GOEMON

GOEMONみたー!

GOEMON

紀里谷監督インタビューしたー!

070809192825.jpg

カッコイイ&セクシーな方でした。彼女募集中だって。立候補したいっ!!

そんな監督が、

こだわってこだわって4年間ですばらしい作品を完成させました。

色々事情があったとかで、監督もかなり重要な役で出演しています。

出演したことで

ヨーイ!カット!の前の役者の気持ちがよーくわかり、演じた後から役者とのコミュニケーションの取り方がかわったとか。

それとフォトグラファーですからね、映像もめちゃめちゃ凝っていて、美しい。

美術も衣装も豪華でなぜかヨーロッパテイスト。・・でもよく見るとアジアかな。

オープニングの町並は華やかさとリオのカーニバルか?!と思うくらい

異国情緒ではじまるです。

監督は、「ジャンル」という概念を排除したと言います。

ジャンルがクリエイティブを窒息させる。というてました。

時代劇だから箸で食事をする、時代劇だから蕎麦をたべる。正座をする。

それはナンセンス。異文化の人がみてもわかるように作りたかったそうです。

舞台となる

安土桃山時代は予想するに、西洋からの文化に大いに影響されているので

茶々がドレスを着ていても不思議じゃないね。

何処かのだれかさんが、その時代考証はオカシイ。というかもしれませんが、そういう方は年末の時代劇をみればいい。

自由な発想で、裏かくような突飛な人間関係もおもしろいじゃない。

五右衛門も架空の人か実在したか誰も知らないし、

秀吉の死に方なんてだれもみちゃいないんだもんね。

自由な時代、一番日本人が輝いていた時代だもの

信長が新しいことをしようとしたそんな時代だもの。自由でいいじゃない。

監督曰く、キャシーンよりもずっと面白い!と宣伝してくださいと、言ってました。

私もそう思います(笑)

まだ主題歌も仮状態で観たので、本編完全に完成したらもう一度みたいな。

アーカイブ

映画祭一覧

愛知県内の映画祭をご紹介!