上田慎一郎監督&ふくだみゆき監督 インタビュー🎤 公開中!「100日間生きたワニ」

きくちゆうきさんのTwitterfで2019年12月12日から2020年の3月20日まで100日感毎日投稿されていた何気ないワニの日常を綴った4コマ漫画は皆さんご存じですか?最終話は214万イイネ!がついたそうです。これは国内Twitter歴代最多数を記録!
この社会現象を巻き起こした4コマ漫画「 100 日後に死ぬワニ」が、 タイトルを改め 『 100 日間生きたワニ』 として アニメーション 映画化。

連載が始まってからすぐに夢中になり映画化を試みたのは、「カメラを止めるな!」の監督上田慎一郎監督と奥様であるアニメーション監督のふくだみゆき監督、ご夫妻。とても映画的な物語で直ぐに企画し始めたそうです。しかし、脚本が仕上がった3月は新型コロナウィルスが蔓延。劇的に世の中が変わってしまった日常と価値観の変化に戸惑いながら、その気持ちを登場人物達にかさねあわせて構成を練り直し、より「死」と「生」に対して深いメッセージのある物語になったのです。
ワニ、ネズミ、もぐらが擬人化し、主人公のワニが100日後に事故で死ぬまでのカウントダウンが描かれていたのが原作。優しいワニは、よちよち歩きのひよこを助けたり、鳴いている仔猫をあやしたり、ラーメンとゲームバスケ、映画が好きなどこにでもいる青年。バイト先の先輩に淡い恋心を抱いてモジモジしている様子を見て“ワニ、ガンバレ!”と、応援したくなっちゃうような人。

原作の最後の日、365日目、仲間が待つ花見会場に向かう途中、ワニは道路でひよこを助けて車にひかれ満開の桜の下で命を落としてしまいます。原作はそこで終わっているのですが、映画では、その後のワニの仲間達の様子が描かれています。

そこには映画ならではのキャラクター「カエル」が登場します。そして、大切なものを失った人々がこの後どうやって生きていくのかを、観客の私たちも彼らに寄り添いながら体験していく。だって原作を読んでいた人は。、彼らと同じようにワニを失った喪失感はハンパなかったと思います。

ワニを演じたのは神木隆之介、親友のねずみに中村倫也、これは私生活でも仲のいい人を選んだそうです。そして、映画だけの重要キャラクター、カエルに山田裕貴、と人気スターが声をあてています。もう、それぞれのキャラクターがピッタリなのですよ。

このアニメは、原作でいう行間を具現化しています。たとえば、ワニとネズミがよく行くラーメン屋のシーンはまさにその行間の出来事。骨折したネズミの退院祝と言って “味卵”をネズミのどんぶりに入れる、そして、ワニがいいことがあった日にはネズミが“煮卵”をあげる。この細かいやりとりは、映画ならではですね!

前置きが長くなりました!お二人のインタビューが届いています。

 

お二人のお人柄がにじみ出ている、優しい映画をぜひ映画館でご覧くださいね。

映画館を出た後は、足取りも軽く、マスクの下は笑顔になっているはず!

作品情報

「 100 日間生きたワニ」

 

 

 

 

 

7月9日(金)よりミッドランドスクエアシネマ他にて公開

©2021「100日間生きたワニ」製作委員会

監督・脚本:上田慎一郎、ふくだみゆき

原作:きくちゆうき「100日後に死ぬワニ」

声の出演:神木隆之介、中村倫也、木村昴、新木優子

公式HP:公式サイト100wani-movie.com

主題歌:いきものがかり「TSUZUKU」

 

 

アーカイブ

映画祭一覧

愛知県内の映画祭をご紹介!