映画「歩けない僕らは」主演の宇野愛海さんにインタビュー♪

サン・セバスティアン国際映画祭で最優秀撮影賞を受賞し、東京フィルメックス コンペティション部門に正式出品される『泣く子はいねぇが』(出演:仲野太賀、吉岡里帆)が11 月20 日に公開される佐藤快磨監督の、SKIP シティ国際D シネマ映画祭2019 で国内コンペティション短編部門の観客賞を受賞した前作『歩けない僕らは』のDVD が、11 月18 日(水)にリリースされることが決定しました。

『歩けない僕らは』で主演を務めたのは、岩井俊二プロデュースの連続ドラマ「なぞの転校生」、 映画『罪の余白』ほかで女優として活躍中の宇野愛海(なるみ)さん。

今回は、名古屋シネマスコーレ、長野・千石劇場、名古屋シアターカフェでの劇場公開前のお気持ちなどお話を伺いました。

本作は、社会人1年目の成長物語。回復期リハビリテーション病院を舞台に、新人理学療法士と、彼女を取り巻く人々を描く。

インタビューはこちら!

『歩けない僕らは』の劇場公開は、PFF アワード2014 で映画ファン賞と観客賞をW 受賞し、釜山国際映画祭ニューカレンツ・コンペティション部門に正式出品された、佐藤快磨監督の初の長編映画『ガンバレとかうるせぇ』(出演:堀春菜、細川岳)との併映で、11 月7 日(土)〜11 月13 日(金)11:55-13:45 に名古屋・シネマスコーレにて、12 月4 日(金)〜12 月17 日(木) に長野・千石劇場にて上映され、同じく佐藤監督の過去作品である『ぺい』、『壊れ始めてる、ヘイヘイヘイ』(出演:仲野太賀、岸井ゆきの)との併映で、12 月19 日(土)、20 日(日)、26 日(土)、27日(日)14 時&19 時、 21 日(月)、24 日(木)、25 日(金)14 時 に各回10 名限定で名古屋・シアターカフェにて上映される。

 

【STORY】

宮下遥(宇野愛海)は、回復期リハビリテーション病院1 年目の理学療法士。まだ慣れない仕事に戸惑いつつも、同期の幸子(堀春菜)に、彼氏・翔(細川岳)の愚痴などを聞いてもらっては、共に励まし合い頑張っている。担当していたタエ(佐々木すみ江)が退院し、新しい患者が入院してくる。仕事からの帰宅途中に脳卒中を発症し、左半身が不随になった柘植(落合モトキ)。遥は初めて入院から退院までを担当することになる。「元の人生には戻れますかね?」と聞く柘植に、何も答えられない遥。日野課長(山中聡)と田口リーダー(板橋駿谷)の指導の元、現実と向き合う日々が始まる。

出演:宇野愛海 落合モトキ 板橋駿谷 堀春菜 細川岳 門田宗大 山中聡 佐々木すみ江

監督・脚本・編集:佐藤快磨(『泣く子はいねぇが』)

プロデューサー:登山里紗 撮影:加藤大志 撮影助手:勝亦祐嗣 照明:高橋拓 録音:吉方淳二 音楽:田中拓人

衣裳:馬場恭子 ヘアメイク:橋本申二 ヘアメイク助手:西田美香 助監督:葉名恒星 制作部:福島成人、原田親 スチール:西永智成

協力:医療法人社団友志会、十一合同会社、MotionGallery、独立映画鍋、ニューシネマワークショップ、アクターズ・ヴィジョン、

栃木県フィルムコミッション、栃木市 配給:SPEAK OF THE DEVIL PICTURES

©映画『歩けない僕らは』 2018 / 日本 / カラー / 37分 / 16:9 / stereo

公式サイト: www.aruboku.net

Twitter:@uno_narumi_proj facebook: www.facebook.com/unonarumiproject Instagram:

アーカイブ

映画祭一覧

愛知県内の映画祭をご紹介!