ワールド・ウォーZプレミア

8月10日公開「ワールド・ウォーZ」

7月29日夜、ブラピ&アンジーカップル登場で湧いた六本木アリーナ。

wステージ.jpg
このプレミアの前に、本作でブラピ演じるジェリーの妻、カリンの吹き替えをされた篠原涼子さんに単独インタビュー。
吹き替え時のエピソードや映画の楽しみ方をお話ししていただきました。
この様子は8月10日のラッキーフライデーで放送予定。
その後、ミッドタウンからヒルズに移動して
MID-FMに生中継をして、
プレミアでブラピインタビューをとるためマスコミ戦場に向かったのです。
おおげさかと思いますが、
今回は記者会見、ブラピの単独インタビューがないため
彼に一言いただくにはこのレッドカーペットしかないのです。
ずらりと並んだマスコミ陣、北は北海道から南は九州までずらりならんだレポーター達。
そんな中、わたしは北海道と信州のテレビ局さんとご一緒させていただき、
タッグを組んでブラピに声をかけよう作戦をしたわけです。
とにかく声をかけて振り向かせて、一言聞くという大事なお仕事。
しかし、ブラピ様はファンサービスのみで地方のマスコミには手を振る、笑顔をおくるというポーズだけでした。
一応、私たちも時間をもらっていたのですが、キー局さんに時間をとられたせいか、わたしたちはタイムアウト。
あ〜あ、ぜっかく行ったのにね。wブラピ金髪.jpg
金髪綺麗・・
でも笑顔はばっちりテレビカメラには納めました。
アンジーはもちろん映画にはでていないのでマスコミの質問には答えませんでしたが、
ファンサービスはしっかり。パートナーのつとめというか内助の功かな。
すてきなカップルですね。
wアンジー笑顔.jpg
そして、大好きな監督マーク・フォスター。
「チョコレート」「ネバーランド」「主人公は僕だった」
大好きです!と声をかけると「ではこの映画もきにいってくれた?」と聞かれオフコース!と答えたわたし。
感染者の雪崩のシーンについてのエピソードも聞いてきましたよ。
ジェイソン・ステイサムのような風貌で、カッコイイの。
そしてかなり興奮していた。
ブラピやアンジーファンサービスをしている間、私たちのところをウロウロ。
飽きないように気を遣ってくれたのです。優しいですね。
wマークフォスター.jpg
取材としては取れ高はバッチリ!
雨も降らなくて良かったです。
さてここからはグチになりますが。。
気になったのは、私の左隣のアナウンサー。タッグを組まなかった左側のひと。
この男性アナが、レッドカーペットが初でテンションマックスだったのか、とにかく決められたことを守れない。
映画の質問以外のことをするわ、タイトルコールはだめだっていうのにする、
マスコミラインから飛び出てくるから、私たちのカメラに丸かぶり。
あーいう場合はみんなで助け合うんですよ。狭い中で取材しているのですがら自分だけがという考えはやめていただきたい。
どういう教育しているのか・・まったく。
さらに「ブラピの奥様、アンジーの登場です!理想の夫婦!」とか奥様を連発。
まったくしらべてないんですね。パートナーであって結婚していないのに。
まちがった報道をしていただかないよう注意してほしいわ。プンプン。
彼がラインから飛び出す度に、ずっと注意していました。
4回注意したらわかるよねぇ。
さて、
プンプンしてばかりじゃいけないので、助けてもらった局さんたちにお礼をいってアリーナを跡にし、
美味しいご飯をクルーのみなさんと食べて帰りました。
まさにワールド・ウォーいや、ジャパン・マスコミウォーな日でありました。
ちなみに今回、ブラピ様はご家族できていてパートナーのアンジーは自身の監督作「最愛の大地」のPRも少し兼ねていたようです。。

アーカイブ

映画祭一覧

愛知県内の映画祭をご紹介!