7月10日(金)全国公開「銃2020」 武正晴×日南響子 リモートインタビュー

全員クレイジー!!奥山和由.中村文則.武正晴の再タッグ作品

作家・中村文則のデビュー作「銃」(河出書房新社)の映画化で2018年に公開された『銃』(主演:村上虹郎)。その企画・製作をつとめる奥山和由の着想により、新たな視点で描かれた映画『銃2020』は、中村文則が原案となるオリジナル作品で、中村自身が初めて脚本を担当。『銃』と同様に企画・製作を奥山が務め、武正晴監督がメガホンをとった(脚本も担当)。

なお、原作者の中村文則、プロデューサーの奥山和由、武正晴監督、主演の日南響子は全員愛知県出身

 

 

登場人物の全員が狂気に満ちているのも見どころにひとつ。その人物を演じるキャストたちには、演技派で個性豊かな俳優陣が揃う。

主人公の東子(トオコ)を演じるのは、日南響子。『銃』ではキーマンのトースト女を演じた彼女だが、本作では、銃を拾い、その銃に翻弄される女に挑戦。

 

 

 

 

銃が引き寄せた縁により東子が出会う謎めいた男を演じるのは、佐藤浩市。

 

 

 

東子を執拗に追い回すストーカー・富田を演じるのは、加藤雅也。

 

 

 

東子を毛嫌いし、精神を病んでいる母・瑞穂を演じるのは、友近。

 

 

 

 

 

 

東子を破滅へと追いつめる刑事に、吹越満。

魅力あるキャストたちが、このぶっ飛んだワールドへ観客たちを誘います。

さらに、『銃』の主演を務めた村上虹郎が、“西川トオル”として1シーンだけ出演、

そのトオルを追い詰める刑事を演じたリリー・フランキーも同じく刑事役として特別出演を果たす。

ほか、山中崇、宇野祥平、篠原ゆき子、内田慈、そして『銃』にも出演していた

岡山天音、サヘル・ローズ、片山萌美、中村ゆうじなども出演。

このたびは、武正晴監督、日南響子さんにリモートでインタビュー

ドラマチック×シネマチック 毎週土曜日14時配信中

アーカイブ

映画祭一覧

愛知県内の映画祭をご紹介!