カンヌ国際映画祭監督賞 福山雅治主演「そして父になる」







カンヌ国際映画祭で喝采をあびた是枝監督の最新作です。

家族とは何か?シンプルで大きなその問いの答えを求め福山雅治をいかにかっこわるく撮るかにこだわった問題。

 

6歳になる息子は病院で取り違えた他人の子だった。

人生に勝ち続けてきたエリートの男に突然降りかかった事件。

実の子か、育ての子か。迫られる非常な選択に自分だったらどうする?と問い掛けながら見るはずです。

二つの家族を見ていると血のつながりか時間の経過か・・。

そして家族ってなにか?と誰もがぶつかる問へと変わっていくのです。

二つの家族。福山雅治演じる野々宮良多はエリートサラリーマン。人生勝ち続けた人物で息子にももちろんエリート街道まっしぐらはあたりまえ。

かたやリリーフランキーえんじる斎木雄大は町の小さな電気屋さん。

子供を取り間違えられた性格の全く違う2人の父親が登場します。

プライドが高く人を見下している男。福山さんはどうみてもかっこいいので、かっこわるく、撮るかを研究したそう。物語の進行とともにプライドがずたずたになっていくのです。取り違えられ、やっぱりそうかなんていい放ち、

6年間一緒にいた息子をいとも簡単に交換におうじる。しかし、相手の父親の子供の接し方をみたり、血の繋がった子供との接し方にとまどいながら

やっと父親になっていく様を演じていく。

リリーさんは、見た目もそうですが、格好良くない。でも父親の能力はかなり高い。雄大は人生は勝ち負けではないと考えています。負けていても人生を楽しむという前向きな性格なわけ。

 

その妻たちの夫への接し方、子供への接し方も共感する部分がいっぱいあります。

子供達にはとにかく、台本を渡さず、すこしづつ説明をしていく方法をとっていたそう。

子供の取り方がほんとに上手い!

そしてあいかわらず、観察がすきな監督でした。

またおあいできるかしら・・


是枝監督そして.jpg

 

アーカイブ

映画祭一覧

愛知県内の映画祭をご紹介!