中島哲也監督

本日は、「告白」の中島監督のインタビューでした。

「下妻物語」「嫌われ松子の一生」「パコと魔法の絵本」の中島監督の新境地。
上記3本のイメージでみたらとんでもないです。
何を聞こうか、先週から悩みましたが
観た後のもやもやした、不安な気持ちをそのまま監督にぶつけてみようと。告白ブログ用.jpg
そして、映像の中で気になる演出などもいっぱい聞いた
モノトーンに近い色合いにときおり差し込まれた青い空と雲
外のシーンのミラー越しの絵
スローモーションの意図
冒頭の物語のキモとなる独白のシーンのエピソード
衝撃的な小説をさらに唖然とさせるような映像にする脚本
質問攻め。
それでも全てのシーンに意図とこだわりがある監督は、どんなことでもきちんと丁寧に答えてくれた。
以前お会いしたときは、もっと威圧感があったけど
今回はなかった。むしろとても優しかった。
監督もこの映画を撮り終えて
ホッとしたのだろうか。
この映画。
なんど考えてもやっぱり答えは出ません。
それでいいのです。
完成披露のあと見た人たちがこのままでは帰りたくないと
30人ぐらいで、飲みに行って告白について語り合った。
不安な気持ちにさせる映画ってそうそうないでしょ。
だからかえりたくなかったんですよ、みんな。
37人の13歳もほとんど演技経験のない子供たち。
ものすっごいエネルギーでぶつかってます。
でもR15なので、映画に出ているのに彼らは見ることが出来ません。
2年後、見たときに彼らはどうおもうのでしょうか。
もちろん松さんの演技はすごい。
静かな演技が恐すぎる。
松さん、今年もきっとたくさんの賞をとると思います。
もう、おめでとうございますと言っておこうかな。
6月5日衝撃のロードショー。

アーカイブ

映画祭一覧

愛知県内の映画祭をご紹介!