大 ヒット 上映中!富司純子 × シム・ウンギョン W 主演 ‼ 写真界 の 巨匠 上田義彦 映画初監督作「椿の庭初日舞台挨拶REPORT

 

富司純子の14年ぶりの主演作であり、邦画作品でも活躍が目覚ましいシム・ウンギョンがW主演を務める本作。サントリー、資生堂、TOYOTAなど、数多くの広告写真を手掛ける写真界の巨匠・上田義彦初監督作『椿の庭』が2021年4月9日(金)よりシネス イッチ銀座ほかで公開!公開を記念して、シネスイッチ銀座で公開初日に富司純子、シム・ウンギョン、鈴木京香、上田義彦監督が登壇する舞台挨拶が行われました。

 

 

満員御礼の中、舞台に登壇した4人。14年ぶりとなる主演となった富司純子は、「このような大変な状況下の中で、こんなにたくさんの方がお見えになって感激です」と、声を震わせながら一言。「私にとっては、これが最後の宝物になるのではないかと思っているくらい、嬉しい映画でした。ありがとうございます」と富司のセリフに、会場からは熱い拍手が。

同じく主演を務めたシム・ウンギョンは「この映画が、私にとって、初めての日本映画、初めての日本映画の現場でした。しかし、富司さん、鈴木さんほか素晴らしいキャストに支えられ、渚をリラックスして演じることが出来ました」と現場での思い出を語った。

富司純子演じる絹子の娘を演じた鈴木京香は、「私は比較的に少ない日数での参加だったのですが、美しい日本家屋での撮影がとても楽しみでした。ふと目をやると最高に美しい富司さんと、本当に家族を想っているようなウンギョンさんと共に、見惚れるような時間を過ごせました」と、家から眺める海や、庭の花々などの景色を楽しみながら撮影の思い出を懐かしがっている様子。

そして、監督・脚本・撮影を務めた上田義彦監督は、「僕はこの映画、いわゆる“日常”を撮るにあたって、無常を意識しながら撮っていきました。ぐっと目を凝らすとそこに真実がみえてくるということを信じて、撮影を進めていきました」と作品に秘めた思いを明かした。舞台挨拶の回にスクリーンで映画を見たという監督は、「自分で作った作品ながら、涙してしまいました」と照れながら話した。

撮影の思い出を聞かれた富司は、「毎日が楽しくて、あっという間に終わってしまった。素晴らしいロケ場所で、何も飾らずに現場にいたのですが、上田監督の確かなアングルで、美しく撮っていただき、この映画に出会えたことを、本当に感謝しております。シムさん、そして鈴木さんと演じることが出来て、本当に家族であるような時間でした」と感慨深そうに明かした。

鈴木は「富司さんはまさに憧れている女優ナンバーワンなんと思うのですが、あまりに理想的で素敵だからどうやったらなれるんだろう…とお分かりなる方がいらっしゃれば教えてほしいです(笑)」と微笑みながら、富司への熱い憧れを明かした。

シム・ウンギョンに対しては「渚をそのままに演じていて、新しい世界に飛び込んでくる姿がまったく一緒で、切ないくらいに綺麗でした。お二人で過ごせたことは本当に幸せでした」。

その言葉を受けたシム・ウンギョンは、「ひとり外国にやってきて、渚と重なることが多くあって、普段は立てる演技プランを今回は立てず、ありのままに演じました。大先輩であるお二人に、お褒めの言葉をいただいて、本当に恐縮です」と互いから、熱い信頼と尊敬を感じる温かなムードで幕を閉じた。

 

『椿の庭』
2021年4月17日(土)より名演小劇場ほかROADSHOW
2021年4月9日(金)よりシネスイッチ銀座ほか全国順次公開

ものがたり

かつて夫と語り合い、子供たちを育てた家に、今は孫娘の渚と住む絹子。 夫の四十九日を終えたばかりの春の朝、世話していた金魚が死に、 椿の花でその体を包み込み土に還した。命あるものはやがて朽ちる。 家や庭で起こる些細な出来事、過去の記憶に想いを馳せ慈しむ日々の中、 ある日絹子へ一本の電話がかかってくる――。

DATA

●出演:富司純子、シム・ウンギョン、田辺誠一、清水綋治、内田淳子、北浦 愛、三浦透子、宇野祥平、松澤 匠、不破万作、チャン・チェン(特別出演)、鈴木京香

●監督・脚本・撮影:上田義彦

●製作:ギークピクチュアズ/yoshihiko ueda films/ユマニテ/朝日新聞社

●配給:ビターズ・エンド

●制作プロダクション:ギークサイト

2020年/日本/128分

(C)2020 “A Garden of Camellias” Film Partners

アーカイブ

映画祭一覧

愛知県内の映画祭をご紹介!