子さんは、サバサバしてとってもいい人でした。お話も丁寧でウマイ!

でね、なんといっても本日のわたくしのドキドキは三城監督。
プチワイルドで超好みでした。
優しくて、人思いなんだけど、実際つきあってみるとコントロール不可能なクリエータータイプっていうのかしら。*注:これは完全に妄想です

廊下ですれ違った瞬間から「え?だれ?この人かっこいい」と思ったもん。
デレデレしながら打ち合わせ挨拶してしまった。
もちろん、会見は、真面目に司会しましたよ・

でも
隙あらば、監督に質問しようと必死だったのはバレたかな??
へへへ。

かっこいいな〜
昨日の田中監督もいいけど、ん〜迷う。←まようなっ!

明日は、20世紀少年の堤監督にインタビューしたら
夜はジェイク・シマブクロのライブ!
10月に公開する「サイドウェイズ」の主題歌をジェイクが手がけているの。

今一番私の中でアツイアーティストなのです。フフフたのしみ。

三城真一

引き出しの中のラブレター

アーカイブ

映画祭一覧

愛知県内の映画祭をご紹介!