映画「ヒノマルソウル〜舞台裏の英雄たち〜」飯塚健監督インタビューそれぞれの舞台裏

1998年長野オリンピック、日本中が歓喜に和歌スキージャンプ団体、大逆転の金メダル。
この栄光を陰で支えてきた25人のテストジャンパーたちの、知られざる感動秘話が映画化!

 

主人公は、スキージャンパーの西方仁也。1994年のリレハンメルオリンピックスキージャンプ団体戦で“日の丸飛行機”のメンバーとして日本代表を牽引するも、原田雅彦のジャンプ失敗で金メダルを逃し、長野オリンピックでの雪辱を誓い日々練習に励み、代表選手候補として有力視されながらも惜しくも落選。テストジャンパーとなり、日本代表選手たちを裏方として支えた人物です。

物語は、西方の金メダルへの強い思い、それを打ち砕く挫折、原田との友情、怒りと嫉妬。それでも仲間達の為に、日本のために命の危険を顧みずテストジャンプに挑む、深い人間ドラマを映し出しています。また、映画の中では、聴覚障害者でありながら、国際スキージャンプ競技で優勝した実在の選手高橋竜二や、怪我を負ったことでトラウマを抱えた選手、また女子スキージャンプがオリンピック種目になかった当時、テストジャンパーとして長野オリンピックに参加したいという熱い想いを持った実在の選手、葛西賀子をモデルにした、唯一の女子高校生ジャンパーなど、様々な背景を背負ったテストジャンパーたちの熱い想いや、葛藤も色濃く描かれています。

長野オリンピックでの手に汗握る団体戦の攻防、吹雪によるいょうぎちゅうだん、そんな中。競技が再開出来るかを図るために行われた、西方率いるテストジャンパー達の決死のジャンプを、実話に元図いてダイナみっじゅに描いたオリジナルストーリーです。

主人公西方を演じるのは、「おっさんずラブ」シリーズ、ドラマ「あなたの番です」など、人気実力を兼ね備えた俳優・田中圭。西方の揺れ動く内面、葛藤を圧倒的な存在感と演技力で力つよく演じています。その他、西方を支える、妻に土屋太鳳、耳が不自由だけど明るい性格の高橋竜二に山田裕貴、怪我がトラウマとなった南川崇に、眞栄田郷敦、小林賀子役に、小坂奈緒(日向坂46)、日本代表選手・原田雅彦役に「カメラを止めるな!」の濱津隆之、同じく日本代表選手で今もなお現役の葛西紀明役に落合トモキ、テストジャンプコーチに古田新太、若手からベテランまで豪華な俳優陣が集結。

監督は「荒川アンダーザブリッジTHE MOVIE」で大きな注目を集め、様々な分野で活躍する飯塚健監督。秀逸なテンポ感の中で、しっかりと人間模様を描く演出力に定評があり、涙なくては見ることが出来ない感動作に仕上げています。今回は、飯塚監督に公開&配信が同時となった「FUNNY BUNNY」とあわせてお話をうかがいました。「ヒノマルソウル」の部分を抜粋してお送りします。

 

『ヒノマルソウル〜舞台裏の英雄たち〜』

6月18日(金)よりミッドランドスクエアシネマ他全国東宝系にてロードショー

監督:飯塚健

出演:田中 圭、土屋太鳳、山田裕貴、眞栄田郷敦、小坂菜緒 (日向坂46)/濱津隆之/古田新太

公式サイト:https://hinomaru-soul.jp/

プレゼントページはこちら!

ヒノマルソウル 〜舞台裏の英雄たち〜 公開記念非売品プレスシートを2名様にプレゼント!

 

コピーライト: ©2021映画「ヒノマルソウル」製作委員会

アーカイブ

映画祭一覧

愛知県内の映画祭をご紹介!