刺激的なハードコアアクションエンターテイメント「スマグラー」

超ハードコアなアクションエンターテイメント「スマグラー」10月22日公開

110729smmuglar_large.jpg
「鮫肌男と桃尻女」で監督デビューした石井克人監督の最新作。
もっとも松岡が好きな日本映画監督の一人。
この人の斬新な映像感覚、タランティーノのキル・ビルのアニメパートも担当してましたが、実写をイマジネーションで膨らますのが天才的なのです。
今回もアクションシーン毎に違うアプローチで、ダイナミックにかつスピーディに描くのですが、それがなんとも美しい。
主演は妻夫木聡、悪人、マイバックページと個性的な役どころに挑戦してます。
今回は役者の夢をあきらめフリーターな男どろこで、多額の借金をかかえて闇の運送屋で働くはめに。
アンダーグラウンドのキャラたちはキレた人ばかり。
運送屋のボス、永瀨正敏、中国マフィアの安藤政信、日本ヤクザの狂犬に高嶋政宏、組長の妻に満島ひかり。運送屋の我修院達也・・まだまだ脇役もすごいひとだらけ。
それぞれを主役に一本映画がとれちゃうくらいキャラたちしています・
このなかで、ものすごく平凡な青年が妻夫木君。だからすごく浮いて見えたんだ。
他の個性派役者の演技にくわれちゃった?と思っていたけど、
アンダーグラウンドの世界にいきなり平凡なおとこが飛び込んだら、いきなりなじめるわけがない。そのリアルさを見事に妻夫木くんは体現したのです。
しかしね。安藤君が鉄のヌンチャクをマッハのスピードでふりまわし、多数の的でも瞬時にたおしちゃうその様がめちゃくちゃカッコイイのだ。安藤君の動きや、汗のひかりかたとか・・
これはね安藤君のなりきりぶりと監督の演出のなせる技。5333f_261_news_thumb_smuggler_andou.jpg
それにしても、高嶋政宏さんのキレぶりには大笑いした。
「はやぶさ」の真面目な研究員とは真逆。そうそう、弟さんも「探偵はバーにいる」で
ぶっ飛んでましたね。兄弟でどうしたんだろ。なにか吹っ切れたのだろうか。
いやはやほんと刺激的なエンターテイメントでした。
試写会で笑っていたのは、
関係者である4人だけだったんだけど、みんなびっくりしちゃった?唖然としたんだろうか。
でも、エンディングロールあけるまでほとんど帰らなかったからきっと、気に入ってくれたのだとおもうけど。

10月22日 スマグラー公開

アーカイブ

映画祭一覧

愛知県内の映画祭をご紹介!