2020年11月13日(金)公開(全国順次公開)『タイトル、拒絶』山田佳奈監督にインタビュー

パンチの効いた映画がやってきました。

「タイトル、拒絶」

ミッドナイト・スワンがヒット中の内田英治監督プロデュース作品で、舞台の演出家として活躍してきた、山田佳奈監督の初の長篇映画デビュー作品となります。

それぞれ事情を抱えながらも力強く生きるセックスワーカーの女たちを描いた群像劇で、

劇団「□字ック」主宰の山田佳奈が、2013年初演の同名舞台を自らのメガホンで映画化しました。

新進気鋭の山田佳奈監督による、 女たちの本音に寄り添った先鋭的なオリジナル作品。

主人公・カノウを演じるのは、 出演作が相次ぐ 実力派女優の伊藤沙莉。カノウは、以前に体験入店で店に 来たものの、いざ行為の段階になって怖気づいてホテルの外に助けを求めて逃げ出した女。

伊藤自身「誰 にも渡したくなかった」と話すほど意欲的に臨んだ役。

癖の強いデリヘル嬢役を恒松祐里、佐津川愛美、森田想、円井わん、行平あい佳、野崎智子、大川原歩、 そして片岡礼子ら個性豊かな女優陣が演じています。

ほか、モトーラ世理奈、池田大、田中俊介、般若、でんでんなども出演。

昨年の 第 32回東京国際映画祭「日本映画スプラッシュ」部門でワールドプレミア上映を飾り、 主演の 伊藤沙莉が東京ジェムストーン賞を受賞。

今年の 7月に開催された 第 24回富川国際ファンタスティック国際映画祭(韓国) では、チケットが即完 売するほどの注目作として上映された。

また、 JAPAN CUTS 2020(米 に続き 、 Fantasia International Film Festival(カナダ でも上映 が決定 。国内外 を 躍進し続けている。

いつも元気いっぱいの山田佳奈監督にインタビューさせていただきました。

映画監督としては、歩き始めたばかり。初の長編映画の公開を前にその熱い想いを語っていただきました。

今後も映画監督として多くの作品を生み出してくれることでしょう。

山田佳奈監督インタビュー

動画でご覧ください〜

監督・脚本山田佳奈KANA YAMADA

1985年生まれ、神奈川県出身。

元レコード会社社員・舞台演出家・脚本家・俳優など、さまざまな肩書を持ちつつ、16年に短編映画『夜、逃げる』で初監督デビュー。舞台演出で培われた演出方法は抜群で、人間が生きるために発するエネルギーを余すことなく魅力的に描くスタイルに定評がある。

自身が主宰する劇団・ロ字ックでは、演劇ポータルサイト「CoRich舞台芸術まつり!2014」グランプリ、「2014年度サンモールスタジオ」最優秀団体賞を受賞。

また外部作品への書き下ろしも積極的に行っており、主な脚本作に、Netflix「全裸監督」(19)、朝日放送ドラマ「神ちゅーんず」(19)、TOKYO MX「劇団スフィア」(脚本監督回『渇望~三十路の祭りに~』)などがある。

短編映画『今夜新宿で、彼女は』(18)、『カラオケの夜』(18)に続き、本作が長編初監督作品となる。

また、映画同名作の舞台「タイトル、拒絶」を自身が主宰する劇団・ロ字ックで、2021年本多劇場で再演予定。10月23日には処女小説である「されど家族、あらがえど家族、だから家族は」を出版。

【タイトル、拒絶】

 

出演:伊藤沙莉  恒松祐里  佐津川愛美  片岡礼子  でんでん  森田 想  円井わん  行平あい佳  野崎智子  大川原 歩  モトーラ世理奈  池田 大  田中俊介  般若

監督・脚本|山田佳奈 プロデューサー|

内田英治 / 藤井宏二

キャスティングプロデューサー|伊藤尚哉

撮影|伊藤麻樹

照明|井上真吾

録音・効果|丹 雄二

美術|中谷暢宏

衣装|吉田直美

ヘアメイク|合谷純子

スチール|山本和穂

助監督|鈴木宏侑

劇中歌|女王蜂「燃える海」(Sony Music Labels Inc.)

企画|DirectorsBox 制作|Libertas

配給|アークエンタテインメント

製作|DirectorsBox / Libertas / move / ボダパカ © DirectorsBox

2019年 / 日本 / カラー / 98分 / シネマスコープ / 5.1ch レイティング:R15+ URL:http://lifeuntitled.info 公式SNS (twitter):https://twitter.com/titlekyozetsu (@titlekyozetsu)

© DirectorsBox

アーカイブ

映画祭一覧

愛知県内の映画祭をご紹介!