伊藤さとりの映画で人間力UP!「ブレット・トレイン」御一行様

ブラッド・ピットが3年ぶりにやってきた〜!

「ブレット・トレイン」大イベントの舞台裏

思い起こせば、最後に会ったのは台場のほうにある日本未来科学館での『アド・アストラ』の来日記者会見のMC。何度となくブラピ来日記者会見やジャパンプレミアのMCをしてきましたが、ご本人はきっと覚えてないだろう。けれど『アド・アストラ』の時はプロデューサーになったからか、私に近づいてきてお礼と共に握手してくれたのよ。

しかも、新作映画『ブレット・トレイン』での来日は、アーロン・テイラー=ジョンソンとデヴィッド・リーチ監督、そして我らが真田広之様!とワクワクが止まりませんでしたが、まずは、東京にある高野山別院でのブラピ厄除け体験。主人公が「トラブルにばかり巻き込まれる男」というのでブラピに厄除けしてもらおうという趣向でしたが、御一行は別々にお寺に入ったので、何とスタートが遅れるという結果に。

ドンドンドン、という太鼓にちょっと驚いた表情を見せながら、ジーッと正面の弘法大師像を見つめるブラピ。ボワーッと炎が燃え上がると手を合わせ目を瞑らずにやはり凝視するブラピ。そしてその姿をそっと袖から見つめる私とスタッフは、実はこの後のトークイベント時間短縮の打ち合わせをしていたのでありました。

質問はまさかのひとり一問ずつ。となれば詰め込むしかない!ってことでブラピに「厄除けを体験した感想と、運はありそうかと、久々に会える日本のファンにメッセージ」という3本立て!それに答えるブラピの横でずっと手でハートを作ったりするお茶目なアーロン。これが第一日目でした。

「新幹線」車内でサウンドバイツ?!

次の日は、『ブレット・トレイン』が、伊坂幸太郎の原作「マリアビートル」の映画化だからと映画同様、新幹線に乗ってもらいながらサウンドバイツ(順番にテレビ取材を受ける手法)と、記者を前にトークイベントをやっちゃえと、新幹線貸切イベントを開催。しかも映画では東京発、超高速列車(殺し屋によるバイオレンスアクションなので新幹線と言えない)に乗ってトラブルに巻き込まれながら京都に到着するという話なので、ちゃんと東京から新幹線に乗って京都でジャパンプレミアしましょ、という流れ。

イベント打ち合わせの為、私と通訳の鈴木小百合さんとオフィシャルカメラマンの奥野さんは新幹線の車庫から乗車。なんと本線に入るまでは配られたヘルメットとメガネを装着するのです。しかもこの映画イベントの為に作られたオーダーメイドの乗務員服。

 

 

 

 

 

 

そして東京駅からブラピ御一行は乗り込んできたのですが、私は、彼らの目の前の席に浅―く浅―く座り、記者の人たちの邪魔にならないように代表質問。この衣装着ている意味は一体なんだろう?と頭をよぎったもののそんなことよりマイクで皆の代わりに質問です。

 

 

 

 

 

 

そんな中、皆はいちゃいちゃ楽しくトークを展開、真田広之様はブラピを機関車トーマスに例えるくらいの可愛いジョークまで言っちゃって、笑っていたらブラピも私を指差し、ニタニタしておりました。

 

 

 

 

程なく到着した京都では出待ちのファンの皆さんに囲まれ、私と通訳の大倉美子さんと今井美穂子さんで先にタクシーで京都のTOHOシネマズ二条へ。ここで再会した吹替担当をした堀内賢雄さんは超ウキウキ、フワちゃんもブラピに話しかける為の英語を通訳の小百合さんに再確認してもらってました。

 

 

 

 

 

 

そんな中、出演者の一人、マシオカさんとも再会。そう、私は「HEROES Reborn/ヒーローズ・リボーン」の来日時でMCをしていたのですよ。お話しすると相変わらずクレバーで気さく。そして真田さんも控え室にやってきて、「『ライフ』の時以来だね」と微笑んでくれたりとやっぱり優しい。続いてデヴィッド・リーチ監督が私に向かって「コスチュームデザイナーに見せたいから写真撮りたい」と言うんで喜んでポーズ。さあ、いざ、舞台挨拶へ。と思ったらブラピだけいつまで経っても来ない?!何故だ?!と思ったらレッドカーペットに来ているファン全員にサインしたい!と言っているそうで、舞台挨拶は配信まであるので時間が押せないからと説得し、ギリギリでブラピと打ち合わせをしてやっとステージIN。

 

 

 

 

そんなバタバタの舞台裏でひたすら穏やかに「通訳の小百合さんがちゃんとブラッドに説明してくれるから大丈夫だよ」と私と宣伝スタッフに言い続けたのは、何を隠そう真田広之様でした。そして舞台挨拶が終わって、すぐにレッドカーペットに残るファンの元へと走って行ったブラピ。怒涛のツアーはワイワイガヤガヤで、けれど終始笑いが絶えない愛に溢れた現場でした。

 

映画パーソナリティ 伊藤さとり

 

 

 

 

ハリウッドスターから日本の演技派俳優まで、記者会見や舞台挨拶MCも担当する。全国のTSUTAYA店舗で流れる店内放送wave−C3「シネマmagDJ、俳優対談番組『新・伊藤さとりと映画な仲間たち』(YouTubeでも配信)、東映チャンネル×シネマクエスト、映画人対談番組『シネマの世界』など。NTVZIP!」、CX「めざまし土曜日」TOKYO-FMJFN、インターFMにもゲスト出演。雑誌「ブルータス」「Pen」「anan」「AERA」にて映画寄稿。日刊スポーツ映画大賞審査員、日本映画プロフェッショナル大賞審査員。

作品詳細

・『ブレット・トレイン』 (原題: BULLET TRAIN)
・9月1日(木)全国の映画館で公開 ※曜日の表記にお間違いがないようにご注意下さい。
・原作:伊坂幸太郎「マリアビートル」(角川文庫刊)
・監督:デヴィッド・リーチ
・脚本:ザック・オルケウィッツ ・キャスト:ブラッド・ピット、ジョーイ・キング、アーロン・テイラー=ジョンソン、ブライアン・タイリー・ヘンリー、アンドリュー・小路、真田広之、マイケル・シャノン、バッド・バニー(ベニー ト・A・マルティネス・オカシオ)、サンドラ・ブロック ・日本語吹替版声優:堀内賢雄(レディバグ)、山本舞香(プリンス)、津田健次郎(タンジェリン)、関智一(レモン)、木村昴(ウルフ)、井上和彦(エルダー)、 阪口周平(キムラ)、立川三貴(ホワイト・デス)
・上映時間:2時間6分
・レーティング:R15+

■オフィシャルサイト&SNS

・オフィシャルサイト:https://www.bullettrain-movie.jp ・オフィシャルTwitter:https://twitter.com/BulletTrainJP ・オフィシャルInstagram:https://www.instagram.com/BulletTrainJP/ ・ソニー・ピクチャーズ映画公式 Twitter:https://twitter.com/SonyPicsEiga ・ソニー・ピクチャーズ映画公式 Instagram:https://www.instagram.com/sonypicseiga/ ・ソニー・ピクチャーズ映画公式 TikTok:https://www.tiktok.com/@sonypicseiga

 

アーカイブ

映画祭一覧

愛知県内の映画祭をご紹介!